ハリー・ポッターと謎のプリンス

イギリスの小説、アメリカ、イギリスの映画作品、『ハリー・ポッター』シリーズ第6作目
ハリー・ポッターシリーズ > ハリー・ポッターと謎のプリンス

ハリー・ポッターと謎のプリンス』(ハリー・ポッターとなぞのプリンス、原題: : Harry Potter and the Half-Blood Prince)は、イギリス児童文学作家J・K・ローリング2005年に発表した、ファンタジー小説ハリー・ポッター』シリーズの第6巻。2009年に同じ題名で映画化された。

ハリー・ポッターと謎のプリンス
Harry Potter and the Half-Blood Prince
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』発売時にできた行列。アメリカ合衆国デラウェア州Borders storeにて。
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』発売時にできた行列。アメリカ合衆国デラウェア州Borders storeにて。
著者 J・K・ローリング
訳者 松岡佑子
イラスト イギリスの旗 ジェイソン・コッククロフト
日本の旗 ダン・シュレシンジャー
発行日 イギリスの旗 2005年7月16日
日本の旗 2006年5月17日
発行元 イギリスの旗 Bloomsbury
日本の旗 静山社
ジャンル ファンタジー
イギリスの旗 イギリス
ページ数 日本の旗 1008
前作 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
次作 ハリー・ポッターと死の秘宝
コード イギリスの旗 ISBN 0-7475-8108-8
日本の旗 ISBN 4-915512-57-6
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ホグワーツ魔法魔術学校の6年生となった魔法使いハリー・ポッターが、史上最悪の魔法使いヴォルデモートとの対決に備え、ヴォルデモートの過去と弱点に迫る一年間を描く。

あらすじ編集

その日、イギリスのマグルの首相コーネリウス・ファッジと5回目の面会をすることになる。首相に就任した最初の晩、顔合わせに来た魔法省魔法大臣のファッジは、「魔法界で深刻な事態が発生しない限り、二度と会うことはない」と言い、そして二度と会わない予定だった。しかし、現実には4回もファッジと顔を合わせており、しかも、面会を重ねるたびにファッジはやつれ、魔法界の事態が深刻さを増していることが察せられる。首相は、ここ一週間で起こった不可解な事故や事件に頭を悩ませていたが、ファッジによると、それらの事件はすべて魔法界を恐怖で支配した「名前を言ってはいけないあの人」の復活が原因だという。その失態により魔法大臣職を失ったことをファッジは首相に告げ、新大臣ルーファス・スクリムジョールを紹介する。

同じころ、ナルシッサ・マルフォイとその姉であるベラトリックス・レストレンジは、「スピナーズ・エンド」という場所でピーター・ペティグリューと一緒に住むセブルス・スネイプを訪れる。ナルシッサはスネイプに、ヴォルデモート卿から危険な使命を受けた息子、ドラコ・マルフォイを支援するよう頼み、その確約として「破れぬ誓い」を結ぶ。

夏休み、ダーズリー家に帰省していたハリー・ポッターは、自分を迎えに来たアルバス・ダンブルドアから、シリウス・ブラック遺産相続したことを知らされる。その後、親友ロン・ウィーズリーの実家「隠れ穴」へ向かう途中、ハリーはダンブルドアとともに引退したホグワーツ魔法魔術学校の教授、ホラス・スラグホーンに面会し、ふたたび教鞭を取るよう説得する。説得に成功したあと、ダンブルドアはこの一年間、自分の個人授業を受けてほしいとハリーに頼む。

「隠れ穴」ではビル・ウィーズリーと婚約したフラー・デラクールが夏を過ごしに来ていたが、それを好ましく思わないハーマイオニー・グレンジャージニー・ウィーズリーは彼女を陰で「ヌラー」と呼び侮辱していた。しかし、ロンはフラーが気になるのか、ふたりをたしなめていて、ハリーたちは「隠れ穴」のなかの境界線で楽しい日々を送る。だが、外の世界では続々と恐ろしい事件が起こりはじめる。

新学期の準備のため、ハリー、ハーマイオニー、ウィーズリー一家はダイアゴン横丁に向かうが、ロンの兄であるフレッドとジョージの悪戯専門店「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」以外はどこにも活気がなかった。「マダム・マルキン」の洋装店でハリー、ロン、ハーマイオニーはドラコと鉢合わせ、その挙動を怪しみ、あとを追う。それに気づかず、「夜の闇横丁」の「ボージン・アンド・バークス」に入ったドラコは、オーナーのボージンを脅し何かの修理方法を聞き出すが、結局修理方法は不明のままに終わる。

ハリーは、ドラコが「マダム・マルキン」の店で左腕に触れられるのを嫌がったことを思い出し、左肘に「闇の印」が刻印されているのではないかと考え、彼が父親と同様に死喰い人ではないかと推測するが、ロンとハーマイオニーは、決定的な証拠もないのにドラコを疑おうとするハリーの言葉に聞く耳をもたない。躍起になったハリーはホグワーツ特急でドラコの正体を探ろうとするが、気づかれて怒ったドラコに石化され、上から透明マントをかけられて身動きを取れなくされる。そこをニンファドーラ・トンクス[注 1]が見つけ、もとに戻してもらい、無事ホグワーツに入る。

しかし実際にホグワーツで「闇の魔術に対する防衛術」を担当していたのはスネイプであり、スラグホーンは「魔法薬学」を教えることになっていた。ハリーが借りた魔法薬学の教科書には「『半純血のプリンス』の蔵書」と書かれており、魔法薬のことだけでなく彼が発明した闇の呪文が多く示されていた。蔵書の内容を参考にしたことで、ハリーはトップの成績を叩き出し、それから夢中になって蔵書の内容を研究しはじめる。

一方、ハリーはダンブルドアのもとでヴォルデモートとの対決に備えるための「個人授業」を受ける。ヴォルデモート=トム・リドルの出生と生い立ち、なぜ彼が闇の魔術に手を染めるようになったかを探っていく。やがてハリーは、過去にヴォルデモートが作り出し、その不死の力を支えている「分霊箱」の存在と、全部で7つあるそれを破壊しなければならないことを知る。

6年次も終わりに近づいていたころ、ハリーはダンブルドアにともなわれて新たに発見した分霊箱の捜索に向かう。ふたりはかろうじて分霊箱を見つけ出すが、闇の罠と戦ったダンブルドアは著しく衰弱する。ホグワーツ帰還を急ぐふたりは、天文台の塔に浮かぶ死喰い人の紋章を目にする。ドラコの手引きで侵入した死喰い人と騎士団が戦っていた。天文台塔に降り立ったハリーとダンブルドアは包囲され、すでに戦う力を失っていたダンブルドアはハリーを守り、セブルス・スネイプに殺害される。

ハリーは半純血のプリンスの蔵書で覚えた闇の呪文でスネイプを攻撃するが、呪文は通じずあっけなく倒される。そして、蔵書を作成した「半純血のプリンス」の正体こそ、スネイプであったことを知る。スネイプはハリーを昏倒させ、ドラコたちとともに逃亡する。満身創痍のハリーはダンブルドアの遺体のそばに戻り、分霊箱の「銀のロケット」の蓋を開ける。だが、ロケットから出てきた「R・A・B」なる人物の書置きは、本物の分霊箱を壊すために偽物とすり替えたことを綴っていた。ダンブルドアは偽の分霊箱に、命をすり減らしたのだった。

ダンブルドアの校葬が執り行われるなか、ハリーは来年は学校に戻らず、ただひとり残りの分霊箱を探し出して破壊することを決意し、親密となっていたジニーに別れを告げる。しかしロンとハーマイオニーはハリーに旅に同行する覚悟を伝え、3人は分霊箱探しの旅に出ることになる。

制作編集

シリーズ編集

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』はハリー・ポッターシリーズの第6作である[1]。シリーズ第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』は1997年にブルームズベリー社から最初に出版され、ハードカバーで初刷500部が用意され、そのうちの300部が図書館に配布された[2]。1997年末、英国版が全米図書賞ネスレ・スマーティーズ賞英語版の9歳から11歳の部門で金賞を受賞した[3]。第2作『ハリー・ポッターと秘密の部屋』は、1998年7月2日に英国で最初に出版され、1999年6月2日に米国で出版された[4][5]。 その後、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』が1年後の1999年7月8日に英国で出版され、1999年9月8日に米国で出版された[4][5]。『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』は2000年7月8日にブルームズベリー社とスコラスティック英語版社から同時に出版された[6]。『ハリー・ポッター』シリーズで最も長い小説である『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』は2003年6月21日に発売された[7]。『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の出版後、7作目にして最終作となる『ハリー・ポッターと死の秘宝』が2007年7月21日に発売された[8]。『ハリー・ポッターと死の秘宝』は発売から24時間で英国では270万部、米国では830万部の1100万部を売り上げた[9]

