バースデー・ワンダーランド

2019年の日本の映画

バースデー・ワンダーランド』は、2019年4月26日公開の、日本アニメーション映画[1][2]

バースデー・ワンダーランド
監督 原恵一
脚本 丸尾みほ
原作 柏葉幸子
「地下室からのふしぎな旅」
製作 竹枝義典
本多史典
長南佳志
製作総指揮 種田義彦
出演者 松岡茉優

麻生久美子
東山奈央
藤原啓治
矢島晶子
市村正親
音楽 富貴晴美
主題歌 milet
「THE SHOW」(テーマソング)
「Wonderland」(イメージソング・挿入歌)
撮影 田中宏侍
編集 西山茂
制作会社 SIGNAL.MD
製作会社 「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 2019年4月26日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

柏葉幸子の小説『地下室からのふしぎな旅』を原作とし、監督は原恵一が務める[1][2]

2019年1月8日に、主役をアニメ初主演となる松岡茉優が担当することが発表され[1][2]、2月19日には、市村正親麻生久美子ら、追加キャストが発表された[3]

キャラクターデザインにはロシア出身のイリヤ・クブシノブが起用されている[2]

アヌシー国際アニメーション映画祭2019の長編コンペティション部門にノミネートされた[4]

ストーリー編集

アカネは誕生日の前日、骨董屋で錬金術師ヒポクラテスと小人ピポに遭遇する。2人から「私たちの世界を救ってほしい!」と懇願されたアカネは自信の無い性格から断ろうとしたが、叔母のチィに促されるまま、異世界「幸せ色のワンダーランド」へと飛ばされてしまう。

ワンダーランドでは世界から色が失われる危機に瀕しており、アカネはその救世主に指名されたのだ。アカネたちは色を作る水を守るためにワンダーランドの街を巡っていく一方、この事件の元凶であるザン・グとドロポは命の水が湧く井戸を破壊するための計画を進めており…。

登場人物編集

上杉アカネ
声:松岡茉優
本作の主人公である少女。自分に自信が持てない性格。骨董屋でヒポクラテス達と出会い、強引にワンダーランドへと飛ばされた。
上杉チィ
声:
アカネの叔母。アカネとは対照的に自由奔放な性格で、思ったことはすぐ口に出すタイプ。アカネの旅に同行する。
上杉ミドリ
声:麻生久美子
アカネの母。アカネへの誕生日プレゼントを骨董屋に用意しており、アカネ自身で取りに行くように仕向ける。
ピポ
声:東山奈央
ヒポクラテスの弟子である小人
ザン・グ
声:藤原啓治
ワンダーランドを荒らし回るゴロツキ。命の水が湧く井戸を破壊することでワンダーランドから色を奪うことを画策する。
ドロポ
声:矢島晶子
ザン・グの相棒。ずる賢い性格。
ヒポクラテス
声:市村正親
ワンダーランドの錬金術師。アカネにワンダーランドを救ってほしいと懇願する。

用語編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ a b c “原恵一監督&松岡茉優が再タッグ!「バースデー・ワンダーランド」4月26日公開”. 映画.com. (2019年1月8日). https://eiga.com/news/20190108/2/ 2019年1月9日閲覧。 
  2. ^ a b c d “松岡茉優、アニメ声優初主演 原恵一監督『バースデー・ワンダーランド』4.26公開”. シネマトゥデイ. (2019年1月8日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105988 2019年1月9日閲覧。 
  3. ^ “原恵一監督最新作「バースデー・ワンダーランド」に市村正親、杏、麻生久美子ら声優出演!”. 映画.com. (2019年2月19日). https://eiga.com/news/20190219/4/ 2019年2月19日閲覧。 
  4. ^ “原恵一「バースデー・ワンダーランド」がアヌシーに出品決定、松岡茉優ら祝福”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年4月16日). https://natalie.mu/eiga/news/328211 2019年4月19日閲覧。 

外部リンク編集