デ・クロー内閣

2020年10月1日に成立したベルギーの内閣

デ・クロー内閣(で・くろーないかく)は、アレクサンダー・デ・クローAlexander De Croo[1]首相として2020年10月1日に成立したベルギーの内閣。

デ・クロー内閣
: Regering-De Croo
: Gouvernement De Croo
: Regierung De Croo
ベルギー王国 第代内閣
Flag of Belgium.svg
Informal meeting of ministers responsible for development (FAC). Arrivals Alexander De Croo (36766610160) (cropped2).jpg
アレクサンダー・デ・クロー首相
成立年月日2020年10月1日
組織
元首フィリップ国王
首相アレクサンダー・デ・クロー
与党社会党(PS)
改革運動(MR)
エコロ(Ecolo)
フラームス自由民主(Open Vld)
キリスト教民主フラームス(CD&V)
社会党・別(SP. a)
フルン(Groen)
詳細
成立直前の選挙2019年ベルギー連邦議会選挙英語版
前内閣ウィルメス内閣

概要編集

2019年5月の連邦議会選挙英語版で、当時のミシェル内閣の連立与党は過半数を獲得できなかったが、各党の連立交渉が難航し、新たな内閣が定まらないまま、暫定政府として続いていた。シャルル・ミシェル首相が欧州理事会議長に選出されたため、 2019年10月にはソフィー・ウィルメスを首相とするウィルメス内閣となり、暫定政府が継続していた。2020年になり7党(社会党(PS)、改革運動(MR)、エコロ(Ecolo)、フラームス自由民主(Open Vld)、キリスト教民主フラームス(CD&V)、社会党・別(SP. a)、フルン(Groen))による連立がまとまり、選挙から16か月(469日)後の10月1日に、フラームス自由民主所属のアレクサンダー・デ・クローを首相とする内閣が発足した[2]

社会主義(PS、SP.A)・リベラル(MR、Open Vld)・環境(Ecolo、Groen)・キリスト教民主主義(CD&V)の4つの立場の政党による連立であることから、「ヴィヴァルディ連立」(音楽家ヴィヴァルディの楽曲「四季」にちなむ)と呼ばれる[3][4]

構成編集

大臣(Ministers)15人と閣外大臣(Secretaries of State)閣外大臣5人の計20人で構成される。政党別では、社会党(PS)が4人、社会党・別(PS.A)及びフルン(Groen)が2人ずつ、他の4党から3人ずつとなっている。また閣僚の半数(10人)を女性が占め、ジェンダーバランスにも配慮した政権となった[2]。ペトラ・ド・ズッター副首相兼公共サービス・国営企業・電気通信・郵政大臣は、ヨーロッパで初の自身がトランスジェンダーであることを公表している大臣となった[5]

