メインメニューを開く

ハイラム・ケラー(Hiram Keller, 1944年5月3日 - 1997年1月20日)は、ヨーロッパで活動したアメリカ合衆国出身の俳優モデル

ハイラム・ケラー
Hiram Keller
本名 Hiram Keller Undercofler Jr.
生年月日 (1944-05-03) 1944年5月3日
没年月日 (1997-01-20) 1997年1月20日(52歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ジョージア州バルドスタ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ジョージア州アトランタ
身長 183cm[1]
職業 俳優モデル
配偶者 Kristina St. Clair (1981-1987)
主な作品
サテリコン
バイオスパン/暗黒の実験
本当に若い娘
カントリーマン
テンプレートを表示

来歴編集

1944年5月3日アメリカ合衆国ジョージア州バルドスタに、ジョージア州最高裁判所首席判事の息子として生まれる。リー・ストラスバーグが主宰するニューヨークの名門演劇学校アクターズ・スタジオで演技を学び、女優のモニーク・ヴァン・ヴーレンの招きでブロードウェイミュージカルヘアー』のオリジナルキャストに起用された。俳優業と並行してランウェイモデルや写真モデルとしても活動し、ニューヨークではアンディ・ウォーホルとともにアンダーグラウンド・シーンで芸術活動に取り組んだ。

1969年フェデリコ・フェリーニ監督のイタリアフランス合作映画『サテリコン』でメインキャストのアシルト役に起用された。アシルト役にはもともとピエール・クレマンティの起用が想定されており、ケラーはクレマンティの代役にすぎなかった。しかし、『サテリコン』の共同脚本家であり、フェリーニと長年に渡って仕事をともにしたベルナルディーノ・ザッポーニは「(ケラーは)とても画面映えのする笑顔の持ち主であり、自らの演じる役どころを完璧に理解していた」と述懐している[2]

ケラーは『サテリコン』への出演により国際的に注目され、ヨーロッパの映画やテレビドラマで主要な役柄を演じていった。1969年にギリシャの映画『Orestis』で主演を務め、1970年にはイタリア・西ドイツ・フランス合作映画『栄光への戦い』でジョン・フィリップ・ローと共演した。1973年にはイタリアのコメディ映画Sono stato io!』でメインキャラクターを演じ、フランス・イタリア・西ドイツの合作によるジャッロホラー映画ジェーン・バーキン in ヴェルヴェットの森』や、1975年に製作された西ドイツのスリラー映画バイオスパン/暗黒の実験』でも主人公を演じた。このほか、ヤンチョー・ミクローシュが監督したイタリアの歴史テレビドラマ『Roma rivoule Cesare』『Orlando furioso』にも参加している。

1997年1月20日肝癌のため、52歳で死去。『ヘアー』に出演していた青年時代にはすでにC型肝炎ウイルスに襲われていたと推察される。晩年は俳優業から身を退き、生まれ故郷のジョージア州アトランタで家族とともに過ごしていた。1982年に公開されたジャマイカカルト映画カントリーマン』が遺作となった。

私生活編集

1981年に女優のクリスティーナ・クレア(Kristina St. Clair)と結婚し、1987年に離婚した。2人の間にはセレナという名前の娘がいる。

主な出演作品編集

映画編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
1969 サテリコン
Satyricon
アシルト
1970 栄光への戦い
Strogoff
イワン・オガリョフ
1973 ジェーン・バーキン in ヴェルヴェットの森
La morte negli occhi del gatto
(Seven Deaths in the Cat's Eye)
ジェームズ・マクグリフ 別邦題『ヴェルヴェットの森』
1975 バイオスパン/暗黒の実験
Lifespan
ベン・ランド博士
1976 本当に若い娘
Une vraie jeune fille
(A Real Young Girl)
ピエール=エヴァリスト・ルナール / ジム
1982 カントリーマン
Countryman
ボビー・ロイド

脚注編集

  1. ^ Hiram Keller - Biography (インターネット・ムービー・データベース)
  2. ^ Zepponi, Bernardino (1997). My friend Fellini. Munich. p. 61. 

外部リンク編集