西松建設

日本の建設会社

西松建設株式会社(にしまつけんせつ)は、東京都港区虎ノ門に本社がある大手総合建設業者(準大手ゼネコン)である。東京証券取引所プライム市場に上場している。

西松建設株式会社
Nishimatsu Construction Co., Ltd.
西松建設「未来を創る現場力」.jpg
虎ノ門ヒルズビジネスタワー.jpg
本社・虎ノ門ヒルズビジネスタワー
種類 株式会社
市場情報
東証プライム 1820
1961年11月16日上場
略称 西松建
本社所在地 日本の旗 日本
105-6407
東京都港区虎ノ門一丁目17番1号
虎ノ門ヒルズビジネスタワー6・7F
設立 1937年(昭和12年)9月20日
業種 建設業
法人番号 8010401021454 ウィキデータを編集
事業内容 土木建築および機器装置その他建設工事全般に関する請負 他
代表者 髙瀨伸利代表取締役社長執行役員社長)
一色眞人(代表取締役兼執行役員副社長)
資本金 235億1364万3819円
(2022年3月31日現在)
売上高 連結:3,237億54百万円
単体:3,177億07百万円
(2022年3月31日現在)
営業利益 連結:235億40百万円
単体:238億51百万円
(2022年3月31日現在)
純資産 連結:2,075億37百万円
単体:2,032億30百万円
(2022年3月31日現在)
総資産 連結:4,776億13百万円
単体:4,624億00百万円
(2022年3月31日現在)
従業員数 連結:3,106人、単体:2,794人
(2022年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 16.17%
伊藤忠商事株式会社 10.13%
株式会社日本カストディ銀行(信託口)6.74%
明治安田生命保険相互会社 2.31%
西松建設持株会 2.06%
主要子会社 西松地所
西松アセットマネジメント
泰国西松建設
西松ベトナム
サイテックファーム
西松リアルエステート・デベロップメント(アジア)社
バンコクサトーンホテルマネジメント社
関係する人物 石橋直(元社長)
近藤晴貞(元社長)
外部リンク https://www.nishimatsu.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

創業は1874年(明治7年)。ダムトンネルなど、大型官庁土木工事を得意とする。スーパーゼネコン5社(鹿島建設清水建設大成建設大林組竹中工務店)に次ぐ「準大手Aゼネコン」の一角として強固な財務体質を備え、同じく「準大手A」の建築を主体とする戸田建設との業務提携を結んでいる。創業から大型土木工事を得意としているが、近年では超高層ビル・マンション、学校・病院建設といった建築部門、不動産開発事業にも注力している。ビル建設では住友不動産からの発注が多い。また、東南アジアを中心に海外の工事受注も増加している。配当性向7割超。

破産した、大阪市住吉区に本社のあった ニシマツコーポレーション(旧社名:西松建設) とは無関係。

沿革編集

  • 1874年 - 西松桂輔が土木建築請負業を創業する。
  • 1914年6月 - 西松工業所となる。
  • 1929年12月 - 合資会社西松組に改組する。
  • 1937年9月 - 新たに株式会社西松組を設立し、合資会社西松組を合併。
  • 1948年7月 - 商号を西松建設株式会社に変更する。
  • 1961年2月 - 松栄不動産株式会社(連結子会社)を設立。
  • 1961年11月 - 東京証券取引所第二部に上場する。
  • 1963年8月 - 東京証券取引所第一部に変更。
  • 2006年4月 - 執行役員制度の導入。
  • 2010年
    • 3月 - 西松地所株式会社(連結子会社)を設立。
    • 7月 - 支社制度に移行(関東土木支社、関東建築支社、北日本支社、西日本支社、九州支社)
  • 2012年1月 - 玉川大学との産学連携事業がスタート。
  • 2015年4月 - 新コーポレートスローガン「未来を創る現場力」[1] を制定。
  • 2016年
  • 2017年4月 - 電子マニフェストの利用率実質100%を達成。(ゼネコン初)
  • 2018年
  • 2019年
    • 2月 - 「健康経営銘柄2019[2]」(ゼネコン初)に選定される。
    • 5月 - 「2019年版日経環境経営度ランキング」でゼネコン業界1位の評価獲得。
    • 11月 - 「第54回日本産業広告賞」で第1席を受賞。
  • 2020年
    • 1月 - 「服装自由化」の取組を開始(ゼネコン初)。 CDP 発行の CDP 気候変動 レポート 2019 にてスコア「A-」として認定。
    • 3月 - 旧本社ビル(西松ビル)を含む周辺地域の再開発に伴い、本社を虎ノ門ヒルズ(ビジネスタワー)へ移転。
    • 4月 - 新型コロナウイルス緊急事態宣言を受けて「工事一時中止」の方針を発表。
  • 2021年10月 - 「第48回日経産業新聞広告賞」で大賞を受賞。

