メインメニューを開く

サッカー大韓民国代表韓国語 : 대한민국 축구 국가대표팀)は、大韓サッカー協会 (KFA) によって編成される大韓民国サッカーのナショナルチームである。アジアサッカー連盟および東アジアサッカー連盟に所属している。

サッカー大韓民国代表
国または地域 大韓民国の旗 大韓民国
協会 大韓サッカー協会
愛称 アジアの虎、太極戦士
監督 ポルトガルの旗 パウロ・ベント
最多出場選手 車範根
洪明甫(136試合)
最多得点選手 車範根(58[1]得点)
1stカラー
2ndカラー
初の国際試合
 韓国 5–3 メキシコ 
(ロンドン, イングランド; 1948年8月2日)
最大差勝利試合
 韓国 16–0 ネパール 
(仁川, 大韓民国; 2003年9月29日)
最大差敗戦試合
 韓国 0–12 スウェーデン 
(ロンドン, イングランド; 1948年8月5日)
FIFAワールドカップ
出場回数 10回(初出場は1954
最高成績 4位 (2002)
AFCアジアカップ
出場回数 14回
最高成績 優勝 (1956, 1960)

チームカラーはで、愛称は協会のシンボルであるにちなんだ「アジアの虎아시아의 호랑이 (アシアエ・ホランイ)、あるいは韓国国旗の別名「太極旗(テグッキ、태극기)」に由来する「太極戦士(テグッ・ジョンサ、태극전사)」である。また代表サポーターは「Red Devils」という愛称が呼ばれ、正式にこの集団は「붉은악마プルグン・アンマ:ルール無視集団)」と命名された。カンフーW杯出場10回はアジア地区で最多である。なお、韓国代表のユニフォームは1996年からは大手スポーツメーカーのナイキが手掛けている。

歴史編集

FIFAワールドカップの戦績編集

FIFAワールドカップには、当時の李承晩大統領日本代表選手の韓国入国を拒否したため、2試合とも日本で行われた1954年スイス大会予選に1勝1分で勝利し初出場したが、スイスまでの移動に列車と船で日本を経由、さらにはエールフランス機からアメリカ合衆国空軍機まで乗り継ぎ1週間を要した上、試合開始十数時間前に到着するという悪条件だった上、当時「マジック・マジャール」と呼ばれ3年間で32試合無敗を誇っていたハンガリーと初戦を戦うことになり、FIFAワールドカップ史上最悪記録となる0-9の大差で大敗、続くトルコとの試合でも0-7で敗れた。

2度目の出場は、1986 FIFAワールドカップ(32年ぶり)であり、1次リーグでアルゼンチンイタリアに敗れたが、ブルガリアに引き分けて初の「勝点1」を獲得した。

1990 FIFAワールドカップは3連敗、1994 FIFAワールドカップは1敗2分、1998 FIFAワールドカップは2敗1分でいずれもグループリーグで敗退した。

2002 FIFAワールドカップオランダ人のフース・ヒディンクが監督を務め、初戦のポーランド戦に2-0で勝利(W杯初勝利)。また、ポルトガルにも勝利を収めて、グループリーグを2勝1分の首位で突破。決勝トーナメント1回戦は、イタリアに延長戦の末安貞恒のゴールデンゴールで下し、続く2回戦はスペインと対戦してPK戦の末破り、アジア勢として初めてのベスト4に進出するも準決勝はドイツの前に惜敗を喫した。3位決定戦でもトルコに敗れたが、過去最高の4位となった。なお、イタリア戦、スペイン戦では誤審が取り沙汰され、特に当事者の、イタリア、スペインにおいては韓国に対する一種の陰謀論も起こった。当時の主審は後にテレビ番組内で誤審だったと認めている。FIFAはこの件を調査し、不正はないという結論を出している。(詳細は2002 FIFAワールドカップの項を参照)。韓国は、チームとしては大会に参加したチームの中で最もファンを魅了したとされるチームに贈られるエンターテイニングチーム賞を受賞し、個人では、洪明甫柳想鐵がオールスターチームの先発メンバーに選出された。また洪明甫は大会最優秀選手を決める記者投票でオリバー・カーンロナウドに次いで3位になり、ブロンズボールを受賞した。

2006 FIFAワールドカップは、初戦のトーゴ戦に2-1で逆転勝利し自国大会以外でのワールドカップ初勝利を挙げた。2戦目のフランス戦では、先制されるも後半で同点に追い付き引き分けに持ち込んだ。しかし、最終戦のスイス戦では堅守を崩すことができず0-2で敗北。フランスとスイスが無敗だったため、1勝1分1敗の3位に終わりグループリーグでの敗退が決まった。

2010 FIFAワールドカップは初戦のギリシャ戦に2-0で快勝し、韓国人監督(許丁茂)でのワールドカップ初勝利を挙げた。だが、2戦目のアルゼンチン戦では相手の攻撃に耐えられず1-4と完敗した。最終戦のナイジェリア戦では相手の猛攻に耐えながら2-2で引き分け、1勝1分1敗でグループリーグB組を2位で通過して自国大会以外でのワールドカップグループリーグ通過を果たした。しかし、決勝トーナメント1回戦ではウルグアイと対戦し1-2で敗退した。

