メインメニューを開く

デジタルグローブ(DigitalGlobe)は、アメリカ合衆国コロラド州ロングモント本社を置く企業人工衛星を活用したリモートセンシングを行っている。

デジタルグローブ
DigitalGlobe
種類 株式会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コロラド州ロングモント
設立 1992年
業種 情報・通信業
事業内容 リモートセンシング人工衛星などによる写真販売提供)
代表者 ジル・スミス
従業員数 350人
外部リンク http://www.digitalglobe.com/ (英語)
テンプレートを表示

目次

概要編集

1992年アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランドで設立された。設立された当時、アメリカ合衆国では衛星画像の画像処理技術が発達し、リモートセンシング事業が推進されており、デジタルグローブ社はアメリカ国防総省から認可を受けてリモートセンシングを事業とした。創設者は、ウォルター・スコットとDoug Gerullだった。ウォルター・スコットは、カリフォルニア州リバモアにあるローレンス・リバモア国立研究所の一員であり、Doug Gerullは政府による戦略防衛構想計画に参加していた。


2012年7月23日GeoEye社と合併することで合意に達し[1]、2013年1月に合併して、デジタルグローブ社が存続会社になった [2]

人工衛星編集

近年では、デジタルグローブ社の衛星画像マスメディアGoogleマップなどに利用されており、活躍の場を広げている。以下はデジタルグローブ社の保有する衛星。

  • GeoEye-2WorldView-4に名称を変更(2016年に打上げ予定)最高解像度34cm

2014年6月に、アメリカ合衆国連邦政府が規制していた商業衛星の解像度が50cmから25cmまで規制緩和されたのを受けて、高解像度の人工衛星が投入されるようになった[3]

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集