メインメニューを開く

三井住友VISA太平洋マスターズ(みついすみともビザたいへいようマスターズ)は、日本ゴルフツアー機構公認によるゴルフトーナメントの一つである。三井住友VISAカード太平洋クラブ(2011年で一時撤退後、2016年に復帰)[2]TBSテレビが主催、VJA三井住友フィナンシャルグループが特別協賛する。

Golf pictogram.svg三井住友VISA太平洋マスターズ
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 1972年
(太平洋クラブマスターズとして)
開催地 静岡県
開催コース 太平洋クラブ御殿場コース[1]
基準打数 Par70(2018年より、1972年から1978年まではPar71、1979年から2017年まではPar72で施行)[1]
ヤーデージ 7262yards(2018年)[1]
主催 三井住友VISAカード
株式会社TBSテレビ
株式会社太平洋クラブ
ツアー 日本ゴルフツアー機構
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 2億円(2018年)[1]
開催月 11月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
最少打数 265 日本の旗 松山英樹 (2016年)
通算スコア −23 同上
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
日本の旗 額賀辰徳(2018年)[1]
テンプレートを表示

概要編集

毎年11月第2週に、静岡県御殿場市にある太平洋クラブ御殿場コースを舞台に開かれている[3]。ただし2001年は同地でWGCワールドカップ開催のため9月に開催された。

太平洋クラブ単独主催時代は「太平洋クラブマスターズ」(1972年~1978年、1981年~1985年)、東芝がスポンサーとなり「東芝太平洋マスターズ」(1979年、1980年)、VISAが主催に加わり「VISA太平洋クラブマスターズ」(1986年~1992年)→「住友VISA太平洋マスターズ」(1993年~2000年)と幾度も大会名が変更されていたが2001年大会より現大会名となる。

過去の大会では、1996年から1998年にかけてリー・ウエストウッドイングランド)が大会3連覇を達成したことがある。2005年にはダレン・クラーク北アイルランド)が大会連覇を達成した。

2018年現在、賞金総額2億円、優勝賞金4000万円[1]。優勝者には副賞としてBMWが贈呈される[4]が、アマチュア選手が優勝した場合は大会規定に基づき、賞金・賞品は贈呈されず、プロの最上位者に贈呈される[5]。なお、ホールインワン300万円はプロ・アマ関係なしに贈呈される。

この大会と、翌週の「ダンロップフェニックストーナメント」、そして翌々週の「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」の3試合を「インターナショナルツアー(International Tour)」と銘打って行われている(ちなみにその3試合はすべてTBS系列が放送している)。以前は3試合全部優勝した場合はグランドボーナスとして1億円、うち2試合優勝すればゴールドボーナスとして2000万円が贈呈され、グランドボーナス・ゴールドボーナスの該当者がいない場合には3試合のポイント合計で一番ポイントが高かった選手にポイントボーナスとして1000万円が贈呈される「インターナショナルツアー賞金」があったが、現在は廃止されている。

ちょうどこの時期は欧米ツアーは実質オフシーズンであり、これまで多くの名選手が出場してきたが、近年は同週に中国で開催される欧州PGAツアーアジアンツアー共催の「HSBCチャンピオンズ」にトップ選手が多く出場する傾向がある(近年のトップ選手はこの時期は「HSBCチャンピオンズ」と翌週の「ダンロップフェニックス」両方もしくはどちらか一方に出場している場合が多い)。2008年については有力招待選手はトレバー・イメルマン今田竜二の2名にとどまり、こうした上述の傾向に歯止めをかけることができなかった。

2012年1月に主催者の一つである太平洋クラブが民事再生法を申請して再生手続きに入ったことからスポンサー・会場の変更を含め、大会が実施されるかどうか懸念されていた[6]が、名称と会場はそのままながら、太平洋クラブが主催から撤退する以外は予定通り開催された。なお太平洋クラブは2016年に主催者に復帰した[2]

