メインメニューを開く

ナンシー・リーバーマン

ナンシー・エリザベス・リーバーマンNancy Elizabeth Lieberman1958年7月1日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン区出身の女子バスケットボール選手・指導者。現在はNBAサクラメント・キングスのアシスタントコーチを務めている。

ナンシー・リーバーマン
Nancy Lieberman
Nancy Lieberman by Gage Skidmore.jpg
2017年のリバーマン
サクラメント・キングス AC
役職 アシスタントコーチ
殿堂 バスケットボール殿堂(選手)
身長(現役時) 178cm (5 ft 10 in)
--
基本情報
本名 Nancy Elizabeth Lieberman
愛称 レディーマジック
ラテン文字 Nancy Lieberman
誕生日 (1958-07-01) 1958年7月1日(61歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区
出身 ファーロックアウェイ高校
オールドドミニオン大学
ドラフト  
選手経歴
1980-1981
1986
1987
1997
2008
ダラス・ダイアモンズ
スプリングフィールド・フェイム
ロングアイランド・ナイツ
フェニックス・マーキュリー
デトロイト・ショック
指導者経歴
1998-2001
2009-2011
2015-
デトロイト・ショック
テキサス・レジェンズ (Dリーグ)
サクラメント・キングス(AC)

来歴編集

ユダヤ人の一家に生まれるが[1]、のちにキリスト教に改宗した[2]。高校在学中、モントリオール五輪に出場し、銀メダルを獲得。オールドドミニオン大学でも活躍し、1979年にウェードトロフィーを受賞。1980年のモスクワ五輪を目指すもボイコットにより出場は果たせず。

その後大学を中退し、女子プロリーグのWBLチームに所属する一方、男子プロリーグであるUSBLのチームとも契約。男子プロリーグでプレーする初の女子選手となった。また、エキシビションチームのワシントン・ジェネラルズでも活躍した。

1997年にWNBAが発足されると、フェニックス・マーキュリーに所属。39歳は当時のWNBA選手では最年長であった。

1998年引退。デトロイト・ショックのゼネラルマネージャー兼ヘッドコーチに就任。3シーズン指揮を執った。

退団後はESPNでバスケットボール解説者を務めた。

2008年7月24日、ショックにて7日間限定ながら50歳で現役復帰。

1996年にはバスケットボール殿堂、1999年には女子バスケットボール殿堂入りも果たしている。

2015年7月30日、サクラメント・キングスのアシスタントコーチに採用されると報じられた[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Paul Yogi Mayer (March 1, 2004). Jews and the Olympic Games: sport : a springboard for minorities. Vallentine Mitchell. p. 171. ISBN 978-0-85303-451-3. https://books.google.com/books?id=HXuBAAAAMAAJ 2018年4月4日閲覧。. 
  2. ^ Nancy Lieberman”. JewOrNotJew.com (2008年7月28日). 2018年4月4日閲覧。
  3. ^ Kings To Hire Nancy Lieberman As Assistant Coach”. RealGM.com (2015年7月30日). 2015年7月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集