トワイライト・イン・オリンポス

シンフォニー・エックスのアルバム

トワイライト・イン・オリンポス』(Twilight in Olympus)は、シンフォニー・エックスのアルバム。

トワイライト・イン・オリンポス
シンフォニー・エックススタジオ・アルバム
リリース
ジャンル プログレッシブ・メタル
時間
レーベル ゼロ・コーポレーション(発売)
東芝EMI(販売)
プロデュース エリック・レイチェル
スティーヴ・エベッツ
マイケル・ロメオ
専門評論家によるレビュー
シンフォニー・エックス アルバム 年表
ザ・ディヴァイン・ウィングス・オブ・トラジディ
1996年
トワイライト・イン・オリンポス
(1998年)
プレリュード・トゥ・ザ・ミレニアム
1998年
テンプレートを表示

概要編集

シンフォニー・エックスの4作目のスタジオアルバムで、トーマス・ミラーが参加した最後のアルバム。また、ジェイソン・ルロはレコーディング直前である1997年8月に一旦脱退しているため本作には参加していないが、次回作で復帰している。

収録曲編集

  1. スモーク・アンド・ミラーズ - Smoke and Mirrors (6:09)
  2. チャーチ・オブ・ザ・マシーン - Church of the Machine (8:57)
  3. ソナタ - Sonata (1:25)
  4. イン・ザ・ドラゴンズ・デン - In The Dragon's Den (4:00)
  5. スルー・ザ・ルッキング・グラス(パートI,II,III) - Through the Looking Glass (13:05)
  6. ザ・レリック - The Relic (5:03)
  7. オリオン-ザ・ハンター - Orion - The Hunter (6:56)
  8. レイディー・オブ・ザ・スノウ - Lady of the Snow (7:09)
作曲:

マイケル・ロメオ(1.4.5.6.7.8)/ トーマス・ミラー(1.4.5.6.7)/ マイケル・ピネーラ(4.5.6.8)/ シンフォニーX(2)/ ベートーベン(3[1]

作詞:

マイケル・ロメオ(1.5)/ ラッセル・アレン(1.6.7.8)/ トーマス・ミラー(1.5.6.7.8)/ シンフォニーX(2.4)

メンバー編集

  • ラッセル・アレン (ボーカル)
  • マイケル・ロメオ (ギター)
  • トーマス・ミラー (ベース)
  • トーマス・ウォーリング[2] (ドラムス)
  • マイケル・ピネーラ (キーボード)

脚注編集

  1. ^ 大ソナタ悲愴より。
  2. ^ 本作国内盤(XRCN-2020)のライナーノーツではトム・ウォーリングと表記されている。