なお、三井住友カードと太平洋クラブとは、旧住友銀行の関係により遠縁である。平和相互銀行を参照。

大会歴代優勝者編集

開催年 開催回 優勝者名 優勝スコア 2位との差 2位(タイ)
1972年 第1回   ゲイ・ブリューワー英語版 276 (−8) プレーオフ   デビッド・グラハム英語版
1973年 第2回   尾崎将司 278 (−6) プレーオフ   バート・ヤンシー英語版
1974年 第3回   ジーン・リトラー英語版 279 (−5) 5打差   バート・ヤンシー
1975年 第4回 278 (−6)  
1976年 第5回   ジェリー・ペイト英語版 279 (−5) 2打差   青木功
1977年 第6回   ビル・ロジャース英語版 275 (−9)  
1978年 第7回   ギル・モーガン英語版 273 (−11) 3打差   ジェリー・ペイト
1979年 第8回   鈴木規夫 280 (−8)  
1980年 第9回 282 (−6) プレーオフ   尾崎将司
1981年 第10回   ダニー・エドワーズ英語版 276 (−12)  
1982年 第11回   スコット・ホーク英語版 278 (−10) 3打差   倉本昌弘
1983年 大会開催なし
1984年 第12回   前田新作
1985年 第13回   中嶋常幸 280 (−8) プレーオフ   デビッド・グラハム[7]
1986年 第14回   船渡川育宏英語版 274 (−14) 2打差   ラリー・ネルソン[8]
1987年 第15回   グラハム・マーシュ英語版 276 (−12) 1打差   トム・ワトソン[9]
1988年 第16回   セベ・バレステロス 281 (−7) 3打差   船渡川育宏[10]
1989年 第17回   ホセ・マリア・オラサバル 203 (-13)* 3打差   青木功
  尾崎直道
1990年 第18回 270 (−18) 5打差   尾崎将司
  ベルンハルト・ランガー
1991年 第19回   ロジャー・マッカイ英語版 272 (−16) 2打差   金子柱憲[11]
1992年 第20回   尾崎将司 276 (−12) 1打差   渡辺司
  ベルンハルト・ランガー
  倉本昌弘[12]
1993年 第21回   グレグ・ノーマン 272 (−16) 1打差   水巻善典[13]
1994年 第22回   尾崎将司 270 (−18) 5打差   ボブ・エステス英語版[14]
1995年 第23回   東聡英語版 274 (−14) 4打差   丸山茂樹[15]
1996年 第24回   リー・ウエストウッド 206 (-10)* プレーオフ   コスタンティノ・ロッカ
  ジェフ・スルーマン英語版[16]
1997年 第25回 272 (−16) 1打差   尾崎直道
  尾崎将司[17]
1998年 第26回 275 (−13) 2打差   尾崎将司[18]
1999年 第27回   宮瀬博文 274 (−14) プレーオフ   川岸良兼
  ダレン・クラーク[19]
2000年 第28回   伊沢利光 274 (−14) 1打差   深堀圭一郎[20]
2001年 第29回 270 (−18) 2打差   宮里優作(当時アマチュア)
  野仲茂英語版
2002年 第30回   中嶋常幸 272 (−16) 1打差   田中秀道[21]
2003年 第31回   室田淳 272 (−16) 6打差   ベン・カーティス
  金鍾徳英語版(キム・ジョンドク)
  藤田寛之[22]
2004年 第32回   ダレン・クラーク 266 (−22) 6打差   川原希英語版
  リー・ウエストウッド[23]
2005年 第33回 270 (−18) 2打差   立山光広[24]
2006年 第34回   中嶋常幸 275 (-13) 1打差   谷口徹[25]
2007年 第35回   ブレンダン・ジョーンズ 274 (−14) 1打差   谷口徹[26]
2008年 第36回   片山晋呉 272 (−16) プレーオフ   今野康晴[27]
2009年 第37回   今野康晴 275 (−13) 2打差   ハン・リー英語版
  久保谷健一[28]
2010年 第38回   石川遼 274 (−14) 2打差   ブレンダン・ジョーンズ
2011年 第39回   松山英樹(当時アマチュア) 203 (-13)* 2打差   谷口徹
2012年 第40回   石川遼 273 (−15) 1打差   松村道央
2013年 第41回   谷原秀人 275 (−13} 1打差   石川遼
  川村昌弘英語版
  近藤智弘
2014年 第42回   デービッド・オー英語版 276 (-12) 1打差   武藤俊憲
2015年 第43回   片山晋呉 (2) 202 (-14)* 1打差   タンヤゴーン・クロンパ英語版
2016年 第44回   松山英樹 (2)[29] 265 (−23) 7打差   宋永漢英語版(ソン・ヨンハン)
2017年 第45回   小平智[30] 270 (-18) 3打差   宮里優作[31]
2018年 第46回   額賀辰徳[1] 201 (-9)* 2打差   キム・スンヒョグ英語版[1]

*天候不良の影響などで54ホール短縮

テレビ中継編集

テレビ中継は、大会を主催するTBSの製作で、3日目・最終日をTBS系列28局ネットで放送する(3日目は生中継、最終日は中継録画)[32]。過去には、大会2日目をTBSローカルで放送した年もある。

