バヤン・クトゥク

元の皇后

バヤン・クトゥクモンゴル語ᠪᠠᠶᠠᠨᠺᠣᠲᠣᠭ, ラテン文字転写: Bayan Khutugh泰定元年(1324年) - 至正25年8月21日1365年9月7日))はの恵宗トゴン・テムルの二番目の皇后。漢文史料では伯顔忽都と記される。

生涯編集

コンギラト部の出身で、毓徳王ボロト・テムルアルチの子孫)の娘[1]。武宗カイシャンの皇后であった宣慈皇后ジンゲの姪にあたる[1]元統3年(1335年)、恵宗の皇后であったダナシリの長兄テンギス中国語版が反乱を起こすと、ダナシリは右丞相バヤンによって鴆毒を飲まされて殺された[2]

至元3年3月17日1337年4月18日)、バヤン・クトゥクは恵宗によって皇后に封じられた[1]。恵宗は寵愛していた高麗貢女出身の奇氏を皇后に立てるつもりでいたが、右丞相バヤンの強硬な反対を受けて、有力部族であったコンギラト部出身のバヤン・クトゥクを皇后とした[1]。恵宗との間に一男チンキムを儲けたが、2歳で夭折した[1]。恵宗がバヤン・クトゥクのいる東内に足を運ぶことは少なく、奇氏のいる興聖西宮にたびたび赴いた。奇氏が至元5年(1340年)に男子アユルシリダラを産んだこと[2]で恵宗の奇氏への寵愛はますます深まり、奇氏は第二皇后に冊立された。

バヤン・クトゥクは慎み深く質素で、妬むことを忌み嫌い礼法を重んじた。ある時恵宗が上都に行幸したとき、バヤン・クトゥクの元に赴こうとして、宦官を遣わして皇后にその旨を伝えさせたが、「夜が暮れては陛下のいらっしゃる時ではありません」と拒んだ。恵宗はその後も何度も宦官を遣わしたが、皇后の返事は変わらなかったため、恵宗はバヤン・クトゥクを更に重んじたという[1]。またある時、恵宗が「中政院中国語版の銭糧を与える用意があるが、皇后は今回も断るだろうか?」と聞くと、バヤン・クトゥクは「私が書くことがあれば書きました。入って来るものを管理するとき、きっと私人を選ばなければする私がどうしてその仕事をうまくこなすことができるでしょうか」 と答えたという。

至正25年(1365年)に42歳で死去[1]。バヤン・クトゥクの遺した衣装があまりにも質素なのを見た奇氏は「正宮皇后(バヤン・クトゥク)がどうしてこのような服を着ていたのか!」と大笑いし[1]太原から戻ってきた皇太子アユルシリダラは大いに哭いてバヤン・クトゥクの死を悲しんだという[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 新元史』巻一百四 列伝第一 恵宗伯顔忽都皇后
  2. ^ a b 元史』巻一百十四 列伝第一 后妃一