デ・クロー内閣

2020年10月1日に成立したベルギーの内閣

デ・クロー内閣(で・くろーないかく)は、アレクサンダー・デ・クローAlexander De Croo[1]首相として2020年10月1日に成立したベルギーの内閣。

デ・クロー内閣
: Regering-De Croo
: Gouvernement De Croo
: Regierung De Croo
ベルギー王国 第代内閣
アレクサンダー・デ・クロー首相
成立年月日2020年10月1日
組織
元首フィリップ国王
首相アレクサンダー・デ・クロー
与党社会党(PS)
改革運動(MR)
エコロ(Ecolo)
フラームス自由民主(Open Vld)
キリスト教民主フラームス(CD&V)
社会党・別(SP. a)
フルン(Groen)
詳細
成立直前の選挙2019年ベルギー連邦議会選挙英語版
前内閣ウィルメス内閣

概要 編集

2019年5月の連邦議会選挙英語版で、当時のミシェル内閣の連立与党は過半数を獲得できなかったが、各党の連立交渉が難航し、新たな内閣が定まらないまま、暫定政府として続いていた。シャルル・ミシェル首相が欧州理事会議長に選出されたため、 2019年10月にはソフィー・ウィルメスを首相とするウィルメス内閣となり、暫定政府が継続していた。2020年になり7党(社会党(PS)、改革運動(MR)、エコロ(Ecolo)、フラームス自由民主(Open Vld)、キリスト教民主フラームス(CD&V)、社会党・別(SP. a)、フルン(Groen))による連立がまとまり、選挙から16か月(469日)後の10月1日に、フラームス自由民主所属のアレクサンダー・デ・クローを首相とする内閣が発足した[2]

社会主義(PS、SP.A)・リベラル(MR、Open Vld)・環境(Ecolo、Groen)・キリスト教民主主義(CD&V)の4つの立場の政党による連立であることから、「ヴィヴァルディ連立」(音楽家ヴィヴァルディの楽曲「四季」にちなむ)と呼ばれる[3][4]

構成 編集

大臣(Ministers)15人と閣外大臣(Secretaries of State)閣外大臣5人の計20人で構成される。政党別では、社会党(PS)が4人、社会党・別(PS.A)及びフルン(Groen)が2人ずつ、他の4党から3人ずつとなっている。また閣僚の半数(10人)を女性が占め、ジェンダーバランスにも配慮した政権となった[2]。ペトラ・ド・ズッター副首相兼公共サービス・国営企業・電気通信・郵政大臣は、ヨーロッパで初の自身がトランスジェンダーであることを公表している大臣となった[5]

