パプアニューギニアの地方

ウィキメディアの一覧記事

パプアニューギニアの地方は、広域行政区域である。22の州級自治体がパプアニューギニアの第一行政区画であるが、地方区分は警察等の行政活動や企業活動、スポーツ競技、さらには政治的な策謀など、幅広く日常生活において重要な区分となっている。

  山岳地方
  島嶼地方
  モマセ地方
  パプア地方

概要編集

例えば、パプアニューギニアでは、どの地方が首相を輩出したか、次に多いのはどこの地方かという議論が年がら年中行われている。大臣や行政庁の長はしばしば地方のバランスに考慮して任命されている。

地方編集

パプアニューギニアの人々は地方への帰属意識が強く、地方間の対抗意識も強い。以下の4地方が存在する。

モマセは、モロベ、マダベ、セピックの3つの地域名を合成した合成地名である。

関連項目編集