メインメニューを開く

ナスノ ミツル1963年 - )は、日本のミュージシャンベーシスト即興音楽演奏家。岩手県盛岡市生まれ。

ナスノミツル
生誕 (1963-10-11) 1963年10月11日
出身地 日本の旗 日本岩手県盛岡市
ジャンル 即興音楽
ロック
プログレッシヴ・ロック
ジャズ・ロック
フリー・ジャズ
担当楽器 ベース
レーベル doubtmusic, trailights record
共同作業者 teneleven
アルタードステイツ
是巨人
サンヘドリン
静寂
不失者
ウンベルティポ
ザ・ワールド・ヘリテッジ
iLL
公式サイト teneleven

経歴編集

大学生時代を過ごした京都で音楽活動を本格化させ、その後、東京に活動の拠点を移す。大友良英率いるGround Zeroに参加。

アヴァンギャルドロックから、メジャーなアーティストのバックアップまで、様々なバンド、プロジェクトに関わる。

ライヴでは、1964年製フェンダー、プレシジョンベースを多く使っている。

主なソロプロジェクト編集

  • 「Prequel Oct.1998 - Mar.1999 + 1 前編 1998年10月〜1999年3月+1」(2008/5/11 doubtmusic)
  • 「離場有浮」(2008/11/18 PERFECTMUSIC)
    • 灰野敬二石橋英子参加。A×S×E(NATSUMEN)プロデュース。静と動で対をなす2部作の「静」作品。テネレブンコンセプトの前身となった貴重なセッション記録。

teneleven編集

2009年結成。

これまで多くのプロジェクトに関わって来たナスノが主導となり、自身の標榜するサウンドを表現するバンドとして活動を開始。

山本達久(NATSUMEN)(ds) / 坂口光央(key) / 南方美智子(key) / ササキヒデアキ(Visual) / ナスノミツル(b)

2012年3月

ファーストアルバム「teneleven」をdoubtmusicよりリリース。中村達也がレコーディングにゲスト参加している。ジャケットなどヴィジュアルはササキヒデアキによるもの。

2013年10月

しばしばライヴにゲスト参加していた、沼澤尚(ds)とナカコー(中村弘二)(g)がメンバーに加わることが発表される。

また並行して、teneleven-proto(ナスノのソロ)、teneleven-stereo(ナスノ、坂口、南方)名義での活動も存在する。これらはバンドtenelevenへいずれ集約していくインスピレーションを、よりプリミティヴな形で表現するものと位置づけられている。2012年12月より、これらの名義でのミニアルバムをトレイライツレコード[1]よりリリースしている。

その他参加バンド、プロジェクト編集

その他、近年では相対性理論やくしまるえつこ関連のレコーディングや布袋寅泰の「GUITARHYTHM V TOUR」などに参加。

脚注編集

  1. ^ trailights record、2013年10月22日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集