メインメニューを開く

ハル 常住(ハル つねずみ、1955年7月9日-)は東京都出身の実業家、マルチプロデューサー。健康促進・身体能力向上アドバイザー、ゴルフ指導者、ゴルフジャーナリスト、クラブ設計家、テレビ番組プロデューサー。本名は常住 治秀(つねずみ はるひで)[1]

人物編集

日本体育大学在学中にアメリカ合衆国に留学。日本体育大学卒業後、駐日アメリカ合衆国大使館に勤務。その後、プロゴルファーのラリー・ネルソンに師事し米国で活動。帰国後に「ハルスポーツプロダクション」を設立。プロゴルファー室田淳丸山茂樹田中秀道らのマネジメント業務に携わる一方、日本体育大学講師としてゴルフスイングの分析研究に従事。2000年に日本体育学会で「相対性スイング原理~ゴルフスイングの基礎」を発表。体幹・肩甲骨周囲の柔軟性を高める健康器具「パワーバランス」「楽体」考案。2012年新ゴルフクラブ「ファラオ」開発。2016年新ゴルフボール「ファラオ」開発。

略歴編集

来歴編集

大学時代編集

1974年日本体育大学に入学。ゴルフ部に所属。同期に室田淳がいる。同時期に日本大学で活躍していた倉本昌弘牧野裕らと親交を持つ。器械体操の指導で米国に留学している。

大使館時代編集

1981年に駐日アメリカ合衆国大使館に入省。休日を利用して、国内のプロゴルフトーナメントに出場するため来日したグレッグ・ノーマンら海外招待選手の通訳を行う。

ゴルファー時代

かねてから親交のあったラリー・ネルソンに弟子入り。米国メトロポリタンゴルフクラブに所属。米国及び欧州でトーナメントに出場。1988年にVISA太平洋クラブマスターズセベ・バレステロスのキャディを務めた。この大会でセベ・バレステロスは優勝。

研究活動

1998年、日本体育大学の講師に就任。2000年、日本体育学会で論文「相対性スイング原理~ゴルフスイングの基礎」を発表。2002年、世界ゴルフ学会で論文「How to Iearn"The Swing Theory of Relativity」を発表。日本体育学会で「パワーバランストレーニングが肩こりを減少させる方法」を発表。

著書編集

  • 1989年「カンピオン」(日本文化出版
  • 2001年「増殖する伝説 交錯する二つの魂~ゾーンの秘密と丸山茂樹の真実~」(文春ネスコ
  • 2009年「1日6分~痩せる体を作る~楽体エクセサイズ」(ディスカバリー
  • 2010年「ひも1本で行き締める~ストリングダイエット」(幻冬舎
  • 2013年「伸ばすだけ!楽体(らくだ)リングで姿勢矯正ダイエット」(宝島社

TV編集

  • 「ベストゴルフ」(1995年、NHK
  • 「熱中ホビー百科~気楽にスイング!フレッシュゴルフ」(1998年、NHK教育
  • 「らくらくヨガゴルフ」(2004年、TOKYO MX
  • 「ハル常住の"99への道~6日間の挑戦」(2014年、ゴルフネットワーク
  • 「ハル常住のゴルフトランスポーター」(2017年4月3日 - 、BSフジ[2]

雑誌編集

  • 2010年「GOETHE~カラダの最先端メンテナンス術」(幻冬舎3月号)

講演編集

  • 2003年「パワーバランス理論で頸肩腕症候群解消」(成城大/成城会)
  • 2008年「アンチエイジング&ゴルフ」(三井物産)
  • 2008年「勝利をつかむための第1条件/ピークパフォーマンスを発揮する方法(講義、技術指導)」(日本航空学園/スポーツ指導者監督、コーチ)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ハル常住 - Discover 21
  2. ^ ハル常住氏のゴルフ新番組がスタート 経営者や著名人がゲスト出演 - スポーツニッポン新聞社、2017年4月4日配信、2018年3月18日閲覧

出典編集

外部リンク編集