メインメニューを開く

バードキャッチャーまたはアイリッシュバードキャッチャーBirdcatcher or Irish Birdcatcher1833年 - 1860年)は、アイルランド競走馬種牡馬である。アイルランド初めての歴史的名馬で、1852,56年イギリスリーディングサイアーを獲得した。全弟にセントレジャーステークス優勝馬でのちにフランスで種牡馬として成功したフォアバラーがいる。

バードキャッチャー
"Birdcatcher" with jockey up.jpg
Samuel Spodeによる
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛 / ベンドア斑
生誕 1833年
死没 1860年3月
サーハーキュリーズ
グィッチオリ
生国 アイルランド
生産 ハント
馬主 ウィリアム・ディズニー
競走成績
生涯成績 15戦7勝(諸説あり)
テンプレートを表示

バードキャッチャーは15.3ハント (155 cm) と当時としては標準的な大きさで、均整のとれた優れた馬体の持ち主だった。栗毛に白い白斑を持ち、これはのちにザテトラークストックウェルに受け継がれた。この白斑はベンドア斑、またはバードキャッチャー斑と呼ばれバードキャッチャーやストックウェルが大種牡馬となったことで19世紀のサラブレッドには比較的よく見られたが、20世紀中ごろ以降出現はまれになっている。

生涯編集

バードキャッチャーはブラウンズタウン牧場で生産されウィリアム・ディズニーに買われた。1歳になるとウイルス性の肺炎にかかり安楽死も検討されたが、そこから奇跡的な回復を見せ後に奇跡の馬と呼ばれるようになる。

現役時代は2歳から4歳まで走り、全15戦全てアイルランドのカラ競馬場で走った。マドリッドステークス、カスニッシェとのマッチレース、ミルタウンステークス、ピールカップ、キルデアステークス、ロイヤルプレート、ウェリントンステークスに勝ち7勝を上げた。

引退後は種牡馬となりイギリス、アイルランド各地を転々とし7頭のクラシックホースを出した。その中でもセントレジャーステークスに勝ったザバロンはストックウェルの父となり直系は大繁栄した。また2勝馬オックスフォード (Oxford) はブランドフォード系の父方祖先となった。

イギリスで1852,1856年の2度リーディングサイアーを獲得したバードキャッチャーだったが、27歳の時種付けができなくなり馬主が警察に連絡して銃で処分された。イギリスでは非難の声がわき起こったが、当時のアイルランドは馬を銃で処分するといったことが日常的だった。

主な産駒編集

  • ザバロン (The Baron)  セントレジャーステークス、ストックウェルの父
  • チャンティクリア (Chanticleer)  ドンカスターカップ
  • ダニエルオルーク(Daniel O'Rourke) エプソムダービー
  • ソングストレス (Songstress)  オークス
  • バードオンザウィング (Bird on the Wing)
  • ナイトオブセントジョージ (Knight of St. George)  セントレジャーステークス
  • ハベナ (Hebena)  1000ギニー
  • マンガニーズ (Manganese) 1000 ギニー
  • ウォーロック (Warlock)  セントレジャーステークス
  • ソーンタラー (Saunterer)  グッドウッドカップ
  • オックスフォード (Oxford)

血統表編集

バードキャッチャー血統エクリプス系 / Eclipse 5.5×5=9.38%、Herod 5×5.5.5=12.5%、Highflyer 5×5=6.25%、Woodpecker 5×4=9.38%、Bagot 4×4=(母内)) (血統表の出典)

Sir Hercules
青毛 1826
父の父
Whalebone
鹿毛 1807
Waxy Potoooooooo
Maria
Penelope Trumpator
Prunella
父の母
Peri
1822
Wanderer Gohanna
Catherine
Thalestris Alexander
Rival

Guiccioli
栗毛 1823
Bob Booty
栗毛 1804
Chanticleer Woodpecker
Chanticleer's dam
Ierne Bagot
mare by Gamahoe
母の母
Flight
栗毛 1809
Escape Highflyer
mare by Squirrel
Young Heroine Bagot
Heroine F-No.11-d


外部リンク編集