メインメニューを開く

トレーシー・エリザベス・アンネ・クラウチ

トレーシー・エリザベス・アンネ・クラウチTracey Elizabeth Anne Crouch, 1975年7月24日 - )は、グレートブリテン及びアイルランド連合王国の政治家。英国保守党庶民院議員。

目次

経歴・人物編集

イングランドケント州アシュフォードの出身。フォークストン女学校を経てハル大学を卒業した[1]

大学卒業後にグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会にて、英国保守党研究員としてマイケル・ハワード(英国保守党議員)を始めとする政治家のアシスタントを務めた[2]。その後、保険会社アビバに勤務した経験も持つ[3]

クラウチは2010年に行われた庶民院総選挙チャタム&アイルズフォールド選挙区から保守党公認候補として出馬し、20,230票(46.2%)を獲得して初当選を果たした[4]

2015年の庶民院総選挙に再選を期して出馬し、21,614票(50.2%)を獲得して2度目の当選を果たした[5]。この総選挙の後、デーヴィッド・キャメロン連合王国内閣総理大臣兼第一大蔵卿)が組織した第2次キャメロン内閣に於いて、スポーツ・市民社会担当国務次官(日本では閣外大臣と位置付けられる)に就任[1][6]、連合王国総理大臣兼第一大蔵卿がキャメロンからテリーザ・メイに交代してからも、クラウチは2018年現在に至るまでスポーツ・市民社会担当国務次官の職を務めている。

2017年の庶民院総選挙にて25,587票(57.0%)を獲得して3度目の当選を果たした[7]

2018年、テリーザ・メイ連合王国総理大臣兼第一大蔵卿から孤独問題担当国務大臣に任命された[8]

備考編集

クラウチはフットボール・アソシエーション(イングランドサッカー協会)公認のコーチングライセンスを保持するサッカー指導者でもある[1]イングランド・プレミアリーグ1部のトッテナム・ホットスパーのサポーターとしても知られている[1]

2015年FIFA汚職事件の際には、「ブラッターが辞めれば、FIFAの大規模な改革が始められる」として当時の国際サッカー連盟会長だったゼップ・ブラッターに対して辞任を要求するコメントを発した[9]

脚注編集

外部リンク編集