ハン・スーファン

ハン・スーファンBang Seung Hwan1983年4月15日 - )は、韓国男性総合格闘家ソウル出身。コリアン・トップチーム所属。元DEEPライト級王者。

ハン・スーファン
基本情報
本名 バン・テヒョン
通称 ザ・スーパーナチュラル (The Supernatural)
韓流魔拳
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1983-04-15) 1983年4月15日(38歳)
出身地 ソウル
所属 CMA KOREA
→コリアン・トップチーム
身長 175cm
体重 71kg
リーチ 180cm
階級 ライト級
バックボーン テコンドーレスリングボクシング
テンプレートを表示

来歴編集

テコンドーレスリングアマチュアボクシングを学んだ[1]

2005年10月3日、Neo Fight 6のトーナメントに出場。1回戦を判定勝ちすると、決勝でKO勝ちし、優勝を果たした。

2005年11月19日、REALRHYTHM 2nd STAGEのタッグマッチに出場。リー・ジョンホと組み、三島☆ド根性ノ助中尾受太郎組と15分3本勝負で対戦。1本目で三島に左フックで失神KO勝ち(2本目以降は時間切れ)。

2006年2月5日、DEEP 23 IMPACTで宮本優太朗と対戦予定であったが、怪我により欠場となった。

2007年7月8日、DEEP初参戦となったDEEP 30 IMPACTで池本誠知と対戦し、判定負け。

2007年12月12日、DEEP 33 IMPACTで中尾受太郎と対戦し、左フックでKO勝ち。

2008年3月29日、CLUB DEEP TOKYOでLUIZと対戦し、判定勝ち。DEEPライト級タイトルへの挑戦権を獲得した。

2008年5月19日、DEEP 35 IMPACTのDEEPライト級タイトルマッチで王者横田一則と対戦し、右フックでKO勝ちを収め王座獲得に成功した。DEEP初の韓国人王者となった[2]

2008年8月16日のGLADIATORで毛利昭彦と対戦予定であったが、戦極参戦が決定し、欠場となった[3]

2008年8月24日、戦極 〜第四陣〜五味隆典と対戦し、判定負け。

2008年10月10日、DEEPライト級王座を返上した[4]

2008年11月1日、戦極 〜第六陣〜のライト級グランプリ・リザーブマッチでホルヘ・マスヴィダルと対戦し、0-3の判定負け。

2009年6月7日、武神でキム・セギと対戦し、2-0の判定勝ち。

2010年7月3日、M-1 SELECTION ASIA FINAL 2010でカマラオ・シルバと対戦し、パウンドでTKO勝ち[5]

2010年7月24日、GLADIATOR 8で石黒竜也と対戦し、右ローキックでKO負けを喫した[6]

UFC編集

2014年1月4日、UFC初参戦となったUFC Fight Night: Saffiedine vs. Limでマイルベク・タイスモフと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2014年6月14日、UFC 174でケイジャン・ジョンソンと対戦し、右フックでKO勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトとパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2017年11月24日、ソウル中央地裁から背任収賄罪で懲役10カ月の判決を受けた。2015年にソウルで行われたUFC Fight Night 79でのリオ・クンツ戦でブローカーから故意に負けるように依頼され1億ウォンを受け取ったという。なお、ハンは実際の試合では勝利している。

戦績編集

総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
28 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
18 9 0 9 0 0 0
10 0 3 7 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ニック・ハイン 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Arlovski vs. Barnett 2016年9月3日
リオ・クンツ 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Henderson vs. Masvidal 2015年11月28日
× ジョン・タック 1R 3:56 リアネイキドチョーク UFC Fight Night: Edgar vs. Faber 2015年5月16日
ケイジャン・ジョンソン 3R 2:01 KO(右フック) UFC 174: Johnson vs. Bagautinov 2014年6月14日
× マイルベク・タイスモフ 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Saffiedine vs. Lim 2014年1月4日
ファン・ジュドン 2R 4:13 TKO(グラウンドの肘打ち) Top FC: Original 2013年6月29日
× 花澤大介 1R 2:54 チョークスリーパー ROAD FC 1: The Resurrection of Champions 2010年10月23日
カマラオ・シルバ 1R TKO(パウンド) M-1 GLOBAL JAPAN M-1 SELECTION ASIA FINAL 2010 〜EPISODE 1〜 2010年7月3日
× ホルヘ・マスヴィダル 5分3R終了 判定0-3 戦極 〜第六陣〜
【ライト級グランプリシリーズ2008 リザーブマッチ】
2008年11月1日
× 五味隆典 5分3R終了 判定0-3 戦極 〜第四陣〜 2008年8月24日
横田一則 1R 3:38 KO(右フック) DEEP 35 IMPACT
【DEEPライト級タイトルマッチ】
2008年5月19日
LUIZ 5分2R終了 判定3-0 CLUB DEEP TOKYO in 新宿FACE 2008年3月29日
中尾受太郎 2R 1:15 KO(左フック) DEEP 33 IMPACT 2007年12月12日
Barbaro44 5分2R終了 判定3-0 DEEP 32 IMPACT 2007年10月9日
松下直揮 5分2R終了 判定3-0 CMAフェスティバル2 美濃輪育久デビュー10周年記念大会 2007年7月23日
× 池本誠知 5分3R終了 判定0-3 DEEP 30 IMPACT 2007年7月8日
× キム・ジョンマン 5分2R終了 判定0-3 Neo Fight 11 2007年4月14日
マリク・マライ 5分2R終了 判定3-0 Neo Fight 11 2007年4月14日
ユン・ソンミン 5分3R終了 判定3-0 Neo Fight 8 2006年8月15日
ヤン・キョン 2R 0:34 KO(跳び膝蹴り) Neo Fight 6
【決勝】
2005年10月3日
スン・チャンフン 5分3R終了 判定3-0 Neo Fight 6
【1回戦】
2005年10月3日
ルイス・チャーネスキー 1R 2:32 TKO(パンチ連打) Gimme 5 2005年1月15日
× リー・ジョンホ 1R 1:42 腕ひしぎ十字固め Gimme 5: Yungjin Pharm Middleweight Tournament Quarterfinals 2004年12月6日
キム・ヘウォン 5分3R終了 判定3-0 Gimme 5: Yungjin Pharm Middleweight Tournament Second Round 2004年11月26日
キム・ソンチョル 1R 0:47 KO(パンチ連打) Gimme 5: Yungjin Pharm Middleweight Tournament Opening Round 2004年11月12日
ミン・グァンシク 2R 1:25 TKO(ドクターストップ) Gimme 5 2004年10月16日
× ジョン・ミョンギョ 5分3R終了 判定0-3 Gimme 5: Motorola Middleweight Tournament Opening Round 2004年8月20日
オ・チャンミン 5分3R終了 判定3-0 Gimme 5 2004年7月17日

キックボクシング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 石黒竜也 2R 0:22 KO(右ローキック) GLADIATOR 8 2010年7月24日
キム・セギ 3R終了 判定2-0 武神 2009年6月7日

獲得タイトル編集

表彰編集

  • テコンドー 黒帯
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
横田一則
第4代DEEPライト級王者

2008年5月19日 - 2008年10月10日

空位
次タイトル獲得者
菊野克紀