ナルギス・ダット(Nargis Dutt、1929年6月1日 - 1981年5月3日[1])は、インドボリウッドで活動した女優。「ナルギス(Nargis)」の芸名で活動し[2]、ボリウッド史上最高の女優の一人に挙げられている。

ナルギス
Nargis
Nargis
本名 Fatima Rashid(誕生時)
Nargis Dutt(結婚後)
生年月日 (1929-06-01) 1929年6月1日
没年月日 (1981-05-03) 1981年5月3日(51歳没)
出生地 イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国 ベンガル管区英語版カルカッタ(現西ベンガル州コルカタ)
死没地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ボンベイ
職業 女優
配偶者 スニール・ダット(1958年-1981年、死別)
著名な家族 ジャッダンバーイー英語版(母)
サンジャイ・ダット(息子)
プリヤー・ダット英語版(娘)
ナムラタ・ダット(娘)
アンワル・フセイン英語版(義兄)
テンプレートを表示

生涯編集

生い立ち編集

カルカッタパンジャーブ・ムスリム英語版家庭に生まれ、「ファーティマー・ラシード(Fatima Rashid)」と名付けられた。父モハンチャンド・ウッタムチャンドはラーワルピンディーバラモン出身のヒンドゥー教徒だったが、イスラム教に改宗して「アブドゥル・ラシード」に改名している[3][4][5][6]。母ジャッダンバーイー英語版ヒンドゥスターニー音楽の歌手であり、インド映画のパイオニアの一人に挙げられている[7]。ラシード一家はカルカッタからイラーハーバードに移住し、ファーティマーは母の影響を受け映画文化に興味を抱くようになった。

キャリア編集

 
『放浪者』出演時のナルギス

1935年に『Talashe Haq』で「ベイビー・ナルギス」名義で出演する。「ナルギス」はペルシア語で「水仙」を意味する言葉であり、ファーティマーはこれ以降「ナルギス(Nargis)」と名乗るようになった。1943年にメーブーブ・カーン英語版の『Taqdeer』に出演し[8]、1940年代から1950年代にかけて『雨季』『Andaz』『Jogan』『放浪者英語版』『Deedar』『Anhonee』『詐欺師』『Chori Chori』などに出演した。1957年に出演した『マザー・インディア英語版』では演技を絶賛され、フィルムフェア賞 最優秀主演女優賞英語版を受賞した[9]フィルムインディア英語版バーブラーオ・パテル英語版は同作を「インドで製作された最高の映画」と称賛し、「他の女優たちはナルギスのように役を演じることはできなかっただろう」と批評している[10]。1967年に『Raat Aur Din』への出演を最後に女優を引退する。同作で解離性同一性障害の女性を演じたナルギスは批評家から絶賛され、ナショナル・フィルム・アワード 最優秀主演女優賞英語版を受賞した[8]。彼女は同賞を受賞した最初の女優となった。また、同作ではフィルムフェア賞最優秀主演女優賞にもノミネートされている。1980年にインド大統領指定枠のラージヤ・サバー議員に就任するが、1981年に病死したため任期を満了することはできなかった[1][11][12]

死去編集

 
ナルギスとスニール夫妻

1980年に膵臓癌が発覚し、ニューヨークメモリアル・スローン・ケタリング癌センター英語版で治療を受けた。治療後にインドに帰国するが、病状が悪化したためボンベイブリーチ・キャンディ病院英語版に入院した。1981年5月2日に昏睡状態に陥り、翌3日に死去した。ナルギスの死の4日後に息子サンジャイ・ダットの俳優デビュー作『ロッキー英語版』が公開され、初上映時には彼女のために座席が1席空けられていた。

ナルギスの遺体はマリン・ライン英語版バダ・カブラスタン英語版に埋葬された[13]。彼女の死から1年後、夫スニール・ダットによってナルギス・ダット記念癌財団が設立された。死因は膵臓癌とされているが、娘ナムラタによると死因は膵臓癌ではなく尿路感染症だったという。これについて息子サンジャイは「免疫力の低下によって感染症を引き起こす可能性があった」と補足している[14][15]