デ・クロー内閣の閣僚一覧[6][7][8]
大臣(Ministers)
役職名 氏名 任期 所属政党
首相 アレクサンダー・デ・クロー
(Alexander De Croo)
2020年10月1日- フラームス自由民主
(Open VLD)
副首相兼経済・労働大臣 ピエール=イブ・デルマニュ
(Pierre-Yves Dermagne)
2020年10月1日- 社会党
(PS)
副首相兼外務・欧州・対外貿易・連邦文化機関大臣 ソフィー・ウィルメス
(Sophie Wilmes)
2020年10月1日-2022年7月15日 改革運動
(MR)
アジャ・ラビブフランス語版
(Hadja Lahbib)
2022年7月15日-
副首相兼モビリティー大臣 ジョルジュ・ジルキネ
(Georges Gilkinet)
2020年10月1日- エコロ
(Ecolo)
副首相兼財務大臣
(脱税対策担当)
ビンセント・バン・ペーテルゲン
(Vincent Van Peteghem)
2020年10月1日- キリスト教民主フラームス
(CD&V)
副首相兼社会事業・厚生大臣 フランク・バンデンブルク
(Frank Vandenbroucke)
2020年10月1日- 社会党・別
(SP.A)
副首相兼公共サービス・国営企業・電気通信・郵政大臣 ペトラ・ド・ズッター
(Petra De Sutter)
2020年10月1日- フルン
(Groen)
副首相兼法務・北海大臣
ビンセント・バン・クイッケンボルン
(Vincent Van Quickenborne)
2020年10月1日- フラームス自由民主
(Open VLD)
中産階級・自営業・中小企業・農業・行政改革・民主主義改革大臣 ダヴィッド・クラランバル
(David Clarinval)
2020年10月1日- 改革運動
(MR)
年金・社会統合大臣
(障害者・貧困対策・ベリリス担当)
カリーヌ・ラリュー
(Karine Lalieux)
2020年10月1日- 社会党
(PS)
防衛大臣 リュディビーヌ・ドゥドンデ
(Ludivine Dedonder)
2020年10月1日- 社会党
(PS)
環境・気候・持続可能な開発・グリーンディール大臣 ザキア・カタビ
(Zakia Khattabi)
2020年10月1日- エコロ
(Ecolo)
内務・行政改革・民主主義改革大臣 アナリス・ヴェルリンデン
(Annelies Verlinden)
2020年10月1日- キリスト教民主フラームス
(CD&V)
開発援助大臣
(大都市担当)
メリヤム・キティール
(Meryame Kitir)
2020年10月1日- 社会党・別
(SP.A)
エネルギー大臣 ティネ・バン・デ・ストラーテン
(Tinne Van der Straeten)
2020年10月1日- フルン
(Groen)
閣外大臣(Secretaries of State)
経済復興、国家投資戦略担当閣外大臣
(科学政策担当)/※経済・労働大臣付
トーマス・デルミン
(Thomas Dermine)
2020年10月1日- 社会党
(PS)
デジタル化担当閣外大臣
(行政簡素化・プライバシー保護・建物公団担当)/※首相付
マチュー・ミシェル
(Mathieu Michel)
2020年10月1日- 改革運動
(MR)
機会の均等・ジェンダー平等・多様性担当閣外大臣
※モビリティ大臣付
サラ・シュリッツ
(Sarah Schlitz)
2020年10月1日- エコロ
(Ecolo)
難民移民担当閣外大臣
(国営宝くじ担当)/※内務・行政改革・民主主義改革大臣付
サミー・マディ
(Sammy Mahdi)
2020年10月1日- キリスト教民主フラームス
(CD&V)
予算、消費者保護担当閣外大臣
※法務・北海大臣付
エバ・ド・ブレケル
(Eva De Bleeker)
2020年10月1日- フラームス自由民主
(Open VLD)

脚注 編集

  1. ^ 姓の"De Croo"は、デクローの他にフランス語式にド・クローやドゥ=クローとも表記される。詳しくはアレクサンダー・デ・クローの項を参照。
  2. ^ a b 選挙後16カ月の交渉を経て、7党による連立政権が発足(ベルギー)”. 日本貿易振興機構(ジェトロ) (2020年10月6日). 2021年12月18日閲覧。
  3. ^ “Alexander De Croo is Belgium’s new prime minister”. The Brussels Times. (2020年9月30日). https://www.brusselstimes.com/belgium/133503/alexander-de-croo-is-belgiums-new-prime-minister 2021年12月18日閲覧。 
  4. ^ “Belgium's new government: Why did the 'Vivaldi' coalition take so long to form?”. Euronews. (2020年10月7日). https://www.euronews.com/2020/10/07/belgium-s-new-government-why-did-the-vivaldi-coalition-take-so-long-to-form 2021年12月18日閲覧。 
  5. ^ “Belgian milestone: A first trans minister and nobody cares”. (2020年10月1日). https://www.politico.eu/article/petra-de-sutter-transgender-deputy-prime-minister-milestone-progress/ 2021年12月18日閲覧。 
  6. ^ Composition of the Belgian federal government”. Belgium.be. 2021年12月18日閲覧。
  7. ^ ジェトロ「ビジネス短信」添付資料”. 日本貿易振興機構 (2020年10月6日). 2021年12月18日閲覧。
  8. ^ ベルギー政府の閣僚名簿 2020年版 日本語表記”. 青い鳥 (2020年10月6日). 2021年12月18日閲覧。