背景編集

 
ローリングは『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の企画に何年も掛けた。

ローリングは、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を「何年も前から企画していた」が、物語の最初の草稿を書き始める前には2ヶ月かけて企画を見直したという。これは、『炎のゴブレット』の企画を確認しなかったために、本の1/3を丸ごと書き直さなければならなくなったことから学んだ教訓だった[10]。彼女は第二子のデヴィッドが生まれる前から書き始めたが、彼の世話のために中断した[11]マグルの首相英語版魔法大臣 コーネリウス・ファッジ、および彼の後継者であるルーファス・スクリムジョールの会談が行われる第1章『むこうの大臣』は、ローリングが『賢者の石』『アズカバンの囚人』『不死鳥の騎士団』で始めようとしていた構想だったが、『謎のプリンス』で「ようやくうまくいく」とわかったという[12]。彼女は、『炎のゴブレット』が一番大変だったが、この本の最後を書くのに「ひどく動揺」したと述べている[13]。この本が好きかどうか尋ねられたとき、彼女は「『炎のゴブレット』『不死鳥の騎士団』『秘密の部屋』を書き終えて気に入っていたときより、この本が好きです。第6巻はたとえ誰も気に入らなくても(それに気に入らない人もいるでしょうけど)私がやりたかったことをしてくれるし、このシリーズの中でお気に入りの1冊であり続けると確信しています。結局のところ、他の誰かを満足させる前に、自分自身を満足させなければならないんです!」と答えている[14]

ローリングは2004年6月24日に自身のホームページで『謎のプリンス(原題: Half-Blood Prince)』の書名を明らかにした[15]。これは彼女が第2作『秘密の部屋』で一度検討したことのある書名だったが、明らかにされる「情報」は物語の後半こそ相応しいと考えた[16]。2004年12月21日、彼女は本作を書き終えたことを、7月16日の発売日とともに発表した[17][18]。ブルームズベリー社は2005年3月8日に表紙を公表した[19]

論争編集

『謎のプリンス』の記録破りの出版は論争を呼んだ。2005年5月、英国のブックメーカーは、インサイダー情報を恐れて主要な登場人物の誰が本作で亡くなるかという賭けを停止した。アルバス・ダンブルドアの死に多数の高額が賭けられ、その多くが当時この本の印刷が行われていたと考えられていたバンゲイ英語版の町から寄せられた。賭けはのちに再開された[20]。さらに、グリーンピースの「有名作家には森林に優しい紙を使おう」というキャンペーンに応えて、ブルームズベリー社は30%再生紙でこの本を出版した[21]

読書権論争編集

2005年7月初旬、カナダのブリティッシュコロンビア州コキットラムにあるスーパーマーケットリアル・カナディアン・スーパーストア英語版で、決められた発売日の前に14冊の『謎のプリンス』が誤って販売される事故が発生した。カナダの出版社レインコースト・ブックス英語版は、ブリティッシュコロンビア州高等裁判所英語版から、購入者が正式な発売日より前に本を読んだり、内容について話し合ったりすることを禁ずる差し止め命令を得た[22]。購入者は、7月16日より前に返却すれば、ハリー・ポッターのTシャツやサイン本が提供された[22]

東部標準時でこの本が発売されるまで12時間足らずの7月15日、レインコースト社はグローブ・アンド・メール紙に対し、同紙が公約していた、カナダを拠点とする作家の書評を深夜に発行することは、営業秘密の差し止め命令の違反とみなされると警告した。この差し止め命令は、基本的権利を制限するものであると主張する多くのニュース記事の口火を切ることになった。カナダの法律学教授マイケル・ガイスト英語版は自身のブログに解説を掲載した[23]リチャード・ストールマンはボイコットを呼びかけ、出版社に謝罪声明の発表を要求した[24]。グローブ・アンド・メール紙は7月16日付の紙面で英国を拠点とする2人の作家の書評を掲載し、同日の朝9時にカナダの作家の書評を同紙のウェブサイトに掲載した[25]。解説はレインコースト社のホームページにも掲載された[26]

スタイルとテーマ編集

一部の批評家は、『謎のプリンス』は従来の『ポッター』小説よりも暗い調子で書かれていると指摘した。クリスチャン・サイエンス・モニター紙の批評家Yvonne Zippは、悲しい結末を和らげるために前半は軽い調子で書かれていると異議を唱えた[27]ボストン・グローブ紙の批評家Liz Rosenbergは、「この次第に暗くなるシリーズでは、これまで以上に明るさが希薄になっている(…)新たな沈鬱と暗愚がある。私は、3分の2まで読み進めるまでに、憂鬱な気分になった」と書いた。また彼女は、本書の設定をチャールズ・ディケンズの描いたロンドンになぞらえて「陰鬱で、壊れ、金色に輝き、ほかのどのキャラクターにも負けないくらい生き生きとしている」とした[28]クリストファー・パオリーニは、従来の本と大きく異なるため、暗いトーンを「不穏にさせる」と考えた[29]ニューヨーク・タイムズ・ブックレビューに寄稿したLiesl Schillingerも、『謎のプリンス』は「はるかに暗い」が「ユーモアと冒険と洒落た会話で退屈しない」と指摘した。彼女は、その後のより暗い小説がアメリカ同時多発テロ事件の後に書かれたとして、その関連性を示唆した[30]サンフランシスコ・クロニクル紙の評論家David Kipenは、「暗闇は私たちの偏執的な時代の象徴」と考え、我々の世界に類似するものとして、ホグワーツ魔法魔術学校の警備強化の一環である夜間外出禁止令や持ち物検査を指摘した[31]

シカゴ・トリビューン紙の評論家Julia Kellerは、この小説に見られるユーモアに脚光を当て、『ハリー・ポッター』サーガの成功だと主張した。彼女は「この本は暗く怖いところがある」と認めたが「『謎のプリンス』には、クスリとしたりニヤリとしたりする笑いでは救われないような巨大な闇はない」とした。ローリングは、つらい時も想像力、希望、ユーモアで克服できることを示唆しているとKellerは考え、この考えをマデレイン・レングルの『五次元世界のぼうけん英語版』やケネス・グレアムの『たのしい川べ』などの作品になぞらえた[32]

Rosenbergは、『謎のプリンス』の2大テーマは愛と死であると書き、ローリングが「人間の生活における愛と死の中心的な位置を肯定している」と称賛した。彼女は、親から子への愛、教師から生徒への愛、そして主人公たちの間で培われる恋愛のように、愛がさまざまな形で表現されていると考えた[28]。Zippは、最終巻まで続くことが期待できるテーマとして信頼と贖罪に言及し、「それを切実に必要とする一部の登場人物たちに、ニュアンスと複雑さをより一層加えることになるだろう」と考えた[27]。またDeepti Hajelaは、ハリーは「もはや少年の魔法使いではない。彼は青年であり、青年としての課題を探し出し立ち向かう決意をした」と、ハリーの人格の成長を指摘した[33]。パオリーニも同様の見解で、「子供たちも変わった(…)彼らは本当のティーンエイジャーのように振る舞っている」と主張した[29]

出版と評判編集

批評家の評価編集

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』は好評を得た。ニューヨーク・タイムズ紙のLiesl Schillingerは、この小説の様々なテーマやハラハラする結末を称賛した。しかし、彼女はローリングの才能を「文体よりも人物描写や筋立てにある」と考えてる[30]カーカス・レビュー英語版誌は「読者を楽しませ、笑わせ、興奮させ、怯えさせ、激怒させ、歓喜させ、悲しませ、驚かせ、深く考えさせ、そしてヴォルデモートが回想でしか登場しないため、彼はどこに行ってしまったのだろうとおそらく読者は不思議に思うだろう」と述べた。カーカス・レビューは、ローリングの「ウィットに富んだ皮肉」が「完全な笑い」に変わることを考えたが、ヤマ場を「悲劇的ではあるが、不快なほどに衝撃的ではない」と評価した[34]。クリスチャン・サイエンス・モニター紙のYvonne Zippは、ローリングがハリーをティーンエイジャーに発達させた歩みと、『秘密の部屋』まで遡って見つけた筋書きがどのように作用し始めたか称賛した。一方で、彼女は「所々で少し説明が多くなる」ことと、年長の読者には結末が見えていたかもしれないと指摘した[27]