フィルモグラフィ編集

 
フィルムインディアに掲載されたナルギスの肖像画

人物編集

 
ナルギスとラージ・カプール

ナルギスは『放浪者』『詐欺師』などで共演したラージ・カプールと長年交際関係にあったが、カプールは既婚者で子供がいた。2人の関係は9年間続いたが、カプールが離婚を拒否したため交際関係は解消された[16][17][18]

1958年3月11日にスニール・ダットと結婚した[19]。2人は『マザー・インディア』で共演し、撮影中に起きた火災事故に巻き込まれたナルギスをスニールが救ったことで交際に発展したという逸話がある[13]。ナルギスはスニールと結婚するためにヒンドゥー教に改宗しており[20]、彼女は1男2女(サンジャイ、ナムラタ、プリヤー英語版)を出産した。サンジャイはボリウッドのスター俳優となり、ナムラタは『マザー・インディア』でナルギス、スニールと共演したラジェンドラ・クマール英語版の息子クマール・ガウラヴ英語版と結婚し、プリヤーは政治家となりローク・サバー議員を務めた[13]

ナルギスはスニールと共にアジャンタ芸術文化劇団を結成し、俳優や歌手を集めて国境警備に当たるインド軍の慰問活動を行っていた。同劇団はバングラデシュ独立戦争終戦後に初めてダッカで公演している[21]。また、彼女はインド痙攣症学会英語版の後援者としても活動し、社会活動家としても知られるようになった[21]

評価編集

2011年にRediff.comはナルギスを「史上最高の女優」に選出し、「スタイル、優雅さ、そしてスクリーン上で存在感を放つ信じられないほどの温かさ、ナルギスはまさに祝福に値する主演女優です」と批評している[22]。M・L・ダワンはトリビューン誌英語版に寄稿し、「ナルギスはほとんどの出演作品で、希望があり神格化できる女性を作り出した。ナルギスのスクリーン・イメージのカリスマ性は、質素と上品の間を容易に移動することができる」と批評した[23]

1958年にパドマ・シュリー勲章を授与され、同勲章を授与された最初の女優となった。1993年12月30日にナルギスの記念切手が発行され[24]、2001年にはアミターブ・バッチャンと共にヒーロー・ホンダスターダスト誌英語版からベスト・アーティスト・ミレニアム賞に選出された[25]。また、ナショナル・フィルム・アワードにはナルギスの功績を称えるため、彼女の名前を冠した国民統合最優秀長編映画ナルギス・ダット賞英語版が存在する[26]

ナルギスを演じた女優編集

参考文献編集

  • Mr. and Mrs. Dutt: Memories of our Parents, Namrata Dutt Kumar and Priya Dutt, 2007, Roli Books. 978-81-7436-455-5.[31]
  • Darlingji: The True Love Story of Nargis and Sunil Dutt, Kishwar Desai. 2007, Harper Collins. 978-81-7223-697-7.
  • The Life and Times of Nargis, T. J. S. George. 1994, Harper Collins. 978-81-7223-149-1.

