メインメニューを開く

トムロルフTom Rolfe1962年 - 1989年)はアメリカ競走馬。父リボーがアメリカで残した最良の産駒の一頭である。母ポカホンタスは19世紀の大繁殖牝馬ポカホンタスと同名で、ともに人物名ポカホンタスに由来する。本馬はそのポカホンタスの一人息子トマス・ロルフから連想され、トムロルフと名付けられた。

トムロルフ
欧字表記 Tom Rolfe
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1962年
死没 1989年
リボー
ポカホンタス II
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 R.Guest
馬主 Powhatan
調教師 Frank Y. Whiteley, Jr.(アメリカ)
競走成績
生涯成績 32戦16勝
獲得賞金 67万1297ドル
テンプレートを表示

トムロルフは31戦のうち16の競走に勝ち、67万ドルの賞金を獲得した。3歳のときにはその年の最優秀3歳牡馬に選ばれ、アメリカの殿堂騎手ロン・ターコットの騎乗でプリークネスステークスに優勝した。さらに、その年の末には自身の能力を証明するためにフランス凱旋門賞に出走した。結果は6着に終わったが、史上最強メンバーと呼ばれる凱旋門賞で、恵まれない臨戦態勢にもかかわらずシーバードの6着というのは好走の部類に入るだろう。

ケンタッキー州のパリス郊外にあるクレイボーンファーム種牡馬入りし、種牡馬としても成功した。今日では優秀な母の父として知られている。直仔で代表的なのはホイストザフラッグであった。

トムロルフは1989年に死亡し、牧場のマーチモント墓地に埋葬された。

競走成績編集

主な産駒編集

血統表編集

トムロルフ血統リボー系9号族(9-h) / Papyrus 4×5=9.38%、Buchan 5×4=9.38%、Phalaris 5×5=6.25% (血統表の出典)

Ribot
1952 鹿毛
父の父
Tenerani
1944 鹿毛
Bellini Cavaliere Darpino
Bella Minna
Tofanella Apelle
Try Try Again
父の母
Romanella
1943 栗毛
El Greco Pharos
Gay Gamp
Barbara Burrini Papyrus
Bucolic

Pocahontas II
1955 黒鹿毛
Roman
1937 鹿毛
Sir Gallahad Teddy
Plucky Liege
Buckup Buchan
Look Up
母の母
How
1948 黒鹿毛
Princequillo Prince Rose
Cosquilla
The Squaw Sickle
Minnewaska F-No.9-h


外部リンク編集