メインメニューを開く

デヴレト・バフチェリ(Devlet Bahçeli、1948年1月1日 - )は、1997年7月6日以来、民族主義者行動党 (MHP) の党首である、トルコ政治家[1]

デヴレト・バフチェリ
トルコ大国民議会議員
Devlet Bahçeli ve Kemal Kılıçdaroğlu (cropped).jpg
副首相
任期
1999年5月28日 – 2002年11月18日
首相 ビュレント・エジェヴィト
内閣の同僚大臣 Hüsamettin Özkan
Şükrü Sina Gürel|Şükrü Sina Gürel
en:Cumhur Ersümer
メスト・ユルマズ
前任者 Hikmet Uluğbay
後任者 Abdüllatif Şener
民族主義者行動党 (MHP) 党首
就任
1997年7月6日
前任者 アルパルスラン・テュルケシ
トルコ大国民議会議員
就任
2007年7月22日
選挙区 オスマニエ選挙区2007年英語版2011年英語版2015年6月2015年11月英語版2018年英語版
任期
1999年4月19日 – 2002年11月18日
選挙区 オスマニエ選挙区1999年トルコ総選挙英語版
個人情報
生誕 (1948-01-01) 1948年1月1日(71歳)
トルコの旗 トルコ オスマニエ県
バーチェ
政党 民族主義者行動党 (MHP)
出身校 ガジ大学
職業 政治家
専業 経済学者
宗教 イスラム教
署名

1987年まで、アンカラガジ大学英語版経済学の教員だったバフチェリは、ビュレント・エジェヴィトが組閣した連立政権 (57th government of Turkey1999年2002年) で副首相英語版を務めた。オスマニエ県から選出され[2]2007年7月22日からトルコ大国民議会議員を務めている[3]

教育と教職編集

オスマニエ県バーチェ英語版農村地域で生まれたバフチェリは、地元で初等教育を受けた[4]中等教育は、イスタンブールに移って受けた。高等教育はアンカラの理系の研究組織で受け、博士の学位はアンカラのガジ大学から取得した。経済学の講師としてガジ大学に務めた後、1987年に政治の世界へと進んだ。

政治経歴編集

1987年、デヴレト・バフチェリは、民族主義労働者党トルコ語版 (MÇP) の執行委員となったが、この党は国会会期中の1993年1月24日民族主義者行動党 (MHP) へと正式に改称した。1997年4月5日に党の創設者で党首だったアルパルスラン・テュルケシ英語版が死去すると、バフチェリは7月6日にNHPの第2代党首となった。1999年から2002年にかけてバフチェリは、ビュレント・エジェヴィトが組閣した民主左派党 (DSP)、祖国党 (ANAP) とMHPの連立政権で副首相を務めた。

選挙編集

2007年トルコ総選挙英語版において、デヴレト・バフチェリはオスマニエ選挙区英語版におけるMHPの候補者名簿の首位に記載された。この選挙区で、MHPは得票率 44.90%、得票数99,565票を獲得し、選挙区の4議席のうち2議席を確保した[5]

2011年トルコ総選挙英語版でも、バフチェリはオスマニエ選挙区でMHPの候補者名簿の首位に記載された。この選挙区で、MHPは得票率 41.22%、得票数110,708票を獲得し、選挙区の4議席のうち2議席を確保した[6]

2018年トルコ総選挙英語版では、バフチェリは公正発展党 (AKP) と選挙協力(人民連合トルコ語版)を結び、同時に行われた大統領選挙ではレジェップ・タイイップ・エルドアンを支持して運動した。

演説編集

2009年、バフチェリは、民族主義者行動党の結党40周年に際して、彼のものとしては最も有名な演説をした。そこで彼は、「2009」という数字について、<二つあるゼロを除けば「2」と「9」が残り、また「29」が残るともいえるが、これらを全部足すと「40」になる>といった趣旨のことを述べた[7]

論争編集

2007年1月にイスタンブールアルメニア系トルコ人英語版ジャーナリストが射殺されたフラント・ディンク暗殺事件が起きた際、葬儀の際に掲げられた「我々は皆フラント・ディンク」「我々は皆アルメニア人」と書かれたトルコ語のプラカードについて、バフチェリは、クルディスタン労働者党によるテロの犠牲者の葬儀には参加しなかった者によるパフォーマンスに過ぎない、と批判した[8]

2015年トルコ人が所有し、ウイグル人のスタッフで運営されていた中華料理店が、トルコ民族主義者たちによって襲撃され、暴徒はオランダ領事館をロシア領事館と誤認して襲撃し[9]、さらに、数人の韓国人旅行者を中国人と誤認して襲った。デヴレト・バフチェリは、MHP支持者の若者たちが韓国人旅行者を襲ったのは「理解できる」として、トルコの新聞『ヒュッリイェト (Hürriyet)』紙に対して「韓国人に中国人とは違う特徴があるのか? 彼ら(若者たち)には、どっちもつり目(東洋人を指す侮蔑語)に見えたんだ。違いが分かるわけないだろう。」と語ったという[10]。別の翻訳によれば、「韓国人と中国人の違いは何か? どちらも細目だ。何か違いがあるのか?」と述べたとされる[11][12]

