WorldView-1は、デジタルグローブ社が所有する商用地球観測衛星。商用の画像衛星としては、世界で初めて地上解像度50cmの性能を有した。

WorldView-1
所属 デジタルグローブ
主製造業者 ボール・エアロスペース&テクノロジーズ
公式ページ WorldView-1
国際標識番号 2007-041A
カタログ番号 32060
状態 運用中
目的 地球観測
設計寿命 7.25年
打上げ場所 ヴァンデンバーグ空軍基地
打上げ機 デルタII
打上げ日時 2007年9月18日
物理的特長
最大寸法 3.6m x 2.5m x 7.1m
質量 2,500 kg (打ち上げ時)
発生電力 3,200W
姿勢制御方式 3軸姿勢制御
軌道要素
軌道 太陽同期準回帰軌道
高度 (h) 496Km
軌道傾斜角 (i) 97.2度
軌道周期 (P) 95分
降交点通過
地方時
10時30分
観測機器
WorldView-60 camera パンクロマチックカメラ
テンプレートを表示

ボール・エアロスペース&テクノロジーズ社によってクイックバードの後継機として製作され、2007年9月18日に打ち上げられた[1]。 WorldView-1は衛星直下でパンクロマチック解像度50cm、観測幅17.7kmの性能を持ち、同一目標の再訪日数は平均1.7日。1日に75万km2の撮影が可能である。口径60cmの望遠鏡を集光部にもつプッシュブルーム式の光学センサーはITTコーポレーション宇宙システム事業部によって製作された。

アメリカ国家地理空間情報局(NGA)からの融資を一部受けており、このためWorldView-1によって撮影された衛星画像のいくつは一般には公開されない。

2014年8月13日には、WorldView-3を載せたアトラスVロケットの打ち上げ・上昇の様子をWorldView-1で撮影することに成功し、驚異的とも言える連続写真が公開された[2]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ WorldView-1 Earth Observation Satellite, United States of America”. Aerospace Technology (2007年9月). 2014年3月21日閲覧。
  2. ^ “WorldView-3: Have you seen this GIF?”. DigitalGlobe. (2014年8月18日). http://www.digitalglobeblog.com/2014/08/18/worldview-3-have-you-seen-this-gif/ 2014年10月5日閲覧。 

参考文献・外部リンク編集