メインメニューを開く

デレク・アサモア(Derek Asamoah, 1981年5月1日 - )は、ガーナアクラ出身の元同国代表サッカー選手。ハーリンゲイ・ボロFC所属。いとこのロイド・オウスもサッカー選手。

デレク・アサモア Football pictogram.svg
Derek Asamoah.jpg
名前
ラテン文字 Derek ASAMOAH
基本情報
国籍  ガーナ
生年月日 (1981-05-01) 1981年5月1日(38歳)
出身地 グレーター・アクラ州アクラ
身長 168cm
体重 62kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ハーリンゲイ・ボロFC
ポジション FW
ユース
1998-1999 イングランドの旗 プロテック・フットボールアカデミー
1999-2000 イングランドの旗 ハンプトン・アンド・リッジモンド・ボロ
2000-2001 イングランドの旗 スラウ・タウン英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001 イングランドの旗 スラウ・タウン 8 (3)
2001-2004 イングランドの旗 ノーサンプトン・タウン 113 (30)
2004-2005 イングランドの旗 マンスフィールド・タウン 30 (5)
2005-2006 イングランドの旗 リンカン・シティ 35 (2)
2006 イングランドの旗 チェスター・シティ (loan) 17 (8)
2006-2007 イングランドの旗 シュルーズベリー・タウン 39 (10)
2007-2009 フランスの旗 ニース 0 (0)
2009 スコットランドの旗 ハミルトン・アカデミカル 3 (0)
2009-2010 ブルガリアの旗 ロコモティフ・ソフィア 36 (13)
2011-2012 大韓民国の旗 浦項スティーラース 56 (13)
2013 大韓民国の旗 大邱FC 33 (4)
2014-2016 イングランドの旗 カーライル・ユナイテッド 67 (10)
2016-2017 イングランドの旗 カーライル・ユナイテッド 8 (0)
2017 イングランドの旗 ギーズリー 15 (1)
2018- イングランドの旗 ハーリンゲイ 1 (2)
代表歴2
2006-2011 ガーナの旗 ガーナ 4 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月15日現在。
2. 2011年11月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

クラブ編集

ノーサンプトン・タウンのトライアルを受け、自身初のプロ契約を結ぶ。その後好条件のオファーを断りマンスフィールド・タウンに移籍。しかし監督のカールトン・パーマーと不仲になり厳しいシーズンを過ごす。移籍リストに掲載され、リンカーン・シティに移籍する。リンカーン・シティではなかなか得点できずに苦しみ、チェスター・シティ期限付き移籍する。チェスター・シティではシーズン前半に4試合で7得点を記録する活躍を見せた。

2006年7月、ドンカスター・ローヴァーズスカンソープ・ユナイテッドのトライアルを受けるが、8月3日、シュルーズベリー・タウンと契約したことが発表された。シュルーズベリーでは10得点を記録し、チームはリーグ戦7位ながらフットボールリーグ2プレーオフ決勝まで進んだ。

2007年8月、チームを通さず無断でフランスリーグ・アンニースと契約。シュールズベリー監督のゲイリー・ピーターズは「利己的な選手で利己的な人物だ」と非難した。結局、ニースではトップチームでの出場機会はなかった。

2009年、スコットランドハミルトン・アカデミカルに移籍。セルティック戦でデビューを果たす。同年8月、ブルガリアロコモティフ・ソフィアに移籍。始めはケガに悩むが、すぐにスタメンの地位を獲得するチャンスを得る。

2010年11月、韓国Kリーグ浦項スティーラースに3年契約で移籍[1]。2011年3月5日の城南一和戦で公式戦初先発する[2]と、13日の全南ドラゴンズ戦で初ゴールを決めた[3]。2013年2月20日、大邱FCに移籍した[4]

2014年10月21日、フットボールリーグ2カーライル・ユナイテッドFCに加入した[5]

代表編集

2006年10月、日本韓国との親善試合に向けた代表メンバーに初招集される。2011年11月15日のガボン戦で代表初ゴールを決めた。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集