ニルヴァーナ (ハービー・マン&ビル・エヴァンス・トリオのアルバム)

ハービー・マン&ビル・エヴァンス・トリオのアルバム

ニルヴァーナ』(Nirvana)は、ハービー・マンビル・エヴァンス・トリオの連名で1961年から1962年に録音され、1964年にマンの所属レーベルであるアトランティック・レコードから発売されたスタジオ・アルバム

ニルヴァーナ
ハービー・マン&ビル・エヴァンス・トリオスタジオ・アルバム
リリース
録音 1961年12月8日(#1, #3, #4, #5)、1962年5月4日(#2, #6) ニューヨーク[1]
ジャンル ジャズ
時間
レーベル アトランティック・レコード
プロデュース ネスヒ・アーティガン
専門評論家によるレビュー
ハービー・マン アルバム 年表
ラテン・フィーヴァー
(1964年)
ニルヴァーナ
(1964年)
マイ・カインダ・グルーヴ
(1965年)
テンプレートを表示

解説編集

スコット・ラファロの死後、ビル・エヴァンス・トリオはチャック・イスラエルを新ベーシストとして迎え[2]、本作のために行われた1961年12月8日のセッションは、イスラエル加入後としては最初期のスタジオ・レコーディングに当たる[1]。なお、ハービー・マンとエヴァンスは、1958年にもミシェル・ルグランのアルバム『ルグラン・ジャズ』、チェット・ベイカーのアルバム『チェット』のセッションで共演した[1]

ケン・ドライデンはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け「抑制的な"Willow Weep for Me"と、印象派の作曲家エリック・サティの"Gymnopedie"は、トリオのバッキングは極めて控え目だが、マンの演奏のリリシズムが引き出されている」「ハービー・マン、ビル・エヴァンスのいずれのファンも、この楽しめる曲集を入手しておきたいことだろう」と評している[3]

収録曲編集

  1. ニルヴァーナ - "Nirvana" (Herbie Mann) - 5:51
  2. ジムノペディ - "Gymnopedie" (Erik Satie) - 3:18
  3. アイ・ラヴ・ユー - "I Love You" (Cole Porter) - 7:17
  4. 柳よ泣いておくれ - "Willow Weep for Me" (Ann Ronell) - 5:34
  5. ラヴァー・マン - "Lover Man" (Jimmy Davis, Ram Ramirez, James Sherman) - 4:52
  6. カシミア - "Cashmere" (H. Mann) - 6:45

参加ミュージシャン編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Bill Evans Discography”. Jazz Discography Project. 2018年2月3日閲覧。
  2. ^ Simon, Elliott (2007年1月17日). “Chuck Israels”. All About Jazz. 2018年2月3日閲覧。
  3. ^ Dryden, Ken. “Nirvana - Herbie Mann, Bill Evans Trio”. AllMusic. 2018年2月3日閲覧。

外部リンク編集