バン (自動車)

貨物自動車のボディスタイル

バン (van) は、主に貨物を運搬する屋根付きの自動車である。

「バン」の語源となったキャラバン

「バン」という言葉は、「キャラバン」(「屋根付きの車」が元来の意味)を短縮して生まれ、「箱型貨物自動車」を指すようになった。その後、似た車種を指すよう、各国で言葉が派生した。

各国のバン 編集

 
イギリストヨタ・プロエースバン
 
アメリカ日産・NVバン
 
ドイツ日産・NV400

イギリス 編集

イギリスでは乗用車ミニバンは「ピープルキャリア」もしくは「MPV (Multi Purpose Vehicle) 」と呼ばれ、より大きな乗用バンは「ミニバス」と呼ばれる。ミニバンは小型のバンを意味する。

アメリカ 編集

アメリカでは、貨物を運ぶ箱型のトレーラーもしくはセミトレーラーも「バン」と呼ばれる。この場合、ほとんどの貨物を運ぶための「ドライバン」と冷たい貨物を運ぶための「保冷バン」は区別される。

ライトトラックと同様のプラットフォームパワートレインが使われた大型の箱型自動車は「フルサイズバン」と呼ばれる。これらのバンは空の荷物を運ぶための「カーゴバン」、乗用車としてのワゴン、あるいは「コンバージョンバン」として販売される。非常に短いボンネットを持つ「フルサイズバン」ではは客室内にエンジンが設置されることもある。

アメリカでのミニバンは「バン」より小さく、より近代的な前輪駆動もしくは四輪駆動パワートレインを持つ。もっとも小さなフルサイズバンと同様の7人から8人の乗客定員を持ち、フルサイズバンに比べパワーや積載量牽引能力を犠牲にして燃費を向上している。多くのミニバンは両サイドのスライドドアを持つ。

荷物を運ぶことから、鉄道車両もバンと呼ばれる。[要出典]

日本 編集

初期の日本の代表的バンはマツダ・ボンゴスバル・サンバーである。アメリカと同様に、日本では非常に短いボンネットを持つバン(ワンボックスカー)が数多く生産されている。ミニバンは日産・プレーリー三菱・シャリオを始めとするロングホイールベースで前輪駆動のものが生産されている。商用のステーションワゴンハッチバックもバン(ライトバン)と呼ばれる。

軽自動車規格の「軽バン」(軽ワンボックス)は、個人事業主にとって非常にポピュラーである。

オーストラリア 編集

オーストラリアのバンは、ミニバンもしくは乗用の「ミニバス」、ホールデンフォードの生産する「パネルバン」を意味する。商業利用の「フルサイズバン」もまたバンと呼ばれるが、7人から8人乗りの乗用車は「ミニバス」と呼ばれる。また、キャンピングトレーラーのこともしばしば「バン」と呼ばれる。

オーストラリアでは乗用のバンは「ピープル・ムーバー」と呼ばれる。貨物を運ぶ箱型のトレーラーもしくはセミトレーラーは、オーストラリアでは「バン」とはめったに呼ばれない。

インド 編集

インドでのバンは最も一般的な移動手段であり、しばしば児童の送迎にも用いられる。

種類 編集

フルサイズバン 編集

ミニバン 編集

ライトバン 編集

ウォークスルーバン 編集

ウォークスルーバン、ステップバンとは、デリバリー配送に最適化された小型トラックのひとつ。運転席と貨物室の間を障害なく行き来できるように設計されている。

軽バン 編集

日本独自の規格である軽自動車のバン。ダイハツ・ハイゼットのように、軽トラックと同じ車名(ブランド)でワンボックス型キャブオーバー)の軽バンが販売されることも多い。軽乗用車と同じ車型のバンは軽ボンネットバンと呼ばれる。

脚注 編集

関連項目 編集