ボストン・グローブ紙に寄稿するLiz Rosenbergは「この本はすべてのページに天才の証がついている」と書き、このシリーズがファンタジーからホラーに渡る可能性があることを考慮し、その描写英語版と暗い雰囲気を称賛した[28]AP通信の記者Deepti Hajelaは、新たに生まれた感情的な語調と、「成長しすぎていると若いファンは感じるかもしれない」くらいハリーを成熟させたことを称賛した[33]。ロサンゼルス・タイムズ紙の記者Emily Greenは、この本についておおむね好意的だったが、幼い子供たちがこの題材を扱えるのかどうか懸念を示した[35]。シカゴ・トリビューン紙の文化批評家Julia Kellerは、「これまでのシリーズ中、最も雄弁で内容の充実した作品」と呼び、ユーモアが『ポッター』小説の成功の鍵を握っていると考えた[32]

受賞歴および表彰歴編集

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』は、2006年英国ブック・オブ・ザ・イヤー賞英語版[36]、2006年ロイヤル・メール賞スコットランド児童書賞(8-12歳対象)をはじめ[37]、母国のイギリスで数々の賞を獲得した。アメリカでは、アメリカ図書館協会が選ぶ2006年ベスト・ブック・フォー・ヤング・アダルトの1つに挙げられた[38]。2005年の読者投票によるクウィル賞英語版のベスト・ブック・オブ・ザ・イヤー賞とベスト・チルドレンズ・ブック賞の両方を獲得した[39][40]。また、注目すべき書籍に与えられるオッペンハイム・トイ・ポートフォリオ英語版・プラチナ賞を獲得した[41]

販売編集

 
米国デラウェア州ニューアークの書店ボーダーズの外で本書の深夜の発売を待つファン

出版前、『謎のプリンス』はAmazon.comで140万件の予約を受け付け、前作『不死鳥の騎士団』の記録130万件を破った[42]。『謎のプリンス』の初刷部数は1,080万部という記録破りの数だった[43]。発売後24時間で、本書は全世界で900万部(英国で200万部、米国で約690万部)を売り上げ[44]、スカラスティック社は270万部の増刷を急いだ[45]。出版から9週間で、米国版は1,100万部を売り上げたと報道された[46]ジム・デイル英語版の朗読による米国のオーディオブックが2日間で16万5千部の売り上げを記録し、『不死鳥の騎士団』のオーディオブックを20%上回った[47]

翻訳編集

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』は、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカで同時に出版された[48]。その他のハリー・ポッターシリーズの作品と一緒に、最終的には67の言語に翻訳された[49]。しかし、原稿を取り巻くセキュリティが高いため、英語版の発売日まで翻訳者は『謎のプリンス』の翻訳に着手できず、もっとも早い場合でも2005年秋まで発売できる見込みはなかった[50]。ドイツでは、ドイツ人翻訳家のKlaus Fritzが本書を翻訳し出版するよりもずっと早く、発売後2日も経たないうちに「趣味の翻訳家」のグループがインターネットを介して本書を翻訳した[51]

改版編集

 
スカラスティックのデラックス・エディションには、メアリー・グランプレ(写真)によるイラストの複製が同梱された。

2005年7月16日にハードカバーが広く発売されたあと、『謎のプリンス』はイギリスで2006年6月23日にペーパーバックで発売された[52]。2日後の7月25日、ペーパーバック版がカナダ[53]とアメリカで発売され、アメリカで販売するスカラスティック社の初刷は200万部だった[54]。アメリカのペーパーバック版の発売を祝い、スカラスティック社は、オンライン投票の参加者に賞品が当たる懸賞を6週間にわたって開催した[55]。通常のハードカバー版の発売と同時に、新しい表紙を採用したイギリス大人版[56]も発売され、またペーパーバック版も6月23日に発売された[57]。また7月16日には、メアリー・グランプレ英語版のイラストを複製したスカラスティック社の「デラックス・エディション」も約10万部が印刷され発売された[58]。その後、ブルームズベリー社は2009年7月6日にペーパーバックの「スペシャル・エディション」を発売し[59]、また2010年11月1日にペーパーバックの「シグネチャー・エディション」を発売した[60]

映画編集

魔法ワールド > ハリー・ポッター (映画シリーズ) > ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー・ポッターと謎のプリンス
Harry Potter And The Half-Blood Prince
監督 デイビッド・イェーツ
脚本 スティーヴ・クローヴス
原作 J・K・ローリング
製作 デイビッド・ヘイマン
デイビッド・バロン
製作総指揮 ライオネル・ウィグラム
出演者 ダニエル・ラドクリフ
ルパート・グリント
エマ・ワトソン
ヘレナ・ボナム=カーター
ジム・ブロードベント
マイケル・ガンボン
アラン・リックマン
マギー・スミス
ティモシー・スポール
デヴィッド・シューリス
デイビッド・ブラッドリー
ワーウィック・デイヴィス
トム・フェルトン
ジェマ・ジョーンズ
ヘレン・マックロリー
ナタリア・テナ
ジュリー・ウォルターズ
マーク・ウィリアムズ
ボニー・ライト
音楽 ニコラス・フーパー
ジョン・ウィリアムズ(テーマ曲)
撮影 ブリュノ・デルボネル
編集 マーク・デイ
製作会社
配給 ワーナー・ブラザース
公開 2009年7月15日
上映時間 153分
製作国   アメリカ合衆国
  イギリス
言語 英語
製作費 $250,000,000[61]
興行収入 $934,416,487[61]
80億円[62]  
前作 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
次作 ハリー・ポッターと死の秘宝
テンプレートを表示

アメリカではレイティングが『アズカバンの囚人』以来のPG指定(前作『不死鳥の騎士団』まではPG-13)となった。該当表現は「恐怖表現、いくつかの暴力シーン、言葉、軽度の性的表現」の4つ。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替え
ハリー・ポッター ダニエル・ラドクリフ 小野賢章
ロン・ウィーズリー ルパート・グリント 常盤祐貴
ハーマイオニー・グレンジャー エマ・ワトソン 須藤祐実
アルバス・ダンブルドア マイケル・ガンボン 永井一郎
セブルス・スネイプ アラン・リックマン 土師孝也
ホラス・スラグホーン ジム・ブロードベント 森功至
ドラコ・マルフォイ トム・フェルトン 三枝享祐
ジニー・ウィーズリー ボニー・ライト 高野朱華
ミネルバ・マクゴナガル マギー・スミス 谷育子
ルビウス・ハグリッド ロビー・コルトレーン 斎藤志郎
フィリウス・フリットウィック ウォーウィック・デイビス 田村錦人
アーガス・フィルチ デイビッド・ブラッドリー 青野武
マダム・ポンフリー ジェマ・ジョーンズ
モリー・ウィーズリー ジュリー・ウォルターズ 一龍斎貞友
アーサー・ウィーズリー マーク・ウィリアムズ 梅津秀行
リーマス・ルーピン デイビッド・シューリス 郷田ほづみ
ニンファドーラ・トンクス ナタリア・テナ 日野未歩
フレッド・ウィーズリー ジェームズ・フェルプス 尾崎光洋
ジョージ・ウィーズリー オリバー・フェルプス
ベラトリックス・レストレンジ ヘレナ・ボナム=カーター 高乃麗
トム・マールヴォロ・リドル 11歳 ヒーロー・ファインズ・ティフィン 小林翼
16歳 フランク・ディレイン 福山潤
ナルシッサ・マルフォイ ヘレン・マックロリー 佐藤しのぶ
ピーター・ペティグリュー ティモシー・スポール
フェンリール・グレイバック デイブ・レジェノ 江川央生
ルーナ・ラブグッド イヴァナ・リンチ 三村ゆうな
ラベンダー・ブラウン ジェシー・ケーブ 宇野あゆみ
ネビル・ロングボトム マシュー・ルイス 上野容
シェーマス・フィネガン デヴォン・マーレイ 渡辺悠
ディーン・トーマス アルフレッド・イーノック 山本隆平
ケイティ・ベル ジョージーナ・レオニダス 藤村歩
リーアン イザベル・ラフランド 嶋村侑
ロミルダ・ベイン アンナ・シェーファー 浅倉杏美
ナイジェル・ウォルバート ウィリアム・メリング
ビンセント・クラッブ ジェイミー・ウェイレット 忍足航己
グレゴリー・ゴイル ジョシュア・ハードマン
パンジー・パーキンソン スカーレット・バーン 東條加那子
ブレーズ・ザビニ ルイス・コーダイル 河西健吾
チョウ・チャン ケイティ・リューング
コーマック・マクラーゲン フレディー・ストローマ
マーカス・ベルビィ ロブ・ノックス 岡本信彦 
ソーフィン・ロウル ロッド・ハント
アレクト・カロー スザンヌ・トース
アミカス・カロー ラルフ・アイネソン
ルシウス・マルフォイ 写真 ジェイソン・アイザックス
(ノンクレジット)
学生時 トニー・コバーン
女子学生  平野妹
男子学生  佐藤勝巨
少年1  阿部敦
リリー・ポッター(写真) ジェラルディン・ソマーヴィル     
レギュラス・ブラック(写真) トム・ムーアクロフト
ドローレス・アンブリッジの人形の声  イメルダ・スタウントン
(ノンクレジット)
小宮和枝
コーネリウス・ファッジの声 ロバート・ハーディ
(ノンクレジット)
篠原大作
ヴォルデモート(回想) レイフ・ファインズ
(ノンクレジット)

