メインメニューを開く

デリーの戦い(デリーのたたかい、英語:Battle of Delhi)は、1757年8月11日から8月30日までインドデリーにおいて、マラーター王国アフガン勢力のローヒラー族の間で行われた戦闘。

デリーの戦い
Battle of Delhi
戦争アフガン・マラーター戦争
年月日1757年8月11日 - 8月30日
場所インドデリー
結果マラーターの勝利
交戦勢力
Flag of the Maratha Empire.svgマラーター王国 Rampur flag.svgローヒラー族
指導者・指揮官
Flag of the Maratha Empire.svg ラグナート・ラーオ
Flag of the Maratha Empire.svg マルハール・ラーオ・ホールカル
Flag of the Maratha Empire.svg ガーズィー・ウッディーン・ハーン
Rampur flag.svg ナジーブ・ハーン
Rampur flag.svgクトゥブ・シャー
Rampur flag.svgムッラー・アマーン・ハーン
戦力
30,000人 7,500人

戦闘に至る経緯編集

1756年12月アフガンアフマド・シャー・ドゥッラーニーマラーターに敵対するムガル帝国の宮廷内勢力の要請を受け、その領土に向けて遠征した[1]1757年1月にアフマド・シャーはその首都デリーを占領し、2月には略奪と殺戮を行い、マトゥラーヴリンダーヴァンでも行った。4月に彼は撤退し(その帰途、シク教徒の聖地であるアムリトサル黄金寺院を破壊した)、皇帝アーラムギール2世は帝位を保ったが、ローヒラー族ナジーブ・ハーンが宮廷の実権を握った[1]

このアフガン軍の行動に対し、マラーター王国宰相バーラージー・バージー・ラーオはすぐに弟ラグナート・ラーオをデリーに送った[1]。また、その過程でホールカル家の当主マルハール・ラーオ・ホールカルとも合流し、その数は100,000人に上った。

同年7月末、マラーター軍はデリーへ到着し、デリー城の反対側、ジャムナー川の川岸に陣を張った[2]。ラグナート・ラーオ率いるマラーターの主力軍はカルナールアンバーラーに近い、デリーからおよそ30キロ離れた離れた地域に布陣した[2]

一方、ナジーブ・ハーンは武将クトゥブ・シャームッラー・アマーン・ハーンとともにデリー城に籠城し、マラーターがデリーに侵入しないように警戒していた。

戦闘とナジーブ・ハーンの追放編集

 
アフマド・ハーン・バンガシュ

8月10日、マラーター軍30,000人はデリー郊外に侵入、翌11日にローヒラー軍との間で戦闘が起きた。マラーター軍には帝国の宰相 ガーズィー・ウッディーン・ハーンアフマド・ハーン・バンガシュが加わった。これに対し、ナジーブ・ハーンは精鋭の歩兵2,500人をクトゥブ・シャーとムッラー・アマーン・ハーンに預け、自身は5000人と砲兵を率いてこれを迎撃した。

戦いは2週間ほど続き、ナジーブ・ハーンはその結果マラーター軍に講和を申し入れた。 ラグナート・ラーオはナジーブ・ハーンに保釈の代償として500万ルピーを払うように命じたが、ナジーブ・ハーンはこれを拒否、50万ルピーで了承させた。また、同時にデリーへ決して帰還しないこと、マラーターの城塞を決して奪取しないことを約束させられた。その後、ラグナート・ラーオ、マルハール・ラーオ、ガーズィー・ウッディーン・ハーンは会議したのち、ナジーブ・ハーンを釈放、デリーから追放することにし、交渉が締結された。

8月30日、ラグナート・ラーオは全軍にすべての戦闘を終結するよう命じた[2]

戦闘後の経過編集

マラーターは今やデリーの支配者となり、アーラムギール2世をも保護下に置いた。ラグナート・ラーオはアンタージー・マンケーシュワルにデリーを任せ、マルハール・ラーオとともにガンガー・ドアーブ地方を制圧した。

1758年3月、ラグナート・ラーオはパンジャーブのラホールへと兵を進め、シク教徒の援助も得て、4月20日ラホールを奪い(ラホールの戦い)、アフマド・シャーの息子ティムール・ミールザーを追い払った[1]。同月28日にはアトックを(アトックの戦い)、さらに5月8日にはペシャーワルを占領した(ペシャーワルの戦い)。これがマラーターのインド北西部征服である。

そして、マラーター軍がパンジャーブ一帯を占領したのち、同月にラグナート・ラーオはラホールからプネーへと帰還した[1]。だが、このマラーターの征服活動は活動は結果として、1759年末から始まるアフマド・シャー・ドゥッラーニーの遠征に繋がり、ひいては第三次パーニーパットの戦いに繋がった。

脚注編集

  1. ^ a b c d e 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.218
  2. ^ a b c Advanced Study in the History of Modern India 1707-1813 - Jaswant Lal Mehta - Google Books

参考文献編集

  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年。 

関連項目編集