デ・クロー内閣の閣僚一覧[6][7][8]
大臣(Ministers)
役職名 氏名 任期 所属政党
首相 アレクサンダー・デ・クロー
(Alexander De Croo)
2020年10月1日- フラームス自由民主
(Open VLD)
副首相兼経済・労働大臣 ピエール=イブ・デルマニュ
(Pierre-Yves Dermagne)
2020年10月1日- 社会党
(PS)
副首相兼外務・欧州・対外貿易・連邦文化機関大臣 ソフィー・ウィルメス
(Sophie Wilmes)
2020年10月1日-2022年7月15日 改革運動
(MR)
アジャ・ラビブフランス語版
(Hadja Lahbib)
2022年7月15日-
副首相兼モビリティー大臣 ジョルジュ・ジルキネ
(Georges Gilkinet)
2020年10月1日- エコロ
(Ecolo)
副首相兼財務大臣
(脱税対策担当)
ビンセント・バン・ペーテルゲン
(Vincent Van Peteghem)
2020年10月1日- キリスト教民主フラームス
(CD&V)
副首相兼社会事業・厚生大臣 フランク・バンデンブルク
(Frank Vandenbroucke)
2020年10月1日- 社会党・別
(SP.A)
副首相兼公共サービス・国営企業・電気通信・郵政大臣 ペトラ・ド・ズッター
(Petra De Sutter)
2020年10月1日- フルン
(Groen)
副首相兼法務・北海大臣
ビンセント・バン・クイッケンボルン
(Vincent Van Quickenborne)
2020年10月1日- フラームス自由民主
(Open VLD)
中産階級・自営業・中小企業・農業・行政改革・民主主義改革大臣 ダヴィッド・クラランバル
(David Clarinval)
2020年10月1日- 改革運動
(MR)
年金・社会統合大臣
(障害者・貧困対策・ベリリス担当)
カリーヌ・ラリュー
(Karine Lalieux)
2020年10月1日- 社会党
(PS)
防衛大臣 リュディビーヌ・ドゥドンデ
(Ludivine Dedonder)
2020年10月1日- 社会党
(PS)
環境・気候・持続可能な開発・グリーンディール大臣 ザキア・カタビ
(Zakia Khattabi)
2020年10月1日- エコロ
(Ecolo)
内務・行政改革・民主主義改革大臣 アナリス・ヴェルリンデン
(Annelies Verlinden)
2020年10月1日- キリスト教民主フラームス
(CD&V)
開発援助大臣
(大都市担当)
メリヤム・キティール
(Meryame Kitir)
2020年10月1日- 社会党・別
(SP.A)
エネルギー大臣 ティネ・バン・デ・ストラーテン
(Tinne Van der Straeten)
2020年10月1日- フルン
(Groen)
閣外大臣(Secretaries of State)
経済復興、国家投資戦略担当閣外大臣
(科学政策担当)/※経済・労働大臣付
トーマス・デルミン
(Thomas Dermine)
2020年10月1日- 社会党
(PS)
デジタル化担当閣外大臣
(行政簡素化・プライバシー保護・建物公団担当)/※首相付
マチュー・ミシェル
(Mathieu Michel)
2020年10月1日- 改革運動
(MR)
機会の均等・ジェンダー平等・多様性担当閣外大臣
※モビリティ大臣付
サラ・シュリッツ
(Sarah Schlitz)
2020年10月1日- エコロ
(Ecolo)
難民移民担当閣外大臣
(国営宝くじ担当)/※内務・行政改革・民主主義改革大臣付
サミー・マディ
(Sammy Mahdi)
2020年10月1日- キリスト教民主フラームス
(CD&V)
予算、消費者保護担当閣外大臣
※法務・北海大臣付
エバ・ド・ブレケル
(Eva De Bleeker)
2020年10月1日- フラームス自由民主
(Open VLD)

脚注編集

  1. ^ 姓の"De Croo"は、デクローの他にフランス語式にド・クローやドゥ=クローとも表記される。詳しくはアレクサンダー・デ・クローの項を参照。
  2. ^ a b 選挙後16カ月の交渉を経て、7党による連立政権が発足(ベルギー)”. 日本貿易振興機構(ジェトロ) (2020年10月6日). 2021年12月18日閲覧。
  3. ^ “Alexander De Croo is Belgium’s new prime minister”. The Brussels Times. (2020年9月30日). https://www.brusselstimes.com/belgium/133503/alexander-de-croo-is-belgiums-new-prime-minister 2021年12月18日閲覧。 
  4. ^ “Belgium's new government: Why did the 'Vivaldi' coalition take so long to form?”. Euronews. (2020年10月7日). https://www.euronews.com/2020/10/07/belgium-s-new-government-why-did-the-vivaldi-coalition-take-so-long-to-form 2021年12月18日閲覧。 
  5. ^ “Belgian milestone: A first trans minister and nobody cares”. (2020年10月1日). https://www.politico.eu/article/petra-de-sutter-transgender-deputy-prime-minister-milestone-progress/ 2021年12月18日閲覧。 
  6. ^ Composition of the Belgian federal government”. Belgium.be. 2021年12月18日閲覧。
  7. ^ ジェトロ「ビジネス短信」添付資料”. 日本貿易振興機構 (2020年10月6日). 2021年12月18日閲覧。
  8. ^ ベルギー政府の閣僚名簿 2020年版 日本語表記”. 青い鳥 (2020年10月6日). 2021年12月18日閲覧。