トバイアス・ウルフ

トバイアス・ウルフ
Tobias Wolff
TobiasWolff.jpg
 トバイアス・ウルフ(2008年4月25日)
誕生 (1945-06-19) 1945年6月19日(71歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アラバマ州バーミングハム
職業 作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テンプレートを表示

トバイアス・ウルフ(Tobias Wolff、1945年6月19日-)は、アメリカ合衆国アラバマ州バーミングハム出身の小説家である。

高校を中退後、軍隊に入隊、ベトナム戦争に従軍する。その後、オックスフォード大学スタンフォード大学で文学・創作を学ぶ。レイモンド・カーヴァーらとも親交が深かった[1]

1993年には自伝的作品『ボーイズ・ライフ』が、ロバート・デニーロレオナルド・ディカプリオ主演で映画化されている。

邦訳作品編集

  • 『兵舎泥棒』(The Barracks Thief 1984)迫光訳彩流社、1990年
  • 『バック・イン・ザ・ワールド』(Back in the World 1985)飛田茂雄訳、中央公論社、1991年
  • ボーイズ・ライフ』(This Boy's Life 1989)飛田茂雄訳、中央公論社、1992年

注釈編集

  1. ^ 飛田茂雄『バック・イン・ザ・ワールド』訳者あとがきより。