パリ・ドーフィン大学

パリ・ドーフィンヌ大学: Université Paris-Dauphine)は、フランスパリ市にある経済及び経営を専門とするPSL研究大学の一校である。

Paris Dauphine University
Dauphine logo 2019 - Bleu.png
旧称 Université Paris-IX
種別 グランゼコール
グランテタブリスマン
設立年 1971年
Rector Isabelle Huault
学生総数 10 320
所在地 フランスの旗 フランスパリ
公式サイト https://www.dauphine.psl.eu/fr/index.html
テンプレートを表示

2004年パリ大学連盟から脱退し、パリ第9大学からパリ・ドーフィンヌ大学に改称。その後、グランテタブリスマンの正式機関に認定され[1]、経済系のグランゼコール[2]として金融、ビジネス戦略、私法、数学やエグゼクティブプログラムなどを提供している。現在の本部は移転前の北大西洋条約機構(NATO)本館として使用されていた。パリの高級住宅街16区にキャンパスを構える。大学入学者の95パーセントがバカロレア(高校卒業資格試験)で優秀評価 (Mention Très Bien or Bien) を得ている[3]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集