ノダケ(野竹、学名:Angelica decursiva)はセリ科シシウド属多年草

ノダケ
Angelica decursiva 4.JPG
福島県会津地方 2012年9月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: シシウド属 Angelica
: ノダケ A. decursiva
学名
Angelica decursiva (Miq.) Franch. et Sav.
シノニム
  • 本文記載
和名
ノダケ(野竹)

特徴編集

は太く束状になる。は暗紫色を帯び、直立し、上部はわずかに分枝して、高さは80-150cmになる。は互生し、柄があり、ふつう3出羽状複葉または羽状複葉になり、小葉や裂片は長卵形、楕円形、長楕円形で、縁には軟骨質で硬い鋸歯があり、葉の裏側は白色を帯びる。頂小葉の基部は葉柄に流れて翼になり、葉柄の下部は袋状にふくらむ。

花期は9-11月。茎頂か、分枝した先端に暗赤色の複散形花序をつける。は5弁花で、花弁は暗紫色まれに白色で、歯片はない。雄蕊は5本。果実は長さ4-6mmの平たい広楕円形になる。分果の背隆条は脈状、側隆条は広い翼状になり、油管は表面側の各背溝下に1-4個、分果が接しあう合生面に4-6個ある。果実にはカレー粉に似た香りがある。

分布と生育環境編集

日本では、本州、四国、九州に分布し、山野に生育する。世界では朝鮮、ウスリー、中国、インドシナに分布する。なお、多くの図鑑などでは、分布は「本州(関東地方以西)」とあるが、東北地方でも分布が確認されている[1][2][3]

利用編集

根を薄く切って日干しにしたものを前胡といい生薬として用いられる。

シノニム編集

  • Porphyroscias decursiva Miq.
  • Peucedanum decursivum (Miq.) Maxim.

下位分類編集

  • シロバナノダケ Angelica decursiva (Miq.) Franch. et Sav. f. albiflora (Maxim.) Nakai
  • ホソバノダケ Angelica decursiva (Miq.) Franch. et Sav. f. angustiloba (Makino) Hatus. et Nakash.
  • ウスイロノダケ Angelica decursiva (Miq.) Franch. et Sav. f. discolor (Makino) Hatus. et Nakash.

ギャラリー編集

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 藤原陸夫著『秋田県植物分布図(第2版)』2000年、秋田県環境と文化のむら協会
  2. ^ 『岩手県植物誌』1970年、岩手県教育委員会
  3. ^ 『福島県植物誌』1987年、福島県植物誌編さん委員会