ハヤブサ

タカ目ハヤブサ科ハヤブサ属に分類される鳥類

ハヤブサ(隼、鶻、鸇、Falco peregrinus)は、ハヤブサ目ハヤブサ科ハヤブサ属に分類される鳥類である。

ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ Falco peregrinus
保全状況評価[a 1][a 2]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ハヤブサ目 Falconiformes
: ハヤブサ科 Falconidae
亜科 : ハヤブサ亜科 Falconinae
: ハヤブサ属 Falco
: ハヤブサ F. peregrinus
学名
Falco peregrinus Tunstall, 1771
和名
ハヤブサ
英名
Peregrine Falcon
PeregrineRangeMap.png
黄:繁殖地、青:越冬地、緑:周年生息地

分布編集

 
ハヤブサの分布。緑の地域では留鳥、黄の地域では夏鳥、青の地域では冬鳥。

地球上の南極大陸を除く地域に分布する[1]

  • F. p. furuitii シマハヤブサ

日本(北硫黄島<絶滅?>)[a 3]

種小名peregrinusは「外来の、放浪する」の意味である[2]。寒冷地に分布する個体群は、冬季になると温帯域や熱帯域へ移動し越冬する[3]。日本では亜種ハヤブサが周年生息(留鳥)し、冬季に亜種オオハヤブサが越冬のため稀に飛来する(冬鳥)[4]

形態編集

メスの方が大型になり[3]、全長はオス38-45センチメートル、メス46-51センチメートル程度である[1]。翼開張時は84-120センチメートル[1]。体重0.5-1.3キログラム[3]。頭部の羽衣は黒い。頬に黒い髭状の斑紋が入る[1]。体上面や翼上面の羽衣は青みがかった黒[4]。喉から体下面の羽衣は白く、胸部から体側面にかけて黒褐色の横縞が入る[1][4]

眼瞼は黄色く[1]虹彩は暗褐色[4]。嘴の色彩は黒く、基部は青灰色[4]。嘴基部を覆う肉質(蝋膜)は黄色[1][4]

分類編集

 
各亜種の営巣地

ハヤブサは19亜種に分けられる[3]

  • Falco peregrinus anatum  アメリカハヤブサ
  • Falco peregrinus calidus  ウスハヤブサ
  • Falco peregrinus furuitii  シマハヤブサ
  • Falco peregrinus harterti シベリアハヤブサ
  • Falco peregrinus japonensis ハヤブサ
  • Falco peregrinus pealei  オオハヤブサ
  • Falco peregrinus peregrinus Tunstall, 1771
  • Falco peregrinus tundrius  ツンドラハヤブサ - など

生態編集

ヒトが建設した高層ビル群での営巣例も確認されているものの、自然界でのハヤブサは、河川、湖沼、海岸などの周辺に生息する。

食性は動物食の猛禽類で、主にスズメハトムクドリヒヨドリなどの体重1.8キログラム以下の鳥類を食べる[3]。獲物は飛翔しながら後肢で捕えたり、水面に叩きつけて捕える[4]。水平飛行時の速度は100 (㎞/h)前後、急降下時の速度は、飼育しているハヤブサに疑似餌を捕らえさせるという手法で計測したところ、390 (km/h)を記録した。和名は「速い翼」が転じたと考えられている[2]

繁殖形態は卵生。巣を作らずに(人工建築物に卵を産んだり、他の鳥類の古巣を利用した例もある[4])、日本では3月か4月に、3個か4個の卵を断崖の窪みに産む[3]。主にメスが抱卵し、抱卵期間は29-32日[3]。雛は孵化してから35-42日で巣立つ[3]。生後2年で性成熟する[3]

ヒトとの関係編集

開発や採掘による生息地の破壊などにより生息数は減少している[a 3]1993年絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行に伴い亜種シマハヤブサと亜種ハヤブサが、日本における希少野生動植物種に指定されている[a 3]イギリスでは、太陽光発電所太陽光パネルに糞をするカモメを追い払うために、ハヤブサを定期的に放している発電所が存在する[5]。 その一方で、現代の都市部は彼らが営巣する断崖絶壁に類似した高層ビルが多く、また獲物の小鳥やネズミなども確保できることから、高層ビルに生活圏を移して個体数を増加させつつあるとの指摘もなされている。

絶滅環境省レッドリスト[a 3]
  • F. p. japonensis ハヤブサ
絶滅危惧II類 (VU)環境省レッドリスト[a 3]

画像編集

関連項目編集

参考文献編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 五百沢日丸 『日本の鳥550 山野の鳥 増補改訂版』、文一総合出版、2004年、56-57頁。
  2. ^ a b 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社、2008年、266-267頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 黒田長久 監修、C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科7 鳥類I』、平凡社、1986年、182頁。
  4. ^ a b c d e f g h 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、174-175頁。
  5. ^ CASSIE WERBER (2014年8月4日). “英国が太陽光発電のホットスポットに”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303513604580070541989783432 2014年8月11日閲覧。 

外部リンク編集