ハリー・ブラックマン

ハリー・アンドリュー・ブラックマン(Harry Andrew Blackmun、1908年11月12日 - 1999年3月4日)は、1970年から1994年まで、アメリカ合衆国連邦最高裁判所陪席判事アメリカ合衆国法律家。ブラックマンは共和党リチャード・ニクソン大統領よって指名された。リベラル派の判事の一人に数えられる。 人工妊娠中絶の禁止を無効としたロー対ウェイド事件の法廷意見を執筆したことで最もよく知られている[1]

ハリー・ブラックマン
Justice Blackmun Official.jpg
アメリカ合衆国連邦最高裁判所陪席判事
任期
1970年5月14日 – 1994年8月3日
前任者エイブ・フォータス英語版
後任者スティーブン・ブライヤー
個人情報
生誕ハリー・アンドリュー・ブラックマン
(1908-11-12) 1908年11月12日
アメリカ合衆国イリノイ州
死没1999年3月4日(90歳没)
アメリカ合衆国バージニア州アーリントン郡
墓地アーリントン国立墓地
政党共和党
教育ハーバード大学 (A.B.)
ハーバード・ロー・スクール (LL.B.)

脚注編集

  1. ^ Greenhouse 2005, p. 250

参考文献編集

  • Greenhouse, Linda (2005). Becoming Justice Blackmun: Harry Blackmun's Supreme Court Journey. New York: Times Books. ISBN 0-8050-7791-X. https://archive.org/details/becomingjustice000gree 

外部リンク編集

司法職
先代:
エイブ・フォータス英語版
アメリカ合衆国連邦最高裁判所陪席判事
1970年-1994年
次代:
スティーブン・ブライヤー