2014 FIFAワールドカップは初戦のロシアと引き分けたが、2戦目のアルジェリアと最終戦のベルギーに敗れ、2敗1分の成績で4大会ぶりに1勝もすることができず、グループリーグでの敗退が決まった。

2018 FIFAワールドカップは、グループFで初戦スウェーデン戦に0-1、2戦目メキシコ戦に1-2と連敗。自力でのグループリーグ突破が不可能となった3戦目のドイツ戦ではGKチョ・ヒョヌの再三の好セーブなどで後半アディショナルタイムまで0-0の状態から、93分にキム・ヨングォンのゴールが一旦オフサイドと判定されるもVARにより判定が覆り先制。勝たなければグループリーグ敗退が決まるドイツがパワープレイに出た96分には、韓国陣内にいたドイツGKマヌエル・ノイアーからボールを奪い前線にフィード、追いついたソン・フンミンが無人のゴールに蹴り込み2-0とし、そのまま試合終了。スウェーデン、メキシコが共に勝点6で3戦目を終えたためグループF3位に終わり、2大会連続でグループリーグ敗退となった。

AFCアジアカップの戦績編集

AFCアジアカップの優勝は、第1回大会(1956年)第2回大会(1960年)の2度。準優勝は1972年大会1980年大会1988年大会2015年大会の4度である。韓国のメディアは「アジアカップ・ジンクス」という言葉を用いるなどアジアカップへの苦手意識を持っている[2]

AFCアジアカップ2007は、準決勝でイラクにPK戦で敗退。3位決定戦で日本にPK戦で勝利して3位となった。

AFCアジアカップ2011は、準決勝で日本にPK戦で敗退した。3位決定戦でウズベキスタンに勝利して2大会連続の3位となった。なお、同大会でフェアプレー賞を受賞している。

AFCアジアカップ2015は、AFCアジアカップ1988以来の決勝進出を果たした。しかし開催国のオーストラリアに敗れ、準優勝に終わった。

AFCアジアカップ2019は、ベスト8でカタールに敗退した。カタールはこの大会で優勝した。

成績編集

FIFAワールドカップ編集

FIFA加盟(1948年)後について記載

開催国 / 年 成績
  1950 不参加
  1954 グループリーグ敗退 2 0 0 2 0 16
  1958 不参加
  1962 予選敗退
  1966 不参加
  1970 予選敗退
  1974
  1978
  1982
  1986 グループリーグ敗退 3 0 1 2 4 7
  1990 グループリーグ敗退 3 0 0 3 1 6
  1994 グループリーグ敗退 3 0 2 1 4 5
  1998 グループリーグ敗退 3 0 1 2 2 9
    2002 4位 7 3 2 2 8 6
  2006 グループリーグ敗退 3 1 1 1 3 4
  2010 ベスト16 4 1 1 2 6 8
  2014 グループリーグ敗退 3 0 1 2 3 6
  2018 グループリーグ敗退 3 1 0 2 3 3
合計 出場10回 34 6 9 19 34 70

AFCアジアカップ編集

開催国 / 年 成績
  1956 優勝 3 2 1 0 9 6
  1960 優勝 3 3 0 0 9 1
  1964 3位 3 1 0 2 2 4
  1968 予選敗退 - - - - - -
  1972 準優勝 5 1 2 2 7 6
  1976 予選敗退 - - - - - -
  1980 準優勝 6 4 1 1 12 6
  1984 グループリーグ敗退 4 0 2 2 1 3
  1988 準優勝 6 5 1 0 11 3
  1992 予選敗退 - - - - - -
  1996 ベスト8 4 1 1 2 7 11
  2000 3位 6 3 1 2 9 6
  2004 ベスト8 4 2 1 1 9 4
     2007 3位 6 1 4 1 3 3
  2011 3位 6 4 2 0 13 7
  2015 準優勝 6 5 0 1 8 2
  2019 ベスト8 5 4 0 1 6 2
合計 出場14回/優勝2回 67 36 16 15 106 64

ダイナスティカップ編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1990 優勝 3 3 0 0 4 0
  1992 準優勝 3 1 2 0 3 1
  1995 準優勝 3 1 2 0 4 1
  1998 3位 3 2 0 1 4 2

EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  2003 優勝 3 2 1 0 4 1
  2005 4位 3 0 2 1 1 2
  2008 優勝 3 1 2 0 5 4
  2010 準優勝 3 2 0 1 8 4
  2013 3位 3 0 2 1 1 2
  2015 優勝 3 1 2 0 3 1
  2017 優勝 3 2 1 0 7 3