製作編集

スタッフ編集

企画編集

監督がデヴィッド・イェーツに決定するまえ、多数の監督が本作に興味を抱いていた。3作目『アズカバンの囚人』を監督したアルフォンソ・キュアロンは「(戻る)機会を心から待っている」と述べた[63]。4作目『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で監督を務めたマイク・ニューウェルは5作目『不死鳥の騎士団』から退いたために今回は検討されなかった[64]。また、テリー・ギリアムはローリングが『賢者の石』の監督候補として個人的に挙げていた。ギリアムは本作を監督するかどうか尋ねられたところ、「ワーナー・ブラザースには今回初めてチャンスがあったが、台無しになった」と回答した[65]

Dark Horizonsのインタビューでイェーツは、「私がまだ『不死鳥の騎士団』の作業をしている最中に『謎のプリンス』を依頼された。だから『不死鳥の騎士団』のポストプロダクション中に『謎のプリンス』のプリプロダクションを開始しなければならなかった」と答えた[66]。イェーツは『謎のプリンス』は「『アズカバンの囚人』の悪寒」と「『炎のゴブレット』の素晴らしい冒険」の中間にあると説明した[67]

エマ・ワトソンは当初出演続投に消極的であったが[68]、最終的には「プラスがマイナスを上回った」と判断し、引き続きハーマイオニー役を務めることとなった。ニコラス・フーパーは前作から引き続いて映画音楽を担当し、ジョン・ウィリアムズによるヘドウィグのテーマの手直しが含まれる。この他、衣裳デザイナーのジャイニー・テマイム、視覚効果スーパーバイザーのティム・バーク、メイクアップのニック・ダドマン、特殊効果スーパーバイザーにジョン・リチャードソンが参加した[69]

イェーツとヘイマンは、『ハリー・ポッターと死の秘宝』の出来事のいくつかが、『謎のプリンス』の脚本に影響を与えたと述べている[70]

撮影編集

 
モハーの断崖はホークラックスの洞窟の外観として撮影された。

撮影が始まる前、これまでシリーズ全作のロケーション撮影地となったイギリスから移動するかもしれないという話があった。洞穴シーンで使うために、スタッフはスコットランドのラス岬周辺を偵察した[71]。また、以前の作品と風景の連続性を維持するためにグレン・コー英語版グレンフィナン英語版での撮影が復活した[72]

主要撮影は2007年9月24日に開始され、2008年5月17日に完了した[73]

2007年10月6日、スタッフは霧と露に塗れたスコットランドのフォート・ウィリアムホグワーツ特急のシーンを撮影した[72]。夜景のシーンは同月25日から3夜かけてレイコックで撮られた。撮影は毎日午後5時から午前5時まで行われ、通りの住民たちはダークブラインドで窓を暗くするように頼まれた[74][75][76]。さらに同年10月にサービトン駅[77]、2008年2月に1作目『賢者の石』と2作目『秘密の部屋』でも行われたグロスター大聖堂[78][79]、3月にはロンドンのミレニアム・ブリッジで撮影された[80]

音楽編集

映画音楽は『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』と同じくニコラス・フーパーが作曲した。2009年7月14日に劇場公開と同時にCDが発売された[81]

サウンドトラック盤は『Billboard 200』チャートで、それまでで最高となる29位となった[82]。2010年にグラミー賞映画・テレビサウンドトラック部門にノミネートされた[83]

配給編集

マーケティング編集

ワーナー・ブラザースは本作の配給費用に1億5500万ドルを投じている[84]。『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の特別版2枚組DVDには本作の2本のスニーク・ピークが収録され[85][86]、さらにアメリカ版では追加クリップも含まれた[87]。15秒のティーザー予告編は『ダークナイト』のIMAX公開の際に上映された[88]。1本目の米国版全長予告編は2008年7月29日にMoviefone英語版で上映された[89]。国際版は10月26日[90]、さらに米国で別バージョンが11月14日に公開された[91]。さらには別の予告編が2009年1月18日に日本のフジテレビで『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』が放送された際に公開された[92][93]。映画の場面の一部は2008年12月5日から7日にABCファミリーのハリー・ポッター・マラソンの際に放送された[94]。2009年2月5日、ダンブルドアとハリーがフィーチャーされた3枚のティーザーポスターが公開された[95]。2009年3月5日と4月16日に新たな予告編がワーナーより公開された[96]

3月27日、各主要登場人物(ハリー、ダンブルドア、ロン、ハーマイオニー、ドラコ、スネイプ)のキャラクターポスターが公開された[97]。4月10日、国際版(英語)と日本語の予告編がオンラインで公開された[98]。5月8日、CWチャンネルで恋愛面に焦点を当てた30秒のテレビスポットが放送された[99]。5月20日、『エレンの部屋』の公式ウェブサイトを通じてクリップが初公開された[100]。5月31日、別のクリップがMTVアワードで公開された[101]

公開編集

イギリス、アメリカ合衆国、フランス、ベルギードイツ、アイルランド、イタリア、スウェーデン、カナダ、オーストラリア、台湾、ニュージーランド、インド、ブラジル、スペイン、メキシコなどで2009年7月15日に公開された[102]。もともとは2008年11月21日公開を予定していたが[103]、映画が完成しているにもかかわらず、7か月と8日遅れの2009年7月17日に変更された。ワーナー・ブラザース重役のアラン・F・ホルンは変更の理由について、2007年-2008年全米脚本家組合ストライキの影響のために他の映画の予定が遅れ、2009年の夏の超大作を確保するためであると説明した[104]。また同社が夏に公開した『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』と『ダークナイト』が成功したことも変更理由の一つであった[105]。『エンターテインメント・ウィークリー』誌上で他社の幹部は「ワーナーは『ダークナイト』が成功したので今年はもう金が要らないのだろう」と語った[106]。ワーナーの配給部長のダン・フェルマンは、スタジオは発表に先立って3ないし4週間の変更を考慮したが、彼らは最終決定の1週間前にそれを真剣に検討したと述べた[107]。公開3か月前、公開日は2日前倒しした15日水曜に再変更された[108]

ロサンゼルス・タイムズ』は『ハリー・ポッター』ファンが公開日の大幅な変更に否定的な反応を示していることを報じた[105]。後日、ホルムはファンからの「大きな失望」に対して声明文を発表した[109]。またワーナーの親会社のタイム・ワーナーが発行する『エンターテインメント・ウィークリー』が秋映画特集記事で『謎のプリンス』を大きく取り扱うという混乱も発生した。同誌側には公開日変更の情報が知らされていなかったのである[106]。さらに『謎のプリンス』の公開日変更を受け、サミット・エンターテインメントと『トワイライト〜初恋〜[110]ウォルト・ディズニー・ピクチャーズの『ボルト』は公開日が早まった[111]

上映時間は153分であり[112]、『秘密の部屋』(161分)、『炎のゴブレット』(157分)に次いで3番目の長さである。

日本におけるキャッチコピー編集

  • クライマックスは、ここから始まる!

