メインメニューを開く

パルシネマしんこうえんは、 兵庫県神戸市兵庫区にある映画館

パルシネマしんこうえん
Palcinema Shinkouen

Palcinema-shinkoen01n3872.jpg
パルシネマしんこうえんのチケットカウンター

情報
正式名称 パルシネマしんこうえん
旧名称 公園劇場
新公園劇場
開館 1971年1月1日
客席数 135席
設備 ドルビーデジタル
用途 映画上映
運営 神戸興業株式会社
所在地 652-0811
神戸市兵庫区新開地1-4-3
位置 北緯34度40分44.9秒 東経135度10分5.5秒 / 北緯34.679139度 東経135.168194度 / 34.679139; 135.168194座標: 北緯34度40分44.9秒 東経135度10分5.5秒 / 北緯34.679139度 東経135.168194度 / 34.679139; 135.168194
アクセス 神戸市営地下鉄 湊川公園駅 徒歩1分
阪急阪神山陽電車 新開地駅 徒歩5分
外部リンク パルシネマしんこうえん

概要編集

新開地商店街北端の湊川公園東口に所在する。戦後、芝居小屋から映画館に転身した「公園劇場」が前身[1]1968年に公園改修のため一旦休館した後、1971年元日(1月1日)に「新公園劇場」の名称で再開館[1]1983年頃に現館名に改称し[1]、2011年元日に40周年を迎えた名画座である。

作品の傾向編集

東京を除けば数える程になった、いわゆる名画座の中ではポピュラー路線でもマニアックでもない中庸のプログラム構成の2本立て。上映期間は番組により10~16日で初日は土曜日でないことが多い。洋画館として開館したものの1994年黒澤明監督特集以降、年に数本程度の邦画も組むようになる。最近では年間60作品程度うち10本前後組まれ、再上映も数本ある。

全国拡大ロードショーのヒット作は少なく、やや落ち着いた作品群と単館系の作品がメインである。番組の殆どはヒューマン系を軸に楽しい映画、考えさせられる映画で時折風変わりな作品も。

個性編集

周辺よりも高いところにある公園の地下に位置し、入口と片面が表の通りに面している。館内で販売されているドリンク類は通常の自販機での販売価格よりも安価に設定されており、箱に入れられてセットにされた菓子も販売されている。ロビーには毎月初めに発行されるかわら版が置かれ、スタッフの作品のレビュー、観客の投書が掲載されている。

公式ホームページには過去の上映作品がオススメマークと共にリストアップされている。

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ a b c パルシネマしんこうえん”. 港町キネマ通り (2013年8月). 2013年10月12日閲覧。

外部リンク編集