歴代監督の一覧編集

在任期間 監督名
1948年5月   パク・ジョンヒ
1948年6月   イ・ヨンミン
1948年12月 - 1950年4月   パク・ジョンヒ
1952年4月 - 1954年2月   キム・ファジプ
1954年3月   李裕瑩(イ・ユヒョン)
1964年6月   金容植(キム・ヨンシク)
1955年12月   パク・ジョンヒ
1956年8月   李裕瑩(イ・ユヒョン)
1958年4月   キム・グンチャン
1959年7月   鄭國振(チョン・グクジン)
1960年3月   金容植(キム・ヨンシク)
1960年10月   ウィ・ヘドク(実質監督はコーチの金容植
1961年3月   李裕瑩(イ・ユヒョン)(実質監督はコーチの金容植
1961年10月   イ・ジョンガプ(実質監督はコーチのキム・ギュファン)
1962年3月   ミン・ビョンデ(実質監督はコーチのキム・ギュファン)
1964年9月   鄭國振(チョン・グクジン)
1965年8月   ホン・ギョンピョ(実質監督はコーチのチョン・ナムシク)
1966年6月 - 1966年12月   ミン・ビョンデ(実質監督は東風のハン・チャンファ)
1967年7月 - 1967年11月   チャン・ギョンファン
1968年8月 - 1968年12月   パク・イルガプ
1969年1月 - 1969年10月   金容植(キム・ヨンシク)
1969年11月 - 1969年12月   カン・チョンヨン
1970年2月13日 - 1971年10月6日   ハン・ホンギ
1971年11月   洪德泳(ホン・ドギョン)
1971年12月7日 - 1972年6月15日   パク・ビョンソク
1972年6月16日 - 1972年12月20日   咸興哲(ハム・フンチョル)
1972年12月21日 - 1973年11月20日   ミン・ビョンデ
1974年1月 - 1974年11月17日   チェ・ヨングン
1974年11月17日 - 1976年5月13日   咸興哲(ハム・フンチョル)
1976年5月14日 - 1976年12月31日   ムン・ジョンシク
1977年1月1日 - 1977年9月16日   崔貞敏(チェ・ジョンミン)
1977年9月17日 - 1977年12月18日   金正男(キム・ジョンナム)(コーチ)
1978年3月2日 - 1979年3月28日   咸興哲(ハム・フンチョル)
1979年3月29日 - 1980年5月3日   チャン・ギョンファン
1980年5月4日 - 1982年6月18日   金正男(キム・ジョンナム)(コーチ)
1982年6月19日 - 1982年10月30日   崔殷澤(チェ・ウンテク)
1982年10月31日 - 1983年1月28日   金正男(キム・ジョンナム)
1983年1月29日 - 1983年8月22日   チョ・ユンオク
1983年8月23日 - 1984年7月2日   パク・ジョンファン
1984年7月3日 - 1985年1月11日   ムン・ジョンシク
1985年3月19日 - 1986年11月19日   金正男(キム・ジョンナム)
1986年11月20日 - 1988年7月5日   パク・ジョンファン
1988年7月6日 - 1988年10月5日   金正男(キム・ジョンナム)
1988年10月6日 - 1990年7月2日   李会澤(イ・フェテク)
1990年7月3日 - 1990年8月8日   イ・チャマン
1990年8月9日 - 1990年10月23日   パク・ジョンファン
1991年5月22日 - 1991年7月27日   高在旭(コ・ジェウク)
1992年7月8日 - 1994年7月23日   金皓(キム・ホ)
1994年7月24日 - 1995年2月26日   アナトリー・ブイショヴェツ
1995年4月26日 - 1995年7月31日   パク・ジョンファン
1995年8月1日 - 1995年8月12日   許丁茂(ホ・ジョンム)
1995年9月16日 - 1995年9月30日   チョン・ビョンタク
1995年10月20日 - 1995年10月30日   高在旭(コ・ジェウク)
1996年2月15日 - 1997年1月7日   パク・ジョンファン
1997年1月8日 - 1998年6月21日   車範根(チャ・ボングン)
1998年6月22日 - 1998年6月25日   金平錫(キム・ピョンソク)(代行)
1998年10月14日 - 2000年11月13日   許丁茂(ホ・ジョンム)
2001年1月1日 - 2002年6月30日   フース・ヒディンク
2002年11月18日 - 2002年11月20日   キム・ホゴン(代行)
2003年2月3日 - 2004年4月19日   ウンベルト・コエリョ
2004年4月20日 - 2004年6月15日   朴成華(パク・ソンファ)(代行)
2004年6月24日 - 2005年8月23日   ヨー・ボンフレーレ
2005年10月1日 - 2006年6月30日   ディック・アドフォカート
2006年7月1日 - 2007年8月3日   ピム・ファーベーク
2007年12月7日 - 2010年6月30日   許丁茂(ホ・ジョンム)
2010年7月21日 - 2011年12月8日   趙広来(チョ・グァンレ)
2011年12月21日 - 2013年6月19日   崔康熙(チェ・ガンヒ)
2013年6月26日 - 2014年7月10日   洪明甫(ホン・ミョンボ)
2014年9月5日 - 2014年9月8日   申台龍(シン・テリョン) (代行)
2014年9月8日 - 2017年6月15日   ウリ・シュティーリケ
2017年7月4日 - 2018年7月31日   申台龍(シン・テリョン)
2018年8月17日 -   パウロ・ベント

[3]

選手編集

GK編集

DF編集

MF編集

FW編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集