トーマス・バーガー

トーマス・バーガー(Thomas U. Berger、1962年1月9日 - )は、アメリカ合衆国政治学者ボストン大学国際関係学部准教授。専門は、国際関係論、とくにドイツおよび日本の安全保障政策、および政治文化論。

コネチカット州生まれ。1987年から1988年まで東京大学にて佐藤誠三郎のもとで学ぶ。1992年マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。ジョンズ・ホプキンス大学政治学部助教授を経て、現職。なお、父親はボストン大学元教授で著名な社会学者で神学者でもあるピーター・L・バーガー[1]

著書編集

単著編集

  • Cultures of Antimilitarism: National Security in Germany and Japan, (Johns Hopkins University Press, 1998).
  • War, Guilt, and World Politics after World War II, (Cambridge University Press, 2012).

共編著編集

脚注編集

外部リンク編集