評価編集

興行収入編集

北米3000劇場で深夜上映が行われて2200万ドルを売り上げ、『ニュームーン/トワイライト・サーガ』の2630万ドルに破られるまでは最高記録を保持していた。『謎のプリンス』は、『不死鳥の騎士団』と同じく水曜日に公開された[113]。興行は2009年12月17日に終わった[114]

北米4325劇場で封切られ(3週後には4455劇場まで拡大し、のちに『エクリプス/トワイライト・サーガ』の4468劇場に抜かれるまで史上最高だった)[115]、初日に5820万ドルを売り上げた。これは水曜日公開として『トランスフォーマー/リベンジ』、『エクリプス/トワイライト・サーガ』に次いで歴代3位の記録である。また、単日の売上としても歴代6位、『ハリー・ポッター』シリーズとしても『死の秘宝 PART2』の9100万ドル[116]と『死の秘宝 PART1』の6100万ドルに次いで3位の記録である[117]。また北米外では4600万ドル、世界全体で1億400万ドルを売り上げ、『ダークナイト』の単日記録を上回った[118]。7月20日までに北米で1億5870万ドル、北米外85市場で2億3600万ドル、全世界で3億9470万ドルに達した[119]。公開5日間の世界興行収入は『スパイダーマン3』の3億8100万ドルを上回り、また北米記録としても歴代最高であった[120]。この記録は2年後に『死の秘宝 PART2』(4億8320万ドル)に破られた[121]。イギリスでは1975万ポンド(約3813万ドル)を売り上げ、シリーズ及び2009年最高のオープニング記録となった[122]。北米では最終的に3億195万9197ドルを売り上げ[61]、『死の秘宝 PART2』、『賢者の石』に次いでシリーズ3位の成績となり[123]、また2009年の映画としても『アバター』、『トランスフォーマー/リベンジ』に次いで3位の成績となった[124]。北米外では6億3245万7290ドル、全世界では9億3441万6487ドルを売り上げたが[61]、これは『アバター』に次いで2009年で2位、歴代映画では19位の成績である[125]

批評家の反応編集

本作は映画評論家たちからは概ね高評価を受け、Rotten Tomatoesでは257件のレビューで支持率は84%であった[126]Metacriticの加重偏差値は36件のレビューをもとに78/100、「概ね良好」であった[127]。放送映画批評家協会の評論家からは87点をつけられた[128]

映画のレビューは映画公開の3週前より解禁された。Hollywood.com英語版のポール・ダーガラベディアンは本作を『ロード・オブ・ザ・リング』三部作級で、「オスカーの可能性あり」と評した。彼はまたマイケル・ガンボンアラン・リックマンダニエル・ラドクリフの演技を賞賛した[129]。イギリスの『ザ・サン』では「巧み」で「非常にエモーショナル」と書かれ、デヴィッド・イェーツの演出が賞賛され、ジム・ブロードベントの演技は「完璧」と評価された[130]。Chud.comのデヴィン・ファラチは、『ハリー・ポッター』映画の括りだけでなく、今年の映画の中でもベスト級と評した[131]

受賞・ノミネート編集

部門 候補者 結果
アカデミー賞[132] 撮影賞 ブリュノ・デルボネル ノミネート
英国アカデミー賞[133] プロダクションデザイン賞 スチュアート・クレイグ
ステファニー・マクミラン
ノミネート
特殊視覚効果賞 ジョン・リチャードソン
ティム・バーク
ティム・アレキサンダー
ニコラス・アイタディ
ノミネート
グラミー賞 映画・テレビサウンドトラック部門 ニコラス・フーパー ノミネート
MTVムービー・アワード[134] 作品賞 - ノミネート
女優賞 エマ・ワトソン ノミネート
男優賞 ダニエル・ラドクリフ ノミネート
悪役賞 トム・フェルトン 受賞
グローバル・スーパースター賞 ダニエル・ラドクリフ ノミネート
サテライト賞[135] アニメーション・ミックスメディア映画賞 - ノミネート
サターン賞[136] ファンタジー映画賞 - ノミネート
衣装デザイン賞 ジャイニー・テマイム ノミネート
美術賞 スチュアート・クレイグ ノミネート
特殊効果賞 ジョン・リチャードソン
ティム・バーク
ティム・アレキサンダー
ニコラス・アイタディ
ノミネート

ソフト化編集

日本ではワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントよりブルーレイ、DVDが発売。

  • ハリー・ポッターと謎のプリンス ブルーレイ(2枚組、2009年12月2日発売)
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス ブルーレイ1枚組版(2010年11月3日発売)
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス 特別版(DVD2枚組、2009年12月2日発売)
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス 期間限定出荷版(DVD1枚組、2009年12月2日発売)
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス コレクターズ・エディション(Blu-ray版:2枚組 / DVD版:3枚組、2016年5月11日発売)
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス 〈4K ULTRA HD&ブルーレイセット〉(3枚組、2017年4月19日発売)

テレビ放送編集

回数 テレビ局 番組名 放送日 放送時間 視聴率 備考
1 日本テレビ系列 金曜ロードショー
→金曜ロードSHOW!
2011年7月22日 21:00 - 23:54 - 地上波初放送
60分拡大
2 2013年10月25日[137] 21:00 - 23:29 35分拡大
第2回は、放送年内に映画シリーズの全作品を放映する「2013年ぜんぶやります!ハリー・ポッター祭り!」の一環で放送[138]
第3回は「4週連続 ハリーポッター祭り!」の一環で放送[139]
3 2016年6月10日[139] 10.4%
4 2017年11月10日[140] 21:00 - 23:24 9.6% 30分拡大
シリーズ作を4週連続で放映する「ハリー・ポッターの秋」の一環で放送[140]
5 TBS系列 2022年3月21日[141] 20:30 - 22:57 5.4% 放送年に上演されるTBS開局70周年記念舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』に向けたキャンペーンの一環で放送[141]
  • 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。

ゲーム編集

劇場用映画をもとにしたニンテンドーDS用のソフトが2009年に発売。ハリー・ポッターシリーズの日本におけるコンシューマーゲームは謎のプリンスまでとなっている。

ほかの巻と同じようにトレーディングカード(カードゲームではない)のデッキボックスとパックが発売されていて、こちらは『死の秘宝』のパックまでの発売がなされた。

日本語訳編集

本作日本語版はその邦訳にあたり、タイトルは原題にある「Half-Blood Prince」を直訳し『ハリー・ポッターと混血のプリンス』に一度決定していた。しかしその後、2005年12月20日に『ハリー・ポッターと謎のプリンス』に「再決定」がなされ、2006年5月17日の日本国内発売を迎える運びとなった[142]。このため国内出版元である静山社は、予約開始時には再決定前のタイトル『 - 混血のプリンス』で受け付けをおこなっている。 一方、物語中にも「Half-Blood Prince」という単語は登場する。これをタイトルと同じく「謎のプリンス」と訳すと意味が通じなくなるため、こちらは「半純血」という言葉で置き換えられている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 映画版ではルーナ・ラブグッド

