ハリウッド・トラブル

ハリウッド・トラブル』(I'll Do Anything)は、ジェームズ・L・ブルックス脚本・監督による1994年製作のアメリカ映画。『ブロードキャスト・ニュース』と『恋愛小説家』の間に製作された。

ハリウッド・トラブル
I'll Do Anything
監督 ジェームズ・L・ブルックス
脚本 ジェームズ・L・ブルックス
製作 ジェームズ・L・ブルックス
ポリー・プラット
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ミヒャエル・バルハウス
編集 リチャード・マークス
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年2月4日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $10,424,645[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

主人公マットは、かつては有名な賞にノミネートされたほどの俳優だったが、いまは売れていない。運転手をやりながら起死回生を狙っている。ハリウッドキャスティングを担当する女性と恋仲になったり、逮捕された元妻から引き取った娘が子役としてデビューするチャンスをつかんだりもする。

フランク・キャプラの『オペラハット』のリメイクの主演に抜擢されそうになるが……。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ a b I'll Do Anything (1994)”. Box Office Mojo. 2010年1月12日閲覧。

外部リンク編集