ディーン、君がいた瞬間

ディーン、君がいた瞬間』(ディーン、きみがいたとき、原題:Life)は、2015年のカナダ・ドイツ・オーストラリア合作の伝記ドラマ映画。監督をアントン・コービンが務め、主演をロバート・パティンソンデイン・デハーンが務めている。

ディーン、君がいた瞬間
Life
監督 アントン・コービン
脚本 ルーク・デイヴィス
製作 イアン・カニング
エミール・シャーマン
クリスティーナ・ピオヴェサン
ベニート・ミューラー
ヴォルフガンク・ミューラー
製作総指揮 テッサ・ロス
マーク・スローン
ミヒェル・メルクト
マーク・ロバーツ
シェルドン・ラビノヴィッツ
ロス・ジェイコブソン
出演者 ロバート・パティンソン
デイン・デハーン
音楽 オーウェン・パレット
撮影 シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
編集 ニック・フェントン
製作会社 See-Saw Films
Barry Films
First Generation Films
配給 オーストラリアの旗 Transmission Films
ドイツの旗 Entertainment One Benelux
カナダの旗 Cinedigm Entertainment
日本の旗ギャガ
公開 ドイツの旗 2015年2月9日(ベルリン国際映画祭[1]
オーストラリアの旗 2015年9月10日
ドイツの旗 2015年9月24日
カナダの旗 2015年12月4日
日本の旗 2015年12月19日
上映時間 112分
製作国 カナダの旗 カナダ
ドイツの旗 ドイツ
Flag of Australia (converted).svg オーストラリア
言語 英語
製作費 $12,000,000
テンプレートを表示

あらすじ編集

1955年のハリウッド。写真家のデニス・ストック(ロバート・パティンソン)は、映画業界の人々が集まるパーティーで、俳優のジェームズ・ディーンデイン・デハーン)と知り合う。デニスは、ディーンの主演映画『エデンの東』の試写を見て、彼に興味を抱く。レッド・カーペットでスターの写真を撮るだけの現状から抜け出したいと考えていたデニスは、ディーンのフォト・エッセイを撮るから『ライフ』に掲載してほしい、と編集長のジョン・モリス(ジョエル・エドガートン)に申し出る。デニスはディーンを追ってニューヨークに向かう。

デニスは、ニューヨークに暮らしている元妻と息子のアパートメントを訪ねるが、2人の心はデニスから離れていくばかりである。翌日、デニスとディーンはタイムズ・スクエアの前で言葉を交わす。雨の中、デニスはディーンを撮影する。デニスは、日本での仕事をキャンセルし、ディーンの帰郷に同行することを決意する。

ディーンは、故郷のインディアナに向かう列車の中で、亡き母親との思い出をデニスに話す。ディーンと母親は昔、よく演技ごっこをして遊んだのだという。ディーンとデニスがインディアナに着くと、ディーンの親族が彼の帰郷を歓迎する。2人は高校のパーティーに招かれる。スピーチを頼まれたディーンの口から、今を生きることの大切さが語られる。翌朝、デニスとディーンはインディアナを発つ。

デニスは、息子にカメラの使い方を教えながら、息子と心を通わせていく。モリスの事務所に立ち寄ったデニスは、自らが撮ったディーンの写真をモリスの机の上に置いていく。モリスは、後日、それらの写真が掲載された『ライフ』をデニスに手渡す。今後の予定を聞かれたデニスは、ナイトクラブのジャズ・ミュージシャンなどを撮りたい、と話し、モリスは笑顔で応じる。

ディーンがデニスのアパートメントを訪ねてくる。ディーンは、今夜の『エデンの東』のプレミア上映には出席せず、しばらく旅に出るのだという。デニスは、同行しないかと誘われるが、ディーンの誘いを断る。2人は再会を約束して別れる。

ディーンは、ロサンゼルスに向かう飛行機に乗る。彼の席のそばには、男児と母親が座っている。2人は、動物の絵本を見ながら、演技ごっこを始める。その様子を見たディーンの胸中には、ジェームズ・ウィットコム・ライリーの『We Must Get Home』の詩句が去来するのであった。

キャスト編集

天才写真家[2]

評価編集

Metacriticでは、9件の批評家レヴューで平均値は59点だった[3]Rotten Tomatoesでは、53件の批評家レヴューで平均値は6.2点、支持率は60%だった[4]

脚注編集

  1. ^ A Minute With: Robert Pattinson on fame, fans and 'Fifty Shades'”. Reuters (2015年2月11日). 2016年8月27日閲覧。
  2. ^ 4か月で11キロ以上増量…デイン・デハーンがジェームズ・ディーンになるまで - ライブドアニュース
  3. ^ Life”. Metacritic. CBS Interactive. 2016年8月27日閲覧。
  4. ^ Life”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2016年8月27日閲覧。

外部リンク編集