メインメニューを開く

ハサナル・ボルキア国立競技場

ハサナル・ボルキア国立競技場(ハサナル・ボルキアこくりつきょうぎじょう、マレー語: Stadium Sultan Hassanal Bolkiah)は、ブルネイ首都バンダルスリブガワンにある多目的競技場である。主としてサッカー試合に利用されている。1983年に開場し、1999年東南アジア競技大会開催を控え、大型映像ビジョンの設置や観客席の修繕が行われた[1]。競技場の収容人数は30,000人。

ハサナル・ボルキア国立競技場
"Stadium Sultan Hassanal Bolkiah"
Sultan Hassanal Bolkiah Stadium (12709367113).jpg
ハサナル・ボルキア国立競技場の位置(ブルネイ内)
ハサナル・ボルキア国立競技場
施設情報
所在地 ブルネイの旗 ブルネイブルネイ・ムアラ地区バンダルスリブガワン
位置 北緯4度55分44.5秒 東経114度56分43.6秒 / 北緯4.929028度 東経114.945444度 / 4.929028; 114.945444座標: 北緯4度55分44.5秒 東経114度56分43.6秒 / 北緯4.929028度 東経114.945444度 / 4.929028; 114.945444
起工 1980年8月
開場 1983年9月23日
修繕 1999年
所有者 ブルネイ文化省スポーツ局
運用者 ブルネイ文化省スポーツ局
グラウンド 天然芝
大型映像装置 1999年設置
建設費 B$1,000,000,000
設計者 SAAパートナーシップ
使用チーム、大会
サッカーブルネイ代表
ブルネイDPMM FC
収容能力
30,000人
アクセス
バンダルスリブガワンバスターミナルから環状ライン乗車

建設の経緯編集

ブルネイ・ダルサラーム国では異例のことであるが、この競技場の建設資金の一部は、一般国民からの寄付によって調達された。最終的な寄付金額は1,102,761.57ブルネイ・ドルであり、建設費(約1億ブルネイ・ドル)の約1.1%が充足された。建設費に占める寄付金の比率は小さいものの、ブルネイ国民が競技場の設置に大きな関心を持ち、支援をしたということを示す出来事であった。

開場式典編集

この競技場は、ハサナル・ボルキア国王の父で先代の国王であるオマール・アリ・サイフディン三世の70歳の誕生日に合わせて1983年9月23日に開場した。

開場日の夕方にはサッカーの親善試合が開かれ、サッカーブルネイ代表イングランドクラブチームシェフィールド・ユナイテッドFCが対戦した。この試合は、この競技場で開催された初のサッカー大会となった。時差と多湿な気候という条件の中、シェフィールド・ユナイテッドFCはブルネイ代表に1-0で勝利した。翌日にも同じ対戦カードで試合が行われたが、1-1の引き分けに終わった。

主な開催試合編集

日本との関係編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ Rozan Yunos(2008)
  2. ^ アジアオリンピック評議会"Olympic Council of Asia:Games" Brunei 1999 - 20th Southeast Asian Games
  3. ^ 飛島建設株式会社"施工作品/国際/ブルネイ/国立競技場競泳プール建設工事"(2011年2月28日閲覧。)
  4. ^ 株式会社コトブキ"スタジアム 都道府県別一覧|株式会社コトブキ"(2011年3月3日閲覧。)
先代:
ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム
インドネシア
東南アジア競技大会
主会場

1999年
次代:
ブキット・ジャリル国立競技場
マレーシア