トクタモンゴル語: ᠲᠣᠭᠲᠠᠭᠠ, ラテン文字転写: Toqta, Toqtay, 生年不詳 - 1312年)は、ジョチ・ウルスの第9代当主(ハン、在位:1291年 - 1312年)。漢文史料では脱脱として現れ、アラビア語史料ではトゥークターアラビア語: توقتا, ラテン文字転写: Tūqtā)、ペルシア語史料ではトゥークターイペルシア語: توقتاى, ラテン文字転写: Tūqtāy)と記される。

トクタ
ᠲᠣᠭᠲᠠᠭᠠ
ジョチ・ウルス第9代当主
Temür Chabar Toqta Öldjeïtu.jpeg
トクタ(左から3人目、『東方史の華フランス語版』より)
在位 1291年 - 1312年

出生 不詳
死去 1312年
配偶者 ブルガン・ハトゥン
  トゥクンチェ
  マリア・パレオロギナラテン語版
子女 ヤブシュ、イル・バサル、クルチュ・ベク
王家 バトゥ家
父親 モンケ・テムル
母親 オルジェイ・ハトゥン
宗教 テングリ崇拝
テンプレートを表示

生涯編集

第6代当主・モンケ・テムルの五男。母はオルジェイ・ハトゥン(ジョチ家麾下のコンギラト部族の首長サルチダイ・ノヤンとトルイ家クトクトゥの一人娘ケルミシュ・アカ・ハトゥンの間の娘)。同母兄弟には長兄アルグイがいる。

マムルーク朝の歴史家ヌワイリー英語版によると、当主となった従兄弟のトレ・ブカと西方の有力者ノガイが対立するとノガイと手を結び、その支援によってトレ・ブカ一派を殺害して当主に推戴された。ヌワイリーの史料にはトクタがノガイを頼った理由についてに言及はないが、『集史』はトレ・ブカ兄弟に命を狙われたため、トクタはノガイを頼ったと記している[1]

即位前、ペレヤスラヴリ公ドミトリーゴロジェッツアンドレイの兄弟がウラジーミル大公の位を争い、ドミトリーはノガイ[2]、アンドレイはサライハンからの支援をそれぞれ受けていた。即位直後の1292年にアンドレイを筆頭とするルーシ諸侯は、トクタにドミトリーへの制裁を請願した[2]。トクタは最初ノガイと同じくドミトリーの支持を考えていたが、ドミトリーがルーシ内で優位を確立しつつある状況を踏まえてアンドレイ側に与し、兄のトデゲンを指揮官とする軍隊をウラジーミルに派兵した。トデゲンとアンドレイ、ヤロスラヴリ公フェオドル英語版たちはウラジーミルを占領し、スーズダリペレヤスラヴリモスクワなど周辺の14の都市を破壊、略奪した。このトデゲンの侵入ロシア語版は、曾祖父バトゥ大遠征以来ルーシ諸侯がモンゴルより受けた軍事的制裁の中で最大のものであった。

即位後のトクタは岳父であるコンギラト部のサルジダイを重用した。サルジダイはノガイとも縁戚関係にあったが、両者は信仰の相違で対立した。トクタはノガイからサルジダイの引き渡しを要求されたが、トクタはこれを拒絶した。またトクタの元から逃亡した将校の身柄をノガイが保護したことで両者の関係は悪化し[2]ヒジュラ暦697年(西暦1297年 - 1298年)にトクタとノガイの軍事衝突が始まった。トクタは1299年にノガイを死に追いやり、ヒジュラ暦701年(西暦1301年 - 1302年)にノガイの末子トライの処刑をもってノガイ一族との内戦を終結させた。

トクタ本人はムスリムではなかったが、宗教に対しては公平であり、ムスリム学者を信任した。外交面ではイルハン朝ガザンオルジェイトゥの即位に対して祝賀の使節を続けて送り、父モンケ・テムル以来の政策を維持した。またカッファジェノヴァ人と北方の異教徒が自国の児童を攫ってイスラム諸国に奴隷として転売しているという領民の訴えを聞き入れて、その報復として1307年にカッファへ派兵した。1308年成宗が遣わしたオルク中国語版より[2]寧粛王中国語版に封じられ[3]、翌1309年12月7日武宗より金印を授けられた[4]。財政面では1310年に貨幣改革を実行し、ジョチ・ウルス初となる紙幣を発行して財政を潤わせ[要出典]た。

トクタは家庭的には不幸であり、2人の子はトクタの統治政策に反対して乱を起こし国を追われた。トライに唆されてトクタに反旗を翻した弟サライ・ブカを処刑、サライ・ブカと共に反乱を起こした兄ブルルクは国外に亡命した。トクタの死後、甥のウズベクが跡を継いだ。

ウズベクの簒奪を記録する史料は少なくない。マムルーク朝の歴史家ドゥクマクアラビア語版ジャライル朝の史料であるアル=アハリー『シャイフ・ウヴァイス史』[5]ドーソン『モンゴル帝国史』[6]は、ウズベクがイル・バサルをはじめとするトクタの一族を殺害して当主に即位したとある。ウズベクの即位に好意的であるウテミシュ・ハージー英語版[7]の『ドスト・スルタンカタルーニャ語版史』[8]は、トクタは子のイル・バサルに跡を継がせるためイル・バサル以外の一族を根絶やしにするが、イル・バサルは早世し[注 1]、粛清から生き延びたウズベクを後継者に指名したと伝える[10]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ヌワイリーによると、ヒジュラ暦707年(西暦1307年 - 1308年)にイル・バサルが死去したとあるが、ウズベクの即位の経緯については引用した書籍[9]の中にはない。

出典編集

  1. ^ ドーソン 1979, pp. 403-407
  2. ^ a b c d 新元史』巻一百六 列伝第三 脱脱
  3. ^ 『新元史』巻二十七 表第一 太祖諸子世表
  4. ^ 元史』巻二十三 本紀第二十三 武宗二
  5. ^ 川口 1997, pp. 278-282
  6. ^ ドーソン 1979, pp. 242-243
  7. ^ 川口 & 長峰 2008, p. xvii
  8. ^ 川口 1997, pp. 279-280
  9. ^ ドーソン 1979, p. 402
  10. ^ 川口 & 長峰 2008, pp. 25-27

参考文献編集

先代:
トレ・ブカ
ジョチ・ウルス第9代当主
1291年 - 1312年
次代:
ウズベク