歴代社長編集

西松組社長
西松建設社長

本社・支社編集

施工実績編集

建築工事編集

イオンモール札幌発寒 イオンモール高松
イオンモール直方 イオンモール鹿児島
イオンモール徳島 イオンモール綾川
トツカーナ くるる
木の葉モール橋本 ココリ
大野城サティ 福島サティ
JR九州筑紫口ビル 六本木ティーキューブ
住友不動産渋谷ガーデンタワー 恵比寿ファーストスクエア
IKEA福岡新宮 ナショナルトレーニングセンター
福岡県西警察署 千葉県消防学校・防災研修センター
日本大学文理学部新本館 学校法人常翔学園 梅田キャンパス
慶應義塾大学日吉学生寮(JHEP認証を受けている。) 慶應義塾三田インフォメーションプラザ
徳島文理大学2号館 沖縄科学技術大学院大学宿舎
日本大学習志野高等学校 徳島県立海部病院
高松市立みんなの病院 東京警察病院
浜の町病院 KKRホテル博多
グランドエクシブ那須白河 ホテル金沢
住友不動産渋谷タワー ブランズ横浜
ザ・パークハウス中野タワー 可児市文化創造センター
アトラスタワー本郷駅前 パークタワーあべのグランエア
ラ・トゥール代官山 パークスクエア相模大野タワー&レジデンス
ココロット鶴ヶ峰 ベルヒル北野田
秋田県立武道館 埼玉県立武道館
キヤノン平塚第二事業所 プロロジスパーク千葉ニュータウン
プロロジスパーク杉戸1 GLP鳴尾浜
グッドマン堺 日本科学未来館
シティタワー大井町 高田松原国営追悼・祈念施設
羽田エアポートガーデン 住友不動産麹町ガーデンタワー
DPL流山IV プロロジスパーク猪名川2
柳川市民文化会館

土木工事編集

横瀬川ダム
河内川ダム 胆沢ダム 益田川ダム 庶路ダム
深城ダム 柿崎川ダム 月山ダム 牧尾ダム
徳富ダム みやこトンネル 福大トンネル 雁坂トンネル
来島海峡大橋 東京湾アクアライン 新名神高速みえ川越インター 稲荷山トンネル
青函トンネル 近畿自動車道吹田インター 新名神高速鈴鹿トンネル 新名神高速猪名川東・中工事
新鳥栖駅(九州新幹線) 首都高速中央環状新宿線 新東名高速東海ジャンクション 東北新幹線上野寛永寺トンネル
大鳴門橋 明石海峡大橋 新東名高速島田第一トンネル リニア山梨実験線高川トンネル
新横浜駅(東海道新幹線) 北海道新幹線桜岱高架橋 京葉線 羽田沖トンネル 北海道新幹線館沢トンネル
神戸空港 関西空港2期空港島埋立 北陸新幹線飯山トンネル 東京メトロ副都心線・戸山工区
中部国際空港 能登空港 三沢基地 大仏山メガソーラー発電所
鍋立山トンネル 仙台東共同溝 橘湾火力発電所 碧南火力発電所
能代火力発電所 平野川調節池 首都圏外郭放水路第3立坑 東京都水道局江北給水所
佐賀市清掃工場 高槻水みらいセンター 横浜市南部水再生センター 高槻市ごみ処理施設
葛飾清掃工場 くりーんプラザ・竜 香川県 直島環境センター 日比谷公園地下駐車場

海外工事編集

バンコク地下鉄(タイ) バンパコン川防潮水門(タイ) UOBプラザビル(シンガポール)
シンガポール国立図書館 シンガポール地下鉄ダウンタウンライン シンガポール地下鉄サークルライン
高雄地下鉄(台湾) ロアシンマンダム(香港) 香港地下鉄観塘延伸線
香港地下鉄南港線 アルドリッチベイ第4期共同住宅(香港) ラマ島発電所(香港)
タイラムトンネル(香港) 香港第三海底トンネル 香港新空港
英仏海峡トンネル(イギリス) ルーシャムトンネル(イギリス) パハン~セランゴール導水路トンネル(マレーシア)
クチン市下水(マレーシア) ナムトゥンダム(ラオス) ニャコンバ地方灌漑(ジンバブエ)
ダブリンポートトンネル (アイルランド)

主な再開発事業編集

主なPPP/PFI事業編集

主な宅地開発編集

  • 利府町新中道土地区画整理事業(宮城県宮城郡利府町)
  • 仙台市荒井西土地区画整理事業(宮城県仙台市)
  • ホームタウン手稲西「明日風のまち」(北海道札幌市、札幌市曙西土地区画整理事業施行区域内、北海道ジェイ・アール都市開発と)
  • ガーデンシティ美咲野(熊本県菊池郡大津町、九州旅客鉄道、清水建設と)
  • びゅうヴェルジェ安中榛名(群馬県安中市、東日本旅客鉄道とジェイアール東日本都市開発、鉄建建設らと)
  • 感田東土地区画整理事業(福岡県直方市、代行)
  • なとり りんくうタウン 杜せきのした(広域都市計画事業 名取市関下土地区画整理事業/名取市増田字柳田他の一部、名取市下増田字日影前他の一部)

不祥事編集

裏金事件
シンガポール地下鉄工事
シンガポール交通局から受注した地下鉄工事において、2004年4月にトンネル開削部が崩壊、さらに付随して発生した火災等により作業員4人が死亡する事故が発生した。シンガポール政府による事故調査委員会は2005年5月に、設計と事故区画の施工を担当した西松建設が犯したミスが原因であると断定した。[8] この事故などが元となり、2006年3月決算において約235億円の損失計上がされることになった[9]
華人労務者
2009年10月23日、太平洋戦争中に強制連行され過酷な労働を強いられたとして、中国人元労働者らが損害賠償を求めてきたことに対して、西松建設は歴史的責任を認め謝罪し、被害救済を目的とした基金を設立することで元労働者側と合意、東京簡裁で和解が成立した。(詳しい経緯は、華人労務者の損害賠償請求裁判を参照。)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集