メインメニューを開く

バーナード・バトラー(Bernard Butler1970年5月1日 - )は、イギリスロンドン出身のギタリスト音楽プロデューサー。2008年、プロデュース業に専念することを表明。翌年、ブリット・アウォーズにてプロデューサー・オブ・ザ・イヤーを受賞。日本国内では岩瀬敬吾(元19)の楽曲をプロデュースしている。

バーナード・バトラー
The Tears-2005-Roskilde-1.jpg
基本情報
生誕 (1970-05-01) 1970年5月1日(49歳)
イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ロックポップス
職業 ギタリスト
音楽プロデューサー
担当楽器 ギターピアノ
活動期間 1989年 -
レーベル クリエイション
共同作業者 スウェード
マッカルモント&バトラー
ザ・ティアーズ
公式サイト www.bernardbutler.com
著名使用楽器
ES-355TDSV,ES-345TDSV,ES-330

来歴編集

1992年スウェードのギタリストとしてデビュー。ブレット・アンダーソンと共に曲を作り、瞬く間にイギリスポップシーンでの成功を掴む。彼は全ての楽曲で作曲を担当し、ギターを弾いた。デビューアルバム『スウェード』はマーキュリー・ミュージック・プライズを受賞した。しかし他メンバーやプロデューサーとの確執により2ndアルバム『ドッグ・マン・スター』完成直前の1994年に脱退してしまう。

1994年、バトラーはデヴィッド・マッカルモントマッカルモント&バトラーを結成。『イエス』、『ユー・ドゥ』の2枚のシングル盤をリリース。解散後にはこれらの編集盤『サウンド・オブ・マッカルモント&バトラー』がリリースされた。その後、クリエイション・レコーズから『ピープル・ムーブ・オン』、『フレンズ・アンド・ラヴァーズ』と2枚のソロアルバムをリリース。『ステイ』などのヒット・シングルが生まれた。2001年にはデビッド・マッカルモントと和解し、再びマッカルモント&バトラーとしてアルバム『ブリング・イット・バック』をリリースし、『フォーリング』、『ブリング・イット・バック』の2枚のシングルをカット、UKツアーを行った。

2002年、リバティーンズの『リバティーンズ宣言』収録の両A面シングル「ホワット・ア・ウェイスター/アイ・ゲット・ アロング」をプロデュースする。

2004年にはブレット・アンダーソンと和解。新バンド、ザ・ティアーズを結成し、2005年にバトラー自身のプロデュースによるアルバム『ヒア・カムス・ザ・ティアーズ』をリリースした。全英シングルチャート9位を記録した『リフュジーズ』、『ラヴァーズ』のシングル曲が収録されている。

2005年、バトラーはウェールズ人女性歌手ダフィーを紹介され、2008年に彼女のデビュー・アルバム『ロックフェリー』でタイトル曲を含む4曲を共作、プロデュースした。アルバムセールスは500万枚を数え、グラミー賞では3部門でノミネートされた。同年、表舞台から身を引き、プロデューサー業に専念することを表明した[1]

そして2009年、プロデューサーとしての成功により、ブリット・アウォーズ、プロデューサー・オブ・ザ・イヤーを受賞した[2]

愛用しているチェリーレッドのギブソン・ES-355TDSVジョニー・マーへの憧れから使い始めたもので、アームプレイを多用したスタイルと共に彼の代名詞となっている[3]

ディスコグラフィ編集

発売年 タイトル 名義 備考
1993年 スウェード Suede スウェード マーキュリー・ミュージック・プライズ受賞
1994年 ドッグ・マン・スター Dog Man Star スウェード
1995年 サウンド・オブ・マッカルモント&バトラー The Sound Of McAlmont & Butler マッカルモント&バトラー
1997年 サイ・ファイ・ララバイズ Sci-Fi Lullabies スウェード B面コレクション
1998年 ピープル・ムーブ・オン People Move On バーナード・バトラー
1999年 フレンズ・アンド・ラヴァーズ Friends And Lovers バーナード・バトラー
2001年 Message For Jojo Edwyn&Bernard エドウィン・コリンズとの共同名義
2002年 ブリング・イット・バック Bring It Back マッカルモント&バトラー
2005年 ヒア・カムス・ザ・ティアーズ Here Comes The Tears ザ・ティアーズ

主な関連作品編集

発売年 タイトル 名義 備考
1995年 I'm with Stupid エイミー・マン 作中"sugarcoated"を共作
1995年 I Hear A New World エドウィン・コリンズ 作中3曲のプロデュース、ギターを担当
1998年 Velvet Goldmine Original Soundtrack ベルベット・ゴールドマイン The Venus in Furs名義の5曲でリード・ギターを担当
2000年 Crimson Moon バート・ヤンシュ 作中4曲にギターで参加
2003年 Don't Look Back Into The Sun ザ・リバティーンズ プロデューサー
2003年 Shoot from the Hip ソフィー・エリス・ベクスター 作中"I am Not Good at Not Getting What I Want"を共作
2005年 You're Gonna Lose Us ザ・クリブス プロデューサー
2008年 Cajun Dance Party ケイジャン・ダンス・パーティ プロデューサー
2008年 Rockferry ダフィー 作中4曲の作曲、プロデューサー
2008年 Partie Traumatic Black Kids プロデューサー
2008年 Knowle West Boy トリッキー 作中10曲を共同プロデュース、9曲を共作
2010年 My Best Friend Is You Kate Nash プロデューサー

脚注編集

外部リンク編集