メインメニューを開く

パコダテ人

日本の映画作品

概要編集

当作品は、北海道函館市が主催する函館港イルミナシオン映画祭(1999年第4回)のシナリオ部門の準グランプリに選ばれたシナリオ『ぱこだての人』(今井雅子著)を元に制作された作品であり[1]、監督は前田哲、ヒロイン役は宮崎あおいが抜擢されている。作品は2001年10月に完成し、11月には函館市において試写会が行われ、2002年の4月に一般公開されている。
作品は、函館市を舞台にくりひろげられる、「しっぽ人間」を題材とした、ファンタジー・ラブストーリーであり、制作にあたっては、札幌テレビ放送、函館のラジオ局であるFMいるかをはじめ、多数の函館市民の参加協力があったとされている。

ストーリー編集

北海道の函館を舞台に、ある日突然シッポが生えてきた女子高生をめぐり巻き起こる騒動を描いたコメディ。

キャスト編集

スタッフ編集

参考文献編集

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集