ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 ドキュメンタリー映画賞

「ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 ドキュメンタリー映画賞」はナショナル・ボード・オブ・レビューから送られる賞の一つである。 賞は監督に対して贈られる。1940年に創設された部門だが1944年に一度中断しており、その後1987年に復活している。

受賞者編集

1940年代編集

  • 1940年:『The Fight for Life
  • 1941年:『Target for Tonight』、『The Forgotten Village』、『Ku Kan』、『The Land
  • 1942年:『Moscow Strikes Back』、『Native Land』、『Word in Action
  • 1943年:『砂漠の勝利』、『Battle of Russia』、『Prelude to War』、『Saludos Amigos』、『The Silent Village
  • 1944年:『メンフィス・ベル』、『Attack! The Battle for New Britain』、『With the Marines at Tarawa』、『Battle for the Marianas』、『Tunisian Victory

1980年代編集

Year Winner Director(s)
1987年 チャック・ベリー/ヘイル・ヘイル・ロックンロール テイラー・ハックフォード
1988年 細く青い線 エロール・モリス
1989年 ロジャー&ミー マイケル・ムーア

1990年代編集

Year Winner Director(s)
1990年 N/A N/A
1991年 ハート・オブ・ダークネス/コッポラの黙示録 ファッス・バージョージ・ヒッケンルーパー
1992年 Brother's Keeper ジョー・ベルリンガーブルース・シノフスキー
1993年 史上最大の大逆転劇!クリントンを大統領にした男 クリス・ヘジダス and D・A・ペネベイカー
1994年 フープ・ドリームス スティーヴ・ジェイムス
1995年 クラム テリー・ツワイゴフ
1996年 Paradise Lost: The Child Murders at Robin Hood Hills ジョー・ベルリンガー and ブルース・シノフスキー
1997年 Fast, Cheap and Out of Control エロール・ノリス
1998年 ワイルド・マン・ブルース バーバラ・コップル
1999年 ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ ヴィム・ヴェンダース

2000年代編集

Year Winner Director(s)
2000年 The Life and Times of Hank Greenberg アヴィヴァ・ケンプナー
2001年 The Endurance: Shackleton's Legendary Antarctic Expedition ジョージ・バトラー
2002年 ボウリング・フォー・コロンバイン マイケル・ムーア
2003年 フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白 エロール・モリス
2004年 未来を写した子どもたち ザナ・ブリスキ and ロス・カウフマン
2005年 皇帝ペンギン リュック・ジャケ
2006年 不都合な真実 デイビス・グッゲンハイム
2007年 Body of War フィル・ドナヒュー and エレン・スピロ
2008年 マン・オン・ワイヤー ジェームズ・マーシュ
2009年 ザ・コーヴ ルイ・シホヨス

2010年代編集

Year Winner Director(s)
2010年 スーパーマンを待ちながら デイビス・グッゲンハイム
2011年 Paradise Lost 3: Purgatory ジョー・ベルリンガーブルース・シノフスキー
2012年 シュガーマン 奇跡に愛された男 マリク・ベンジェルール
2013年 物語る私たち サラ・ポーリー
2014年 Life Itself スティーヴ・ジェームズ
2015年 AMY エイミー アシフ・カパディア
2016年 O.J.: Made in America エズラ・エデルマン
2017年 ジェーン ブレット・モーゲン
2018年 RBG 最強の85才 ジュリー・コーエンベッツィ・ウェスト
2019年 Maiden アレックス・ホームズ

2020年代編集

Year Winner Director(s)
2020年 タイム ギャレット・ブラッドリー
2021年 サマー・オブ・ソウル クエストラブ英語版[1]
2022年 "Sr." ロバート・ダウニー・シニアの生涯英語版 クリス・スミス

出典編集