またBSデジタル放送BS-TBSでも2日目から(年によって初日から)中継を行うほか、2011年はCS放送のTBSチャンネルで、予選ラウンドの中継も行う。

更に、本選の前日に行われるプロ・アマトーナメントを、TBSと静岡放送にて放送する。

2010年には、ゴルフネットワーク「LIVEスペシャル(現在はとことん1番ホール生中継)」が放送された。

住友VISA太平洋クラブレディース編集

この男子の大会と同様に、三井住友カード(VISAジャパン協会)・太平洋クラブ・東京放送の主催により日本女子プロゴルフ協会公認の女子プロゴルフトーナメントも1998年から開催された。男子の大会とは異なり、会場を固定せずに行われていたがわずか3回開催されただけで2000年をもって打ち切りとなった。2000年実績、賞金総額6000万円、優勝賞金1080万円[33]

本大会終了後の2001年は太平洋クラブ単独で大会名を『太平洋クラブレディースレーベンカップ』に変更して開催したが、その年限りで終了している[34]

歴代優勝者・開催コース編集

開催年 優勝者名 スコア 開催地 開催コース 備考
1998年   中野晶[35] -8 静岡県 太平洋クラブ御殿場ウエストコース
1999年   安井純子[36] -6 千葉県 ラ・ヴィスタゴルフリゾート
2000年   島袋美幸[33] -9 静岡県 太平洋クラブ御殿場ウエストコース   山田かよとのプレーオフを制す。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 額賀がツアー初V「もやもやが全部なくなった」 松山46位 - スポーツニッポン新聞社、2018年11月11日配信、同日閲覧
  2. ^ a b 2016年大会要領 - 三井住友VISA太平洋マスターズ公式サイト、2016年11月10日閲覧
  3. ^ 大会初期の1972年から1976年までは、千葉県印西市の総武カントリークラブ総武コースで開催されていた。
  4. ^ 旧住友銀行時代からの関係で過去にはマツダ製の車が贈呈されていたが、その後マツダがフォードの傘下に入った事(現在は資本関係は解消され、技術協力のみとなっている)によりBMWに変更された。
  5. ^ 2011年11月13日放送分より
  6. ^ 11月「三井住友-」開催結論出ず/国内男子 - サンケイスポーツ、2012年5月8日配信
  7. ^ 太平洋クラブマスターズ 1985 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  8. ^ 太平洋クラブマスターズ 1986 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  9. ^ VISA太平洋クラブマスターズ 1987 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  10. ^ VISA太平洋クラブマスターズ 1987 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  11. ^ 太平洋マスターズ 1991 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  12. ^ 太平洋マスターズ 1992 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  13. ^ 住友VISA太平洋 1993 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  14. ^ 住友VISA太平洋 1994 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  15. ^ 住友VISA太平洋マスターズ 1995 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  16. ^ 住友VISA太平洋マスターズ 1996 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  17. ^ 住友VISA太平洋マスターズ 1997 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  18. ^ 住友VISA太平洋マスターズ 1998 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  19. ^ 住友VISA太平洋マスターズ 1999 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  20. ^ 住友VISA太平洋マスターズ 2000 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  21. ^ 住友VISA太平洋マスターズ 2002 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  22. ^ 住友VISA太平洋マスターズ 2003 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  23. ^ 三井住友VISA太平洋マスターズ 2004 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  24. ^ 三井住友VISA太平洋マスターズ 2005 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  25. ^ 三井住友VISA太平洋マスターズ 2006 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  26. ^ 三井住友VISA太平洋マスターズ 2007 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  27. ^ 三井住友VISA太平洋マスターズ 2008 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  28. ^ 三井住友VISA太平洋マスターズ 2009 フルリーダーボード - 日本ゴルフツアー機構、2016年10月28日閲覧
  29. ^ 向かうところ敵なし!松山英樹が7打差で国内2連勝 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2016年11月13日閲覧
  30. ^ 小平智が妻古閑美保の前でV 初の夫婦賞金王へ前進 - 日刊スポーツ、2017年11月12日閲覧
  31. ^ 小平智が3打差逆転で今季2勝目 賞金ランク1位に浮上 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2017年11月12日閲覧
  32. ^ かつては、最終日も生中継していたことがあった。
  33. ^ a b 【2000】住友VISA太平洋クラブレディース - 日本女子プロゴルフ協会公式ホームページ、2016年10月17日閲覧
  34. ^ 【2001】太平洋クラブレディースレーベンカップ - 日本女子プロゴルフ協会公式ホームページ、2016年10月17日閲覧
  35. ^ 【1998】住友VISA太平洋クラブレディース - 日本女子プロゴルフ協会公式ホームページ、2016年10月17日閲覧
  36. ^ 【1999】住友VISA太平洋クラブレディース - 日本女子プロゴルフ協会公式ホームページ、2016年10月17日閲覧

外部リンク編集