出典編集

  1. ^ “Book 6 – The Half-Blood Prince”. CBBC Newsround. (2007年7月10日). オリジナルの2009年2月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090227001235/http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_6280000/newsid_6282500/6282542.stm 2011年3月23日閲覧。 
  2. ^ Elisco, Lester (2000–2009). “The Phenomenon of Harry Potter”. TomFolio.com. 2009年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月22日閲覧。
  3. ^ Knapp, N.F. (2003). “In Defense of Harry Potter: An Apologia”. School Libraries Worldwide (International Association of School Librarianship) 9 (1): 78–91. オリジナルの9 March 2011時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110309051050/http://www.iasl-online.org/files/jan03-knapp.pdf 2009年5月14日閲覧。. 
  4. ^ a b “A Potter timeline for muggles”. Toronto Star. (2007年7月14日). オリジナルの2008年12月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081220001353/http://www.thestar.com/entertainment/article/235354 2008年9月27日閲覧。 
  5. ^ a b Harry Potter: Meet J.K. Rowling”. Scholastic Inc. 2007年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月27日閲覧。
  6. ^ “Speed-reading after lights out”. The Guardian (London: Guardian News and Media Limited). (2000年7月19日). オリジナルの2013年12月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131231101931/http://www.theguardian.com/books/2000/jul/19/jkjoannekathleenrowling 2008年9月27日閲覧。 
  7. ^ Everything you might want to know”. J.K. Rowling Official Site. 2011年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月14日閲覧。
  8. ^ “Rowling unveils last Potter date”. BBC. (2007年2月1日). オリジナルの2008年12月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081228101051/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/6320733.stm 2008年9月27日閲覧。 
  9. ^ “Harry Potter finale sales hit 11 m”. BBC. (2007年7月23日). オリジナルの2008年11月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081128201059/http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/6912529.stm 2008年8月20日閲覧。 
  10. ^ World Book Day Webchat, March 2004”. Bloomsbury (2004年3月). 2010年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月17日閲覧。
  11. ^ Rowling, J.K. (2004年3月15日). “Progress on Book Six”. J.K. Rowling Official Site. 2010年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月21日閲覧。
  12. ^ Rowling, J.K.. “The Opening Chapter of Book Six”. J.K. Rowling Official Site. 2012年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月21日閲覧。
  13. ^ “Read the FULL J.K. Rowling interview”. CBBC Newsround. (2005年7月18日). オリジナルの2011年5月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110512030731/http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4690000/newsid_4690800/4690885.stm 2011年5月8日閲覧。 
  14. ^ Rowling, J.K.. “Do you like 'Half-Blood Prince'?”. J.K. Rowling Official Site. 2010年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月21日閲覧。
  15. ^ Editorial, Reuters (2010年11月11日). “Factbox: Main events in creation of Harry Potter phenomenon”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-harrypotter-events/factbox-main-events-in-creation-of-harry-potter-phenomenon-idUSTRE6AA01E20101111 
  16. ^ Rowling, J.K. (2004年6月29日). “Title of Book Six: The Truth”. J.K. Rowling Official Site. 2010年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月21日閲覧。
  17. ^ “JK Rowling finishes sixth Potter book”. The Guardian (UK). (2004年12月21日). オリジナルの2014年9月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140917094105/http://www.theguardian.com/books/2004/dec/21/harrypotter.jkjoannekathleenrowling 2011年3月21日閲覧。 
  18. ^ Silverman, Stephen M. (2004年12月23日). “WEEK IN REVIEW: Martha Seeks Prison Reform”. People. 2011年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月21日閲覧。
  19. ^ “Latest Potter book cover revealed”. CBBC Newsround. (2005年3月8日). オリジナルの2012年4月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120403005443/http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4320000/newsid_4329200/4329229.stm 2011年3月23日閲覧。 
  20. ^ “Bets reopen on Dumbledore death”. BBC. (2005年5月25日). オリジナルの2008年12月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081217050209/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/arts/4578463.stm 2011年3月21日閲覧。 
  21. ^ Pauli, Michelle (2005年3月3日). “Praise for 'forest friendly' Potter”. The Guardian (UK). オリジナルの2014年9月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140918012839/http://www.theguardian.com/books/2005/mar/03/harrypotter.jkjoannekathleenrowling 2011年3月28日閲覧。 
  22. ^ a b Malvern, Jack; Cleroux, Richard (2005年7月13日). “Reading ban on leaked Harry Potter”. The Times (London). オリジナルの2010年5月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100529152440/http://www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/article543318.ece 2010年5月4日閲覧。 
  23. ^ Geist, Michael (2005年7月12日). “The Harry Potter Injunction”. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月1日閲覧。
  24. ^ Stallman, Richard. “Don't Buy Harry Potter Books”. 2011年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月14日閲覧。
  25. ^ “Much Ado As Harry Potter Hits the Shelves”. The Globe and Mail (Toronto). (2005年7月16日). オリジナルの2013年2月3日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20130203213052/http://www.theglobeandmail.com/news/arts/much-ado-as-harry-potter-hits-the-shelves/article329358/ 2011年3月28日閲覧。 ( 要購読契約)
  26. ^ Important Notice: Raincoast Books”. Raincoast.com. 2005年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月24日閲覧。
  27. ^ a b c Zipp, Yvonne (2005年7月18日). “Classic Book Review: Harry Potter and the Half-Blood Prince”. en:The Christian Science Monitor. 2011年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月12日閲覧。
  28. ^ a b c Rosenberg, Liz (2005年7月18日). “'Prince' shines amid growing darkness”. The Boston Globe. オリジナルの2012年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121103070254/http://www.boston.com/ae/books/articles/2005/07/18/prince_shines_amid_growing_darkness/ 2011年3月21日閲覧。 
  29. ^ a b Paolini, Christopher (2005年7月20日). “Harry Potter and the Half-Blood Prince”. Entertainment Weekly. 2009年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月12日閲覧。
  30. ^ a b Schillinger, Liesl (2005年7月31日). “'Harry Potter and the Half-Blood Prince': Her Dark Materials”. The New York Times. オリジナルの2012年5月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120503021107/http://www.nytimes.com/2005/07/31/books/review/31SCHILL.html 2011年2月12日閲覧。 
  31. ^ Kipen, David (2005年7月17日). “Book Review: Harry Potter and the Half-Blood Prince”. The San Francisco Chronicle. 2010年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月23日閲覧。
  32. ^ a b Keller, Julia (2005年7月17日). “Tragic? Yes, but humor triumphs”. Chicago Tribune. 2012年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月26日閲覧。
  33. ^ a b Hajela, Deepti (2005年7月18日). “Emotional twists come with a grown-up Harry”. The Seattle Times. Associated Press. オリジナルの2008年5月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080516230005/http://seattletimes.nwsource.com/html/books/2002384737_harryreview16.html 2011年3月21日閲覧。 
  34. ^ 'Harry Potter and the Half-Blood Prince': The Kirkus Review”. en:Kirkus Reviews. 2011年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月12日閲覧。
  35. ^ Green, Emily (2005年7月16日). “Harry's back, and children must be brave”. Los Angeles Times. 2009年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月23日閲覧。
  36. ^ Previous Winners”. Literaryawards.co.uk. 2011年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月23日閲覧。
  37. ^ Previous Winners and Shortlisted Books”. Scottish Book Trust (2006年). 2012年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月23日閲覧。
  38. ^ Best Books for Young Adults” (2006年). 2011年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月23日閲覧。
  39. ^ Fitzgerald, Carol (2005年10月14日). “Books Get Glamorous—And Serious”. Bookreporter.com. 2008年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月23日閲覧。
  40. ^ 2005 Quill Awards”. Bookreporter.com. 2008年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月23日閲覧。
  41. ^ Harry Potter and the Half-Blood Prince”. Arthur A. Levine Books. 2011年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月23日閲覧。
  42. ^ Alfano, Sean (2005年7月13日). “Potter Sales Smash Own Record”. CBS News. オリジナルの2010年11月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101113122130/http://www.cbsnews.com/stories/2005/07/13/print/main708768.shtml 2011年3月22日閲覧。 
