ヨハン・カロルス・"ハンス"・クレヴァース(Johannes Carolus "Hans" Clevers, 1957年3月27日[1] - )はオランダの生物学者。ユトレヒト大学医療センター分子遺伝学教授、ヒューブレヒト研究所主任研究員、プリンセス・マキシマ・小児腫瘍センター主任研究員[2]組織幹細胞におけるWntシグナル伝達の役割を解明した。またオルガノイド研究の創始者として知られる[3]

Hans Clevers
ハンス・クレヴァース
ハンス・クレヴァース (2018)
生誕 Johannes Carolus Clevers
(1957-03-27) 1957年3月27日(67歳)
オランダの旗 オランダ アイントホーフェン
国籍 オランダの旗 オランダ
研究分野 細胞生物学
研究機関 エフ・ホフマン・ラ・ロシュ
ユトレヒト大学
ダナ・ファーバー癌研究所
出身校 ユトレヒト大学
論文 Early events in lymphocyte activation (1985)
主な業績 オルガノイド
Wntシグナル伝達
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

来歴 編集

アイントホーフェン出身。1984年にユトレヒト大学から医学博士号(MD)を取得。ダナ・ファーバー癌研究所ポスドクとなり、1991年からユトレヒト大学教授に就任。2012年から2015年までオランダ王立芸術科学アカデミー会長を務めた。2019年王立協会外国人会員選出。

受賞歴 編集

出典 編集

  1. ^ Johannes Carolus Clevers American Academy of Arts and Sciences
  2. ^ Hans C. Clevers博士(ハンス C. クレバース)慶應医学賞
  3. ^ Executive Advisor Hans Clevers, M.D., Ph.D.東京医科歯科大学
  4. ^ 第24回(2019年)受賞者 - 慶應医学賞 - Hans C. Clevers 博士(ハンス C. クレバース)”. www.ms-fund.keio.ac.jp. 慶應義塾医学振興基金. 2020年7月30日閲覧。

参照 編集