デービーソフト

かつての日本のソフトウェア会社

デービーソフト株式会社 (dB-SOFT Inc.) は、かつて存在したソフトウェア製作会社である。本社は北海道札幌市厚別区下野幌テクノパーク1丁目1番15号にあった。創業者は社長の古谷貞行

デービーソフト株式会社
dB-SOFT Inc.
種類 株式会社
本社所在地 004-0015
北海道札幌市厚別区下野幌テクノパーク1-1-15
設立 1980年5月2日
業種 情報・通信業
法人番号 2430001010837 ウィキデータを編集
代表者 古谷貞行
資本金 8,000万円
外部リンク http://www.db-soft.co.jp/
特記事項:2003年事業停止、2015年12月15日付でみなし解散。
テンプレートを表示

概要編集

1980年[1]5月2日に株式会社コンピューターランド北海道として設立。ゲームソフト販売に、「セブンターキー」というブランド名を用いていた。1984年にデービーソフト株式会社に商号変更。社名の由来は、単位のデシベル (dB) より。マスコットキャラクターは「バッくん」。

代表作に『FLAPPY』『うっでいぽこ』などがある一方、「マカダミアソフト」という別ブランドで『マカダム』『177』などのアダルトゲームも発売していた。特に1986年の『177』は、国会にて有害ゲームとして取り上げられたことで知られている[2]

また、『dB-BASIC』というコンパイル可能なBASIC言語を発売しており、雑誌『PiO』(工学社)にBASIC講座を寄稿するなど、高いプログラミング技術力を有していた。

ゲームだけではなく、セイコーエプソン製のハンドヘルドコンピュータ、HCシリーズの付属ソフトウェアの製造も手がけ、ワープロソフト『春望』『P1.EXE』なども販売。『春望』はキャリーラボ製『JET-8801A』の日本語変換辞書の盗用が発覚して問題になるが、内容そのものが優れていたため、JETから市場を奪うほどの人気となった。

1990年代末期はホームページ作成ソフト『HOTALL(ホタル)』が一般向けの主力ソフトだった[3]

2001年8月1日にサポート業務をネットファーム・コミュニケーションズ(創業者は貞行の妻、古谷玲子)に移管して以降、会社としての活動はなく、2002年には社屋を売却し、2003年に事業停止。以降、登記上の役員変更が行われないなど休眠状態にある。最後の登記から2015年で12年が経過したため、会社法第472条の規定による休眠会社の整理対象となり、同年12月15日付でみなし解散の措置が執られた[注 1]

なお、古谷貞行は2006年10月末にネットファーム・コミュニケーションズの社長に就任し、同社で『FLAPPY』を公開している[4]

スピンアウトした会社編集

デービーソフトからは、1990年に『宛名職人』のアジェンダ1991年に『素材辞典』のデータクラフトなど、複数の会社がスピンアウトしている。デービーソフトの後期のゲームに見られる個性は、アジェンダを経てスマイルブームに引き継がれている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 現在、旧本社跡には「払王」で知られる決済代行業のウェルネット本社があるが、売却されただけでデービーソフトとは無関係である。

出典編集

  1. ^ 佐々木 2013, p. 8.
  2. ^ 松田 (2018年1月18日). “とんがりギャルゲー紀行 第12回:177”. 電脳世界のひみつ基地. 2019年11月6日閲覧。
  3. ^ “HTMLエディター「HOTALL」の新バージョンはカスケードスタイルシートに対応”. INTERNET Watch. (1998年2月13日). https://internet.watch.impress.co.jp/www/article/980216/hotall.htm 2021年7月30日閲覧。 
  4. ^ FLAPPY WORLD”. ネットファーム・コミュニケーションズ. 2021年7月30日閲覧。

参考文献編集

  • 佐々木, 潤 (2013), 80年代マイコン大百科, 総合科学出版 

外部リンク編集