メインメニューを開く

バルカス (ドイツ語: Barkas) は、かつて存在した旧ドイツ民主共和国(東ドイツ)の商用車メーカー。正式名称は「人民公社バルカス製作所カール=マルクス=シュタット」 (ドイツ語: VEB Barkas-Werke Karl-Marx-Stadt) 。カール=マルクス=シュタット県(現ケムニッツ)にあった旧 Framo (独語版/英語版)の生産設備を国営企業化することで誕生した。「バルカス」とは古代カルタゴの名将ハンニバルの姓であり、元来は「雷光」という意味である。[1]

バルカス
VEB Barkas-Werke Karl-Marx-Stadt
IFA Barkas Logo.svg
Bundesarchiv Bild 183-1988-0217-024, Berlin, Rettungsamt, Krankenwagen.jpg
種類 国有企業
本社所在地 東ドイツの旗 東ドイツ
カール=マルクス=シュタット県
設立 1958年
業種 輸送用機器
事業内容 エンジンおよび自動車の製造
従業員数
  • 7281人

(1989年11月時点)

  • 約1100人
(1990年12月時点)
特記事項:1990年12月にVW子会社化
テンプレートを表示

製造車編集

1969年から1991年にかけてB1000という名のバントラックバスミニバス)を製造していた。B1000は、第二次大戦前のDKW2ストローク3気筒エンジン車の系譜を引く車として長年製造されていた。しかし、製造中止前の短期間に生産されたB1000/1と呼ばれるモデルでは、フォルクスワーゲンからライセンス生産の認可を受けて造られた4ストローク4気筒の1.3 Lエンジンに置き換えられていた。

総計で、B1000は17万5,740台が、B1000/1は1,961台がそれぞれ製造され、配送車、消防車救急車、さらにはドイツ人民警察シュタージ秘密警察)の護送車としても使用されていた。[2]

関連項目編集

旧東ドイツの乗用車ブランドと製造メーカー

B-1000と同年代に製造された共産圏製トラック/バン

脚注編集

  1. ^ 伸井太一『ニセドイツ〈1〉 ≒東ドイツ製工業品』社会評論社、2009年 P44
  2. ^ 伸井太一『ニセドイツ〈1〉 ≒東ドイツ製工業品』社会評論社、2009年 P45

外部リンク編集