  43. ^ “2000–2009 – The Decade of Harry Potter Gives Kids and Adults a Reason to Love Reading” (プレスリリース), Scholastic, (2009年12月15日), オリジナルの2010年12月29日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20101229054842/http://mediaroom.scholastic.com/node/277 2011年3月27日閲覧。 
  44. ^ “New Potter book topples U.S. sales records”. Associated Press. NBC News. (2005年7月18日). https://www.nbcnews.com/id/8608578 2011年3月22日閲覧。 
  45. ^ Memmott, Carol (2005年7月17日). “Potter-mania sweeps USA's booksellers”. USA Today. 2011年6月17日閲覧。
  46. ^ “11 million Copies of Harry Potter and the Half-Blood Prince Sold in the First Nine Weeks” (プレスリリース), New York: Scholastic, (2005年9月21日), オリジナルの2012年10月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20121014111226/http://www.prnewswire.com/news-releases/11-million-copies-of-harry-potter-and-the-half-blood-prince-sold-in-first-nine-weeks-55175797.html 2011年6月17日閲覧。 
  47. ^ “Audio Book Sales Records Set By J.K. Rowling's Harry Potter and the Half-Blood Prince” (プレスリリース), Random House, (2005年7月18日), オリジナルの2011年10月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20111001013048/http://www.randomhouse.biz/media/pdfs/Harry.pdf 2011年3月22日閲覧。 
  48. ^ “Potter book six web scam foiled”. CBBC Newsround. (2005年1月11日). オリジナルの2012年5月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120523022337/http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4160000/newsid_4163800/4163813.stm 2011年3月23日閲覧。 
  49. ^ Flood, Alison (2008年6月17日). “Potter tops 400 million sales”. TheBookseller.com. 2012年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月12日閲覧。
  50. ^ Harry Potter en Español? Not quite yet”. MSNBC News (2005年7月26日). 2012年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月21日閲覧。
  51. ^ Diver, Krysia (2005年8月1日). “Germans in a hurry for Harry”. The Guardian (UK). オリジナルの2013年8月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130829164842/http://www.theguardian.com/world/2005/aug/01/books.harrypotter 2011年3月22日閲覧。 
  52. ^ Rowling, J. K. (2006). Harry Potter and the Half-Blood Prince (Paperback). ISBN 0747584680 
  53. ^ Harry Potter and the Half-Blood Prince Available in Paperback”. Raincoast Books (2006年7月24日). 2011年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月17日閲覧。
  54. ^ “J.K. Rowling's Phenomenal Bestseller Harry Potter and The Half-Blood Prince to Be Released in Paperback on July 25, 2006” (プレスリリース), New York: Scholastic, (2006年1月18日), オリジナルの2012年10月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20121014111220/http://www.prnewswire.com/news-releases/jk-rowlings-phenomenal-bestseller-harry-potter-and-the-half-blood-prince-to-be-released-in-paperback-on-july-25-2006-53618192.html 2011年6月17日閲覧。 
  55. ^ “Scholastic Kicks-Off Harry Potter 'Wednesdays' Sweepstakes to Win Harry Potter iPods(R) and Copies of Harry Potter and the Half-Blood Prince With Bookplates Signed by J.K. Rowling” (プレスリリース), New York: Scholastic, (2006年2月23日), オリジナルの2012年10月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20121014111139/http://www.prnewswire.com/news-releases/scholastic-kicks-off-harry-potter-wednesdays-sweepstakes-to-win-harry-potter-ipodsr-and-copies-of-harry-potter-and-the-half-blood-prince-with-bookplates-signed-by-jk-rowling-55781287.html 2011年2月17日閲覧。 
  56. ^ Rowling, J. K. (2005). Harry Potter and the Half-Blood Prince Adult Edition. ISBN 074758110X. https://archive.org/details/isbn_074758110x 
  57. ^ Rowling, J. K. (2006). Harry Potter and the Half-Blood Prince Adult Edition (Paperback). ISBN 0747584664 
  58. ^ “Scholastic Releases Exclusive Artwork for Deluxe Edition of Harry Potter and the Half-Blood Prince” (プレスリリース), New York: Scholastic, (2005年5月11日), オリジナルの2011年3月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110313035011/http://www.prnewswire.com/news-releases/scholastic-releases-exclusive-artwork-for-deluxe-edition-of-harry-potter-and-the-half-blood-prince-54361052.html 2011年3月25日閲覧。 
  59. ^ Rowling, J. K. (2009). Harry Potter and the Half-Blood Prince Special Edition (Paperback). ISBN 978-0747598466. https://books.google.com/books?id=8W_bPAAACAAJ 
  60. ^ Allen, Katie (2010年3月30日). “Bloomsbury Repackages Harry Potter”. TheBookseller.com. 2012年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月25日閲覧。
  61. ^ a b c d Harry Potter and the Half-Blood Prince (2009)”. Box Office Mojo. 2010年5月5日閲覧。
  62. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)690頁
  63. ^ Alfonso Cuaron To Return To Harry Potter?”. JewReview.net (2006年11月18日). 2007年12月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年11月18日閲覧。
  64. ^ Daly, Steve (2007年4月6日). Phoenix Rising”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,20016352,00.html 2007年4月1日閲覧。 
  65. ^ Carroll, Larry (2006年10月16日). “Terry Gilliam On Depp, Potter And The Film He Panhandled To Promote”. MTV. 2006年10月16日閲覧。
  66. ^ “Exclusive Interview: David Yates for "Harry Potter and the Half-Blood Prince"”. Paul Fischer, Dark Horizons. (2009年7月13日). http://www.darkhorizons.com/features/1448/david-yates-for-harry-potter-and-the-half-blood-prince 2011年4月19日閲覧。 
  67. ^ “Ten Harry Potter And The Half-Blood Prince facts”. Virgin Media. http://www.virginmedia.com/movies/movieextras/top10s/potter-hbp-rumours.php 2011年4月19日閲覧。 
  68. ^ “Hermione Gets Cold Feet”. IGN. (2006年9月26日). http://uk.movies.ign.com/articles/735/735556p1.html 20 October 2007-10-20閲覧。 
  69. ^ “Casting Is Complete on "Harry Potter and the Half-Blood Prince"” (プレスリリース), Warner Bros., (2007年11月16日), http://www.prnewswire.co.uk/cgi/news/release?id=213122 2007年11月16日閲覧。 
  70. ^ Newgen, Heather (2007年7月10日). “Yates and Heyman on Harry Potter 6”. Comingsoon.net. http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=21818 2007年8月7日閲覧。 
  71. ^ Macleod, Murdo (2007年5月27日). “Cape Wrath casts its spell on Harry Potter film-makers”. The Scotsman. http://news.scotsman.com/ViewArticle.aspx?articleid=3289506 2007年6月10日閲覧。 
  72. ^ a b “Pupils board the Hogwart's Express”. Lochaber News. (2007年10月13日). http://www.lochaber-news.co.uk/news/fullstory.php/aid/1722/Pupils_board_the_Hogwart's_Express.html 2007年10月12日閲覧。 
  73. ^ “"Half-Blood Prince" Filming News: Threat of Strike to Affect Harry Potter Six?”. The Leaky Cauldron. (2007年9月19日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2007/9/19/half-blood-prince-filming-news-threat-of-strike-to-affect-harry-potter-six 2007年9月19日閲覧。 [疑問点]
  74. ^ Adams, Katie (2007年10月18日). “Village set for Harry Potter Filming”. Wiltshire Times. http://www.wiltshiretimes.co.uk/news/1766543.village_set_for_harry_potter_filming/ 2007年11月10日閲覧。 
  75. ^ Adams, Katie (2007年10月25日). “Fans gather for Harry Potter filming”. Wiltshire Times. http://www.thisiswiltshire.co.uk/news/1785227.fans_gather_for_harry_potter_filming/ 2007年10月25日閲覧。 
  76. ^ “Dan Radcliffe, Michael Gambon Film Scenes in Lacock Tonight for Half-Blood Prince”. (2007年10月25日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2007/10/25/dan-radcliffe-michael-gambon-film-scenes-in-lacock-tonight-for-half-blood-prince 2007年11月10日閲覧。 [疑問点]
  77. ^ Husbands, Helen (2007年11月16日). “Harry Potter film on location in Surbiton”. This is Local London. http://www.thisislocallondon.co.uk/news/1839369.harry_potter_film_on_location_in_surbiton/ 2007年10月19日閲覧。 
  78. ^ Harry Potter Filming Locations'”. Gloucestershire On Screen. 2010年12月13日閲覧。
  79. ^ “Costs of Harry Potter filming revealed”. The Citizen. (2009年7月24日). http://www.thisisgloucestershire.co.uk/gloucester/headlines/Costs-Harry-Potter-filming-revealed/article-1191653-detail/article.html 2010年5月3日閲覧。 
  80. ^ “Location Filming for "Half-Blood Prince" at Millennium panderbolt Bridge in London”. The Leaky Cauldron. (2008年3月9日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2008/3/9/location-filming-for-half-blood-prince-at-millennium-bridge-in-london 2008年3月9日閲覧。 [疑問点]
  81. ^ Harry Potter and the Half-Blood Prince (Soundtrack) Nicholas Hooper Format: Audio CD”. Amazon.com. 2010年11月4日閲覧。
  82. ^ Grein, Paul (2009年7月19日). “Week Ending July 19, 2009: Daughtry Makes "Idol" History”. Yahoo! Music. 2009年7月28日閲覧。
  83. ^ The 52nd Annual Grammy Awards Nominees”. National Academy of Recording Arts and Sciences. 2010年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月4日閲覧。
