メインメニューを開く

ニュースウェーブ』は、朝日放送テレビ(ABCテレビ)[1]1987年10月19日から1989年9月29日までに放送された平日夕方の関西ローカルワイドニュース番組。放送時間は18:00 - 18:42。

目次

概要編集

  • 同時期に開始した全国ニュースの『ニュースシャトル』が19:20からの放送だったため、当番組は本格的な大型のローカルワイドニュースとしてスタートした。
  • 番組のキャスターは当時アナウンサーだった中原秀一郎と、『たいむ6』に引き続いての永井由起子が務めた。番組の予告編の決まり文句として、「ニュースのようで、ニュースでない。でもやっぱりニュースなんです」というフレーズがあった。また、当時のローカルワイドニュースとしては珍しいコメンテーターも起用。様々なジャンルの人物が登場し、その中には当時ABCラジオのパーソナリティーとして人気を博していた歌手やしきたかじんもいた。
  • 同時刻には『パオパオチャンネル』が放送されていたが、ABCはネットを断り、その代わりとして『ピッカピカ音楽館』をミニ番組として別枠で放送した。なお、同番組についてはANNの大半の局がネットを拒み[2]、西日本地域では『ピッカピカ音楽館』以外放送されていなかった。
  • 一時は、本編に続いて『ニュースウェーブα』というミニ番組を放送していた。
  • 『ニュースシャトル』の開始時刻が18:00にまで繰り上がった1989年4月3日からは、当番組を18:20から放送するとともに、ストレートニュース主体の内容に一新、同年9月29日まで半年間放送された。そして、全国ニュースが『600ステーション』になった10月2日からは、同番組の関西ローカルパートとして、当番組に代わって『600ステーションABC』が放送された。

出演者編集

◎:出演時点で朝日放送のアナウンサー

メインキャスター編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ 2018年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更により現在の朝日放送グループホールディングス株式会社にあたる旧・朝日放送株式会社。
  2. ^ 同番組はテレビ朝日と静岡けんみんテレビ(現・静岡朝日テレビ)しか放送されていなかった。

関連項目編集