出典編集

  1. ^ a b Archived copy”. 2009年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月19日閲覧。
  2. ^ “Nargis”. Mint. (2013年5月4日). https://www.livemint.com/Leisure/VxGxrl4DUCCYWK6MtEjw1O/Nargis.html 2020年2月23日閲覧。 
  3. ^ Bollywood actor Nargis Dutt remembered in today's Google Doodle”. The Indian Express (2015年6月1日). 2020年2月23日閲覧。
  4. ^ T. J. S. George (December 1994). The life and times of Nargis. Megatechnics. ISBN 978-81-7223-149-1. https://books.google.com/books?id=byBlAAAAMAAJ 2012年3月8日閲覧。 
  5. ^ Parama Roy (6 September 1998). Indian traffic: identities in question in colonial and postcolonial India. University of California Press. p. 156. ISBN 978-0-520-20487-4. https://books.google.com/books?id=xp82WhOGBnAC&pg=PA156 2012年3月8日閲覧。 
  6. ^ Shyam Bhatia (2003年10月20日). “Nargis-Sunil Dutt: A real life romance”. Rediff. 2012年6月3日閲覧。
  7. ^ India's Independent Weekly News Magazine”. Tehelka. 2012年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月12日閲覧。
  8. ^ a b Archived copy”. 2007年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月17日閲覧。
  9. ^ Filmfare Awards Winners From 1953 to 2018” (英語). Filmfare Awards. 2018年5月30日閲覧。
  10. ^ Mishra 2002, p. 65.
  11. ^ Maharashtra govt in peril, governance takes backseat”. Screenindia.com. 2007年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月30日閲覧。
  12. ^ Nargis: A daughter remembers”. Rediff.com. 2017年7月30日閲覧。
  13. ^ a b c Dhawan, M. (2003年4月27日). “A paean to Mother India”. The Tribune. http://www.tribuneindia.com/2003/20030427/spectrum/main6.htm 2008年9月7日閲覧。 
  14. ^ Nargis and Sunil Dutt's love story is nothing less than a fairytale romance! – Free Press Journal” (2018年6月1日). 2020年2月23日閲覧。
  15. ^ Sanju Negative. The Pioneer. 24 March 2013
  16. ^ Clangorous Liaisons – Bhaichand Patel – Nov 19,2007”. outlookindia.com. 2015年6月2日閲覧。
  17. ^ Rishi Kapoor Reveals Dad Raj Kapoor's Alleged Affairs With His Heroines – NDTV Movies”. Movies.ndtv.com (2017年1月17日). 2017年7月30日閲覧。
  18. ^ Feryna Wazheir to play Nargis in 'Manto'”. 2017年7月30日閲覧。
  19. ^ "Other side of Love Jihad", Siasat, 20 October 2016.
  20. ^ “Conversions: Famous personalities who converted, and some who almost did”. The Economic Times. (2015年1月5日). https://economictimes.indiatimes.com/magazines/panache/conversions-famous-personalities-who-converted-and-some-who-almost-did/articleshow/45744085.cms?from=mdr 2020年2月5日閲覧。 
  21. ^ a b The Tribune – Magazine section – Windows”. Tribuneindia.com. 2017年7月30日閲覧。
  22. ^ Sen, Raja (2011年6月29日). “Readers Choice: The Greatest Actresses of all time”. Rediff.com. 2011年9月19日閲覧。
  23. ^ Dhawan, M.L. (2007年12月9日). “Queens of hearts”. The Tribune. http://www.tribuneindia.com/2007/20071209/spectrum/main6.htm 2011年9月22日閲覧。 
  24. ^ Nargis Dutt” (英語). Indian Philately. Thakkar Numismatic & Art Foundation. 2018年5月30日閲覧。
  25. ^ The Tribune, Chandigarh, India – Nation”. tribuneindia.com. 2015年6月2日閲覧。
  26. ^ “An award in a different genre”. The Hindu: p. 2. (2005年1月7日). http://www.hindu.com/2005/07/01/stories/2005070106120200.htm 2017年7月30日閲覧。 
  27. ^ Sanjay Dutt biopic: Manisha Koirala looks like a perfect replica of Nargis Dutt – Most talked about biopics you just cannot miss – The Times of India”. The Times of India. 2020年2月23日閲覧。
  28. ^ Manisha Koirala Is Bang on as Nargis in Sanjay Dutt Biopic” (2018年1月5日). 2020年2月23日閲覧。
  29. ^ Feryna Wazheir to play Nargis in 'Manto' - Times of India”. The Times of India. 2018年12月14日閲覧。
  30. ^ Lohana, Avinash LohanaAvinash. “Feryna Wazheir to portray young Nargis Dutt in Nandita Das's Manto”. Mumbai Mirror. 2018年12月14日閲覧。
  31. ^ “Archive News – The Hindu”. The Hindu. (2007年10月7日). http://www.hindu.com/lr/2007/10/07/stories/2007100750160200.htm 2017年7月30日閲覧。 

外部リンク編集