2017年ロシア空軍戦闘機がトルコ軍特殊部隊の兵士を誤射した際(2017 Russian Air Force Al-Bab incident)、バフチェリはロシアを非難し、「ロシアは我々の兵士たちを撃ち、その上に嫌悪感を与えた。これは間違った、恥知らずの、国際法で裁かれるべき行為だ」と述べた[13]

2018年春に、ギリシャとトルコの間の緊張が高まり、両国の軍勢が国境に大量動員された際、バフチェリはギリシャの国防大臣英語版パノス・コメノス英語版のことを精神的に病んでいると非難し、「病院に行け」などと侮辱した[14]

バフチェリはまた、オスマン帝国時代のアルメニア人虐殺とその後に起きたアルメニア人の歴史的、出自的郷土からの移送は、「まったく正しい行為」であったとも述べている[15][16]

脚注編集

  1. ^ AK Party ratchets up rhetoric on bilingual and autonomy debate”. Today's Zaman (2010年12月24日). 2010年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月25日閲覧。
  2. ^ 24. Dönem Milletvekilleri Listesi (Osmaniye)” (トルコ語). Grand National Assembly of Turkey. 2011年7月15日閲覧。
  3. ^ Türkiye Büyük Millet Meclisi 24. Dönem Milletvekili (Devlet Bahçeli/Osmaniye)” (トルコ語). Grand National Assembly of Turkey. 2011年7月15日閲覧。
  4. ^ Turkey country report 2015.. Rethink Institute (Washington, D.C.). Washington DC. ISBN 1938300246. OCLC 925377023. https://www.worldcat.org/oclc/925377023. 
  5. ^ Seçimler: 22 Temmuz 2007 XXIII. Dönem Milletvekili Genel Seçimi : Seçim Çevreleri Toplu Sonuçları (Osmaniye ili seçim çevresi)” (トルコ語). Yüksek Seçim Kurulu Baskanlıgınca (2007年7月22日). 2011年7月20日閲覧。
  6. ^ Osmaniye ili seçim çevresi” (トルコ語). Yüksek Seçim Kurulu Baskanlıgınca (2011年6月22日). 2011-07015閲覧。
  7. ^ Devlet Bahçeli 40 Yapar!
  8. ^ “'Ermeni' sözüne bile tahammül yok”. Radikal. (2007年1月25日). http://www.radikal.com.tr/haber.php?haberno=211091 2007年3月3日閲覧。 
  9. ^ “Demonstrators throw eggs at Dutch consulate in protest against Russia”. Today's Zaman (Istanbul). (2015年11月21日). http://www.todayszaman.com/anasayfa_demonstrators-throw-eggs-at-dutch-consulate-in-protest-against-russia_404929.html  [1]
  10. ^ Lefevre, Amy Sawitta; Dikmen, Yesim (2015年7月6日). “Thai PM defends decision to send Uighurs back to China”. Reuters. https://www.reuters.com/article/2015/07/09/us-thailand-uighurs-turkey-idUSKCN0PJ18620150709 
  11. ^ “Outrage after Turkish politician excuses attack on 'slitty-eyed' tourists”. Channel NewsAsia (ISTANBUL). (2015年7月9日). オリジナルの2015年10月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151022162108/http://www.channelnewsasia.com/news/world/outrage-after-turkish/1970340.html 
  12. ^ “Outrage after Turkish politician excuses attack on 'slitty-eyed' tourists”. The Daily Star. (2015年7月8日). http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2015/Jul-08/305750-outrage-after-turkish-politician-excuses-attack-on-slitty-eyed-tourists.ashx 
  13. ^ MHP leader slams Russia over bombing of Turkish troops”. Konya: Anadolu Agency (2017年2月12日). 2018年11月15日閲覧。
  14. ^ Kokkinidis, Tasos (2018-04-10), Erdogan’s Far-Right Ally Says Greek Minister Should ‘Visit a Clinic’, Greek Reporter, http://greece.greekreporter.com/2018/04/10/erdogans-far-right-ally-says-greek-minister-should-visit-a-clinic/ 2018年4月10日閲覧。 
  15. ^ Forcefully deporting Armenians in 1915 was right decision: MHP leader”. Hurriyet Daily News. 2017年4月11日閲覧。
  16. ^ Deporting Armenians in 1915 was right decision: MHP leader Devlet Bahçeli”. Horizon. 2017年4月11日閲覧。

外部リンク編集