メインメニューを開く

トレーニング デイ』(原題:Training Day、邦題では「トレーニング」と「デイ」の間にスペースが入る)は、2001年に製作されたアメリカ映画

トレーニング デイ
Training Day
Training Day Logo.png
監督 アントワーン・フークア
脚本 デヴィッド・エアー
製作 ジェフリー・シルバー
ロバート・F・ニューマイヤー
製作総指揮 ブルース・バーマン
デイヴィス・グッゲンハイム
出演者 デンゼル・ワシントン
イーサン・ホーク
スコット・グレン
エヴァ・メンデス
トム・ベレンジャー
音楽 マーク・マンシーナ
撮影 マウロ・フィオーレ
編集 コンラッド・バフ四世
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年10月5日
日本の旗 2001年10月20日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000 (概算)
興行収入 $104,876,233[1] 世界の旗
テンプレートを表示

新人刑事の一日、トレーニングデイ(訓練日)を描いたサスペンスアクション。デンゼル・ワシントンアカデミー主演男優賞を受賞した。

概要編集

ベテラン刑事と新人刑事の組み合わせというバディムービーにありがちな設定だが、本作は二人が対立を乗り越えて仲良くなるようなことはなく、むしろ対立が決定的決裂に至る点でバディムービーとは全く異なっている。善良な人物役が多いデンゼル・ワシントンが悪役に徹底したことでも話題になった。また作中ではロスのストリートギャング(マラ・サルバトルチャブラッズクリップススレーニョス)の縄張りが重要な場所となるが、撮影は本物のストリートギャングの協力を得て実際の縄張りで行っており、ロサンゼルスのストリートが現実的に再現されている。

あらすじ編集

ロス市警(LAPD)の麻薬取締課に配属された新人刑事ジェイクは、ベテラン捜査官アロンゾと組むことになったのだが、「狼を倒せるのは狼だけ=悪を倒すには悪になる必要がある」というアロンゾに、正義感の強いジェイクは次第に不信感を募らせていく。一方アロンゾにはある計画があった。

キャスト編集

スタッフ編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Training Day (2001)” (英語). Box Office Mojo. 2010年3月14日閲覧。

外部リンク編集