トレンチャント (潜水艦)

トレンチャント (HMS Trenchant) はイギリス海軍潜水艦T級

HMS Trenchant

艦歴編集

1942年5月9日起工。1943年3月24日進水。1944年2月26日就役。

1944年9月23日、ペナン島沖でドイツ潜水艦U-859を撃沈。10月20日に人間魚雷チャリオット2隻を載せトリンコマリーから出撃、27日にプーケットに進入させたチャリオットがスマトラ丸を撃沈。1945年3月4日、潜水艦テラピンと共にマラッカ海峡第八号駆潜艇を攻撃し撃沈。5月25日、スラバヤ西方で第105号掃海特務艇を撃沈。

第105号掃海特務艇撃沈から数日後、ブルネイ上陸支援のためマレー半島沖へ向かうよう命じられた。だが、アメリカ潜水艦から日本の巡洋艦と駆逐艦1隻がバタビアに入港したとの情報を得て、許可を得てバンカ海峡へと向かった。日本の巡洋艦と駆逐艦1隻とは重巡洋艦足柄神風であり、6月4日にシンガポールを出港し6月5日にバタビアに到着、陸軍の兵員や物資を乗せ6月7日に出港してシンガポールに向かっていた。6月8日、トレンチャントはバンカ海峡北側出口で足柄に対して8本の魚雷を発射し、4本が命中した。トレンチャントは後部発射管からさらに2本の魚雷を発射し1本が命中。足柄は転覆し沈没した。

1963年、スクラップとして売却。