メインメニューを開く

ハビタット評価認証制度(はびたっとひょうかにんしょうせいど、: Japan Habitat Evaluation and Certification Program, JHEP )は、日本生態系協会が2008年12月に創設した、生物多様性の保全や回復に資する取り組みを評価、認証する制度。

目次

概要編集

アメリカ合衆国内務省により開発されたハビタット評価手続き(HEP)を応用して、日本で新たに構築された制度。「動物評価種のすみやすさ(HSI)」と「みどりの地域らしさ(VEI)」の観点から、生態系や生物多様性の相対的な価値を客観的、定量的に評価する。企業・団体・行政等による生物多様性の保全や回復に資する取り組みを評価し、12段階にランク付けすることで、生物多様性の保全に貢献する事業を普及させることを目的としている。

認証された取り組み(認証年順)編集

再認証されたものもある。

参考文献編集

  • 財団法人日本生態系協会『環境アセスメントはヘップ(HEP)でいきる』ぎょうせい、2004年。ISBN 4324072965
  • 公益財団法人日本生態系協会『ハビタット評価認証制度 考え方と基準』、2014年。
  • 田中章『HEP入門―ハビタット評価手続きマニュアル』朝倉書店、2006年。ISBN 4254180268

外部リンク編集