メインメニューを開く

バスロケーションシステム

バスロケーションシステム(Bus Location System)とは、無線通信GPSなどを利用してバスの位置情報を収集することにより、バスの定時運行の調整等に役立てるシステムを言う。路線バスの運行は道路事情や天候による影響が大きく、鉄道などのほかの交通機関に比べて定時性の確保が難しいが、このシステムにより問題緩和を行う。

日本では、利用者向けサービスのために、バスの接近や到着予測時刻情報を、バス停留所携帯電話インターネットにおいて情報提供する機能を主とすることが多い。 これによってバスの位置情報を提供することで、利用者は待ち時間のだいたいの目安がわかり、時間を有効に利用することができる。バス事業者では運行管理システムを兼ねていることが多い。本稿は、このような利用者向けサービスのシステムを説明する。なおこれは英語では bus arrival (and departure) information system と呼ばれる。

目次

沿革編集

1970年代以降、道路渋滞が目立つようになったことで、時刻通りのバス運行が困難となり、なかなかバスが来ないことが乗客の不満事項の一つとして上げられていた。このようなバス待ちのストレスを解消するため、1977年度(昭和52年度)の「大都市モデルバスシステム整備費補助金」により、1978年(昭和53年)5月から新宿駅西口バスターミナルに乗り入れているバス路線[1]について運用を開始したのがバスロケーションシステムの始まりである。その後、この成果を基にして国としてシステムの整備を促進するため、1979年度(昭和54年度)から「バスロケーションシステム整備費補助制度」を実施することとなった。

2000年代からは携帯電話網の普及・拡大により高速バスや空港リムジンバスにおいても採用される路線が増えている。

システム編集

バスの位置情報は

などがあり、いずれも情報センターへ集められた位置情報を利用者へ提供している。 現在[いつ?]は後者のGPSとパケット通信を使用したシステムが主流で、日本国内では、NECネクサソリューションズ株式会社がシェアトップ(車両台数ベースで50%以上)となっている。

位置情報の利用法編集

位置情報は、下記写真のようにバス停に設置された情報端末で提供されるほか、インターネットや携帯電話を介して利用者へ提供される。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集