ニアークティック系

ニアークティック系(ニアークティックけい、Nearctic Line)は、(主にサラブレッド)の父系の1つ。

概要編集

カナダ年度代表馬ニアークティックを祖とする父系で、主にノーザンダンサーを通じて父系を伸ばしている。早い時期からノーザンダンサー系の勢いが強く、配合できる牝馬が限られたため、それ以外の父系はそれ程広がりを見せなかった。アイスカペイドからクレヴァートリックやワイルドアゲインが出たことで、2000年代現在もスピードを良く伝える独立した父系の一つとして扱われる。

日本ではノノアルコからダイユウサクが出るなど、活躍馬を出していたものの、独自に父系が伸びるにはいたらなかった。米国で複数のG1馬を出しているワイルドラッシュが輸入されると、ワイルドラッシュ産駒で外国産馬として輸入されたパーソナルラッシュなどの活躍を受けて人気を集め、日本産馬からもトランセンドなどの活躍馬が現れた。

サイアーライン編集

Darley Arabian 1700
Bartlet's Childers 1716
 |Squirt 1732
  |Marske 1750
   |Eclipse 1764   ---←エクリプス系へ戻る
    |Potoooooooo 1773
     |Waxy 1790
      |Whalebone 1807
       |Sir Hercules 1826
        |Birdcatcher 1833
         |The Baron 1842
          |Stockwell 1849
           |Doncaster 1870
            |Bend Or 1877
             |Bona Vista 1889
              |Cyllene 1895
               |Polymelus 1902
                |Phalaris 1913   ←---ファラリス系へ戻る
                 |Pharos 1920
                  |Nearco 1935   ←---ネアルコ系へ戻る
                   |Nearctic 1954   ---→ニアークティック系(改行)

---↓ニアークティック系

Nearctic 1954
Northern Dancer 1961   ---→ノーザンダンサー系
|*ラングクレスト Langcrest 1961
|Champlain 1962
|*アークティックフラッシュ Arctic Flash 1964
|*ノーザンネイティヴ Northern Native 1966
| |インターネイティブ 1982
| |ビクトリーノーザン 1982
|Briartic 1968
| |Steady Growth 1976
|Coco La Terreur 1968
|Cool Moon 1968
Icecapade 1969
| |Clever Trick 1976
| | |Phone Trick 1982 →Caller One(g)1997
| | | |Intidab 1993
| | | |Favorite Trick 1995
| | | |Mazel Trick 1995
| | | |Zavata 2000
| | |*ビショップボブ Bishop Bob 1983
| | |Matchlite 1983
| | |Hadif 1986
| | |Anet 1994
| |*サーカペード 1977
| |Iceca Noble 1978
| |Hyperborean 1980
| |Wild Again 1980
| | |Wild Zone 1990
| | |ワイルドブラスター 1992
| | |Wild Event 1993
| | |*ワイルドラッシュ Wild Rush 1994 → Stellar Jayne 2001、Dream Rush 2004、アンペア 2006
| | | |*パーソナルラッシュ 2001
| | | |トランセンド 2006
| | |Wild Wonder 1994
| | | |Fusaichi Rock Star 2002
| | |Vicar 1996
| | |Milwaukee Brew 1997
| | |Sarava 1999
| | |Offlee Wild 2000
| | | |Bayern 2011
| | |Wild and Wicked 2000
| | |*ヘイアンワイルド 2001
| |Ski Champ 1986
|*イクスプロウデント Explodent 1969
| |Jet Diplomacy 1975
| |Explosive Bid 1978
| | |Expensive Decision 1986
| |Time to Explode 1979
| |Cognizant 1981
| |Holst 1984
|*ノノアルコ Nonoalco 1971 → Katies 1981
| |Noalcoholic 1977
| | |Alannon 1990
| | | |Falvelon 1996
| |Melyno 1979
| |Nikos 1981
| |カシマウイング 1983
| |アラワシジョー 1985
| |ダイユウサク 1985
| |トウショウマリオ 1985
|*トランスアランティック Transalantic 1972
|*エレナスボーイ Elena's Boy 1973
|*フロスティエスキモー Frosty Eskimo 1974
  • サイアーライン上は2012年現在、種付けを行った馬か種牡馬入りを発表した馬、→印の後は牝馬などの非種牡馬の代表産駒の一部を示す。また、日本調教馬における太字はG1級競走の勝ち馬を示す。