メインメニューを開く

ドミニク・ポール・"ドム"・ディマジオ(Dominic Paul "Dom" DiMaggio, 1917年2月12日 - 2009年5月8日)は、アメリカ合衆国のプロ野球選手。カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。右投げ右打ち。ニックネームは"The Little Professor"(リトル・プロフェッサー)。1940年4月から1953年までボストン・レッドソックス中堅手としてプレイした。ジョー・ディマジオビンス・ディマジオは兄にあたる[1]

ドム・ディマジオ
Dom DiMaggio
Dom DiMaggio 1951.JPG
1951年の訪日時
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンフランシスコ
生年月日 1917年2月12日
没年月日 (2009-05-08) 2009年5月8日(92歳没)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
168 lb =約76.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
初出場 1940年4月16日
最終出場 1953年5月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

1939年パシフィック・コーストリーグからボストン・レッドソックスに昇格し、1940年にデビュー。1952年までレッドソックス一筋でプレーした。小柄で眼鏡をかけて試合に出ていたことから、「リトル・プロフェッサー(教授)」のニックネームで呼ばれた。

レッドソックス在籍時は主にリードオフマンで、毎年3割前後の打率を残した。守備のスペシャリストであり[1]、広い守備範囲を誇り、1948年シーズンには、外野手としてシーズン500刺殺を記録する(メジャーリーグで達成したのはわずか5人)。1949年には6月から8月にかけてレッドソックスの球団記録となる34試合連続安打を記録。低迷するチームの優勝争いへの原動力となった。連続記録が途切れた8月9日の試合で最後の五打席目に放ったセンターへの痛烈なフライをキャッチしてアウトにしたのは兄のジョーだった。

1950年に盗塁数は15ながらリーグの盗塁王となり、同じ年に131得点と11三塁打(リーグ最多)の数字を残した。1953年に引退後はプラスチックの製造メーカーを営んでいた。1995年にレッドソックスの球団殿堂入り選手になっている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1940 BOS 108 466 418 81 126 32 6 8 194 46 7 6 5 -- 41 -- 2 46 5 .301 .367 .464 .831
1941 144 688 584 117 165 37 6 8 238 58 13 6 7 -- 90 -- 7 57 7 .283 .385 .408 .792
1942 151 702 622 110 178 36 8 14 272 48 16 10 4 -- 70 -- 6 52 9 .286 .364 .437 .801
1946 142 610 534 85 169 24 7 7 228 73 10 6 9 -- 66 -- 1 58 16 .316 .393 .427 .820
1947 136 599 513 75 145 21 5 8 200 71 10 6 9 -- 74 -- 3 62 12 .283 .376 .390 .766
1948 155 756 648 127 185 40 4 9 260 87 10 2 5 -- 101 -- 2 58 11 .285 .383 .401 .785
1949 145 706 605 126 186 34 5 8 254 60 9 7 3 -- 96 -- 2 55 10 .307 .404 .420 .824
1950 141 681 588 131 193 30 11 7 266 70 15 4 7 -- 82 -- 4 68 14 .328 .414 .452 .866
1951 146 718 639 113 189 34 4 12 267 72 4 7 4 -- 73 -- 2 53 13 .296 .370 .418 .788
1952 128 549 486 81 143 20 1 6 183 33 6 8 4 -- 57 -- 2 61 10 .294 .371 .377 .747
1953 3 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 -- 0 -- 0 1 0 .333 .333 .333 .667
通算:11年 1399 6478 5640 1046 1680 308 57 87 2363 618 100 62 57 -- 750 -- 31 571 107 .298 .383 .419 .802
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録編集

  • アメリカンリーグ最多盗塁:1回(1950年)
  • オールスターゲーム選出:7回(1941年、1942年,1946年,1949 - 1952年)
  • シーズン刺殺数(外野手):503(1948年、MLB歴代6位)
  • アメリカンリーグ最多得点:2回(1950年、1951年)[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Right Name, Wrong Genes: The Top 50 Less Talented Relatives of Superstars”. bleacherreport.com (2010年9月7日). 2012年3月25日閲覧。

外部リンク編集