  84. ^ “Half-Blood Prince Production Budget”. Los Angeles Times. (2009年6月22日). http://latimesblogs.latimes.com/herocomplex/2009/06/harry-potter-countdown-are-dvd-fans-still-under-the-wizards-spell-.html 2009年6月23日閲覧。 
  85. ^ Half-Blood Prince sneak peek (DVD). Warner Bros.. (2007年) 
  86. ^ “The rebellion begins on 12 November 2007!”. Noble PR (Warner Bros.). オリジナルの2007年9月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070923042931/http://www.noblepr.co.uk/Press_Releases/warner/harry_potter_phoenix.htm 2007年9月22日閲覧。 
  87. ^ “New "Half-Blood Prince" Footage on OotP DVD”. Leaky Cauldron. (2007年12月11日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2007/12/11/new-half-blood-prince-footage-on-ootp-dvd 2007年12月16日閲覧。 [疑問点]
  88. ^ Davis, Erik (2008年7月18日). “'Harry Potter and the Half-Blood Prince' Teaser!”. Movifone. 2010年12月16日閲覧。
  89. ^ Davis, Erik (2008年7月29日). “Harry Potter and the Half-Blood Prince Trailer”. Moviefone. 2010年12月16日閲覧。
  90. ^ Brevet, Brad (2008年10月26日). “Brand New 'Harry Potter 6' International Teaser Trailer Arrives”. RopeofSilicon. 2010年12月16日閲覧。
  91. ^ Billington, Alex (2008年11月14日). “Fight Back! Another Harry Potter and the Half-Blood Prince Trailer!”. First Showing. 2010年12月16日閲覧。
  92. ^ "Harry Potter and the Half-Blood Prince Japanese trailer now online"” (2009年1月18日). 2009年1月18日閲覧。[疑問点]
  93. ^ "Sneak Peek of Half-Bood Prince Japanese Version Preview. Retrieved 23 January 2009. [疑問点]
  94. ^ Eng, Joyce (2008年11月24日). “ABC Family Conjures Up Harry Potter Weekend”. TV Guide. 2008年11月26日閲覧。
  95. ^ Billington, Alex (2009年2月5日). “First Official Harry Potter and the Half-Blood Prince Posters!”. First Showing. 2010年12月16日閲覧。
  96. ^ Jacks, Brian (2009年3月5日). “New 'Harry Potter and the Half-Blood Prince' Trailer Showcases Dark Adventure”. MTV Movies Blog. 2009年3月6日閲覧。
  97. ^ Josue, Rachel (2009年4月1日). “'Harry Potter And The Half-Blood Prince' Character Posters Revealed”. MTV Movies Blog. 2010年12月16日閲覧。
  98. ^ Warmoth, Brian (2009年4月10日). “New Harry Potter And The Half-Blood Prince International Trailer Lands Online”. MTV Movie Blog. 2009年4月13日閲覧。
  99. ^ First TV spot for Half-Blood Prince airs on CW”. Mugglenet.com (2009年5月8日). 2009年10月5日閲覧。[疑問点]
  100. ^ First Clip from Half-Blood Prince: Ron Weasley, Lovelorn over Romilda Vane”. The Leaky Cauldron.com (2009年5月20日). 2009年5月21日閲覧。[疑問点]
  101. ^ Jakcs, Brian (2010年5月31日). “EXCLUSIVE: Dunbledore Meets Young Voldemort In New 'Harry Potter and the Half-Blood Prince' Clip”. MTV Movies Blog. 2010年12月16日閲覧。
  102. ^ “Official Release Dates”. http://harrypotter.warnerbros.co.uk/releasedates/ 2010年11月7日閲覧。 
  103. ^ Child, Ben (2008年11月20日). “Harry Potter film delayed eight months”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/film/2008/aug/15/harry.potter 2008年5月5日閲覧。 
  104. ^ “Potter film release date delayed”. BBC News. (2008年8月15日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/7562557.stm 2008年8月22日閲覧。 
  105. ^ a b Boucher, Geoff (2008年8月15日). “Next Harry Potter film to be delayed eight months”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2008/aug/15/business/fi-potter15 2008年8月22日閲覧。 
  106. ^ a b Smith, Sean; Jeff Giles (2008年8月14日). “NEWS FLASH: Harry Potter and the Half-Blood Prince Bumped to Summer 2009”. Entertainment Weekly. オリジナルの2009年10月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091016045124/http://hollywoodinsider.ew.com/2008/08/14/news-flash-harr/ 2008年8月22日閲覧。 
  107. ^ “Potter film pulls vanishing act on EW cover”. MSNBC. (2008年8月17日). http://today.msnbc.msn.com/id/26257478/ 2010年5月3日閲覧。 
  108. ^ Half-Blood Prince Opens Early”. IGN (2009年4月15日). 2010年5月5日閲覧。
  109. ^ Sheridan, Michael (2008年8月22日). “Harry Potter fans angry over 'Half-Blood Prince' delay”. The New York Daily News. http://www.nydailynews.com/entertainment/movies/2008/08/22/2008-08-22_harry_potter_fans_angry_over_halfblood_p.html 2010年11月7日閲覧。 
  110. ^ “"Twilight" moves into "Potter's" old date”. Reuters. (2008年8月16日). http://www.reuters.com/article/entertainmentNews/idUSN1552123220080816 2008年8月22日閲覧。 
  111. ^ Strauss, Valerie (2008年11月18日). “'Potter' Moves the Pieces”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/11/17/AR2008111703055.html 2010年5月5日閲覧。 
  112. ^ BBCF: Harry Potter and the Half-Blood Prince” (2009年6月10日). 2010年11月7日閲覧。
  113. ^ UPDATE: Harry Potter 6 Pulls in Record $22.2M From Midnights!”. ComingSoon.net (2010年7月15日). 2009年8月1日閲覧。
  114. ^ Harry Potter and the Half-Blood Prince (2009) – Box Office Mojo”. Box Office Mojo. 2010年11月7日閲覧。
  115. ^ Gray, Brandon (2010年6月30日). “Weekend Briefing: 'Eclipse' Rises with Record Release, Midnight Launch”. Box Office Mojo. 2010年7月21日閲覧。
  116. ^ Top Single Day Grosses”. Boxofficemojo.com. 2011年8月6日閲覧。
  117. ^ Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 1 (2010). Box Office Mojo. Retrieved 20 November 2010.
  118. ^ Serjeant, Jill (2009年7月17日). “New Harry Potter movie sets world opening record”. Reuters. http://www.reuters.com/article/idUSTRE56G4E920090717 2010年11月7日閲覧。 
  119. ^ DiOrio, Carl (2009年7月20日). “Wiz bang: $396 mil”. The Hollywood Reporter: pp. 1, 14. オリジナルの2009年7月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090722110332/http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/news/e3i7c23ccda60974aa22d1c6647ff9f15a3 2009年10月4日閲覧。 
  120. ^ Goodman, Dean (2009年7月19日). “UPDATE 2-'Harry Potter' movie sets worldwide record”. Reuters. http://www.reuters.com/article/rbssTechMediaTelecomNews/idUSN1953272020090719 2010年11月7日閲覧。 
  121. ^ Around-the-World Roundup: 'Potter' Obliterates Foreign Records”. Boxofficemojo.com. 2011年8月6日閲覧。
  122. ^ Gant, Charles (2009年7月21日). “Harry Potter conjures up biggest UK opening of the year”. London: The Guardian FilmBlog. http://www.guardian.co.uk/film/filmblog/2009/jul/21/harry-potter-and-the-half-blood-prince-uk-box-office 2010年11月7日閲覧。 
  123. ^ Harry Potter Showdown”. Box Office Mojo. 2010年11月7日閲覧。
  124. ^ 2009 DOMESTIC GROSSES”. Boxofficemojo.com (2011年5月8日). 2011年8月6日閲覧。
  125. ^ All Time Highest Grossing Movies Worldwide”. Box Office Mojo. 2010年5月5日閲覧。
  126. ^ Harry Potter and the Half-Blood Prince Movie Reviews, Pictures – Rotten Tomatoes”. Rotten Tomatoes. 2009年8月11日閲覧。 “T-Meter Critics”
  127. ^ Harry Potter and the Half-Blood Prince reviews at Metacritic.com”. Metacritic.com. 2009年7月20日閲覧。
  128. ^ BFCA: Half-Blood Prince”. Broadcast Film Critics Association. 2010年11月26日閲覧。
  129. ^ Dergarabedian, Paul (2009年6月26日). “Mr. Potter, Meet Mr. Oscar?”. Hollywood.com. 2012年6月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年6月26日閲覧。
  130. ^ The Sneak (2009年7月4日). “Potter plotter is hotter to trotter”. The Sun (London). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/showbiz/film/movie_reviews/2516815/Excluse-review-of-Harry-Potter-And-The-Half-Blood-Prince.html 2009年7月4日閲覧。 
  131. ^ Faraci, Devin (2009年7月7日). “REVIEW: HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE”. Chud.com. 2009年7月8日閲覧。
  132. ^ Nominees & Winners for the 82nd Academy Awards”. AMPAS. AMPAS. 2010年4月26日閲覧。
  133. ^ Film Awards Winners: 2010”. British Academy of Film and Television Arts (2010年1月21日). 2010年2月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月4日閲覧。
  134. ^ Malkin, Marc (2010年5月12日). “MTV Movie Awards: When Twilight & Betty White Collide!”. E! Online. 2010年12月13日閲覧。
  135. ^ 2009 14th Satellite Awards”. 2011年7月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年6月23日閲覧。
  136. ^ The 36th Annual Saturn Awards Nominations (.doc)”. Academy of Science Fiction, Fantasy & Horror Films. 2011年5月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月3日閲覧。
  137. ^ ワーナー ブラザース ジャパン [@warnerjp] (2013年9月20日). "金曜ロードSHOW!ハリー・ポッター祭り!秋の三週連続放送の日程が決定しました~!10月25日「謎のプリンス」11月1日「死の秘宝 PART1」11月8日に「死の秘宝 PART2」です!秋の夜、貴方を魔法の世界へご招待します…" (ツイート). Twitterより2022年3月14日閲覧
  138. ^ ハリー・ポッター:シリーズ全作を地上波で放送”. MANTANWEB. MANTAN (2013年2月8日). 2022年3月14日閲覧。
  139. ^ a b 6月は地上波でハリー・ポッター祭り、「不死鳥の騎士団」など4週連続でOA”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年4月29日). 2022年3月14日閲覧。
  140. ^ a b 金曜ロードSHOW!:「ハリー・ポッターの秋」第4弾は「謎のプリンス」 宿敵との戦いに純愛も!”. MANTANWEB. MANTAN (2017年11月10日). 2022年3月14日閲覧。
  141. ^ a b ホリプロ (2022年2月24日). “今年夏開幕!話題の舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』プレビュー全22公演が6時間で予定枚数完売/7月8日(金)からの本公演の詳細発表”. PR TIMES. PR TIMES. 2022年3月14日閲覧。
  142. ^ wenサイト『ポッターマニア』「『ハリー・ポッターと謎のプリンス』原書に関するコーナー」による。http://www.pottermania.jp/info/story/Book6FAQ.htm

外部リンク編集