メインメニューを開く

ネクストジャパンホールディングス

株式会社ネクストジャパンホールディングスは、かつて存在した日本のアミューズメント企業の持株会社。会員制アミューズメントレジャー施設「JJ CLUB 100」の運営を行っているブレイクを傘下に持っていたが、2012年7月1日、Jトラスト株式会社に吸収合併された。

株式会社ネクストジャパンホールディングス
NEXT JAPAN HOLDINGS COMPANY, LIMITED
種類 株式会社
市場情報
東証マザーズ 2409
2012年4月25日上場廃止
本社所在地 103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町2-1-3 芳文社浅草橋ビル4階
設立 1993年8月11日
業種 サービス業
事業内容 グループの統括及び管理
代表者 代表取締役会長 藤澤信義
資本金 90百万円
(2011年7月31日現在)
発行済株式総数 45万3470株
(2011年7月31日現在)
売上高 連結40億79百万円
(2011年7月期)
営業利益 連結1億62百万円
(2011年7月期)
純利益 連結△4億93百万円
(2011年7月期)
純資産 連結△3億91百万円
(2011年7月31日現在)
総資産 連結137億12百万円
(2011年7月31日現在)
従業員数 連結71名(2011年7月31日現在)
決算期 7月31日
主要株主 藤澤信義 34.58%
レスポワール投資事業有限責任組合 14.94%
アドアーズ株式会社 9.85%
株式会社西京銀行 4.96%
(2011年7月31日現在)
主要子会社 株式会社ブレイク 100%
アドアーズ株式会社 34.17%(持分法適用会社)
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1993年 - 株式会社ネクストジャパン(旧法人)として設立。
  • 1998年 - 大阪市西区に本社を移転。
  • 2004年 - 東京証券取引所マザーズ市場に上場。吹田市に本社を移転。
  • 2006年 - 東京支社を閉鎖。
  • 2007年 - 会社分割を行い、子会社(新)株式会社ネクストジャパンを設立して、持株会社体制へ移行。商号を株式会社ネクストジャパンホールディングスに変更する。
  • 2008年6月末 - 上場時価総額が5億円未満になり上場基準に抵触。
  • 2009年4月23日 - 株式会社ブレイクを子会社化。
  • 2009年5月13日 - アドアーズ株式会社(後の株式会社KeyHolder)と業務・資本提携を行う。
  • 2009年9月1日 - 株式会社ネクストジャパンがネクストジャパンコンサルティングを吸収合併(存続会社株式会社ネクストジャパン)。
  • 2009年11月24日 - 東京都中央区に本社機能移転。
  • 2010年3月31日 - アドアーズ株式会社を持分法適用会社とする。
  • 2010年8月1日 - 株式会社ネクストジャパンが株式会社ブレイクを吸収合併し、株式会社ブレイクに社名変更。
  • 2010年11月19日 - 株式会社ライブレントの全株式を取得し子会社化。
  • 2012年4月25日 - 株式会社ライブレントの全株式を、株式会社バニラ(保有不動産のテナント)に譲渡[1]
  • 2012年4月30日 - Jトラスト株式会社が、株式交換により株式会社ネクストジャパンホールディングスを完全子会社化[2]
  • 2012年7月1日 - Jトラスト株式会社が株式会社ネクストジャパンホールディングスを吸収合併し、株式会社ネクストジャパンホールディングスは解散[3]

関連会社編集

株式会社ブレイク編集

  • 事業内容:「JJ CLUB 100」の直営店の運営、アミューズメント施設の運営、アミューズメント商品の販売・企画
  • 現在はフォーサイドグループの株式会社フォーサイドメディアの完全子会